「食べる」の謙譲表現、正しく使えますか?

日常的に使うわけではないけれど、ふとした時に絶対に使えなければいけない敬語表現。その中でも使用頻度の高い、「食べる」という動詞についての謙譲表現、正しく使えていますか?

何となくで使っていたり、ふとした時に前後の語感から間違って使ってしまったり。この記事を読んだあなたは、「食べる」マスターになれるはず!

「食べる」の丁寧表現は「食べます」「食べられます」


「(上司に食べることを勧めたいけれど、「食べる」の敬語表現がわからない…)」なんてシーン、ありませんか?

パーティや懇親会で、「これ食べてみてください!」「先に食べていてください!」と言いたいものの、どうつたえたらいいのかわからない…なんて時は、突然に訪れるものです。まずは「食べる」の基本の敬語表現を確認しましょう。

「食べる」を丁寧語にすると「食べます」です。とっさに言葉が出てこなかったときのために、「です・ます」を付ける、と覚えておきましょう。余裕があれば、「お食べになる」や、「食べられる」も丁寧語に当たるので、覚えておきましょう。

「食べる」の尊敬表現は「召し上がる」


「食べる」を丁寧語にすると「食べます」になると確認しました。それでは「食べる」の尊敬語はどのようなものになるのでしょうか?

「食べる」において尊敬語は「召し上がる」になります。「いただきます!」「どうぞ、召し上がれ」なんて応答に聞き覚えはありませんか?

こちらでは「いただく(食べます)」という謙譲語に対して、「召し上がれ(食べてください)」と返している形になります。敬語は日本語の中でも躓きやすい、難しい分野ではありますが、皆さん実は日常の中で使っている言葉なのです。

そもそも、敬語のルールって?


さて、ここまで「丁寧」「尊敬」と敬語を確認してきました。一方で、どんな風に使い分けたらいいのかわからなくなってしまった人もいるのではないでしょうか?

丁寧語とは、基本的にですます調を使って、言葉を丁寧にする表現です。そして尊敬語とは、動詞の形を変えながら相手への敬意を示す言葉です。丁寧語と尊敬語の差は、敬意の度合いになります。違う言葉を使っている分、尊敬語の方が表すことができる敬意が高くなります。

「食べる」の例文を見ていきましょう!


ここまでで、しっかり「食べる」はマスターできたでしょうか?それでは例文を見ていきましょう!

  • (目上の相手に向けて)「お食事は何を食べますか/召し上がりますか?」
  • (目上の相手に向けて)「社長が召し上がっているものは肉ですか?」
  • (目上の相手に向けて)「よかったら先に食べられていてください/召し上がっていてください」

「食べられる」に関して、受け身の「られる」という意味と混同されて、意味が伝わりづらい時もあるので、使うときは気を付けましょう。また、自分を主語にして話したいときは、謙譲語を使います。

  • (自分が主語で)「こちらの食べ物はもういただきました」

謙譲語とは、自分や自分のものをへりくだって相手に対して敬意を示したいときに使う言葉です。

「食べる」の敬語表現、よくある誤用…


さて、ここまでで尊敬語、丁寧語、謙譲語と登場しました。最後によくやってしまう間違いを二つ紹介します。

例1

  • (目上の相手に向けて)「こちらの食事はもういただきましたか?」

こちらは「いただく」という謙譲語を使いながら、主語が相手になってしまっている例です。謙譲語は主語をへりくだって表現するための言葉なので、このままでは、目上の相手をへりくだらせながら表現した、ということになってしまいます。正しく直すと、以下のようになります。

  • (目上の相手に向けて)「こちらの食事はもう召し上がりましたか?」

例2

  • (目上の相手に向けて)「お召し上がりになってください」

こちらはポイントの主語も間違っていないようです。何が違っているのでしょうか?正解は文頭に「お」がついていることです。

「お」がつくことで、一見丁寧になったように見えますが、これは「召し上がる」という尊敬語と重複して敬意を表してしまっているので、二重敬語、という敬語界の禁止事項に当たるのです。

古語の場合、一文で敬意を二名以上に表する場合があり、二重敬語が技法として存在しますが、現代文法では禁止事項となります。つまりこれを正しく直すと、以下のようになります。

  • (目上の相手に向けて)「召し上がってください」

まとめ

身近な「食べる」という単語、そして敬語はしっかり理解できましたか?敬語のポイントは基本的に、使われている尊敬表現と、主語が一致しているかどうか、になります。たくさん練習しながら、敬語に慣れていきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る