初心者必見!ITエンジニアの転職に役立つ資格まとめ

初めての転職。書類選考や面接で自分の能力をどのようにアピールすればよいか不安になりませんか?そんな時に役に立つのが「資格」です。持っていれば履歴書に書くだけでアピール可能!ITエンジニアにとって特に有用と思われる資格をここでは取り上げます。

ITエンジニアの転職で資格は重視される?


そもそも「資格」は転職において、どの程度重要視されるのでしょうか?

資格よりも実務経験を重視

資格が一番重要じゃないの?と思われるかもしれませんが、転職において「実務経験」が最も重要視されることが多いです。

携わった工程・期間・使用言語・プロジェクトでの役割などが注目されます。また実務経験が転職先でどのように活きるかが説明できると、面接担当者からの印象もより良くなるはずです。

資格取得はスキルアップを図っていることを証明する手段

転職時に資格を持っていると「資格取得のために知識を習得した」とアピールすることができます。

また、その資格に関する知識が一定レベル以上であるという客観的証明にもなります。「コンピュータについて詳しいです!」というよりも「応用情報技術者試験の資格を持っています」といった方が、面接担当者にわかりやすく自分の知識レベルを知ってもらえることでしょう。

必須とされる資格もある

例えば、転職先で「オラクルのデータベースを扱う業務」を行うと決まっているとき、「オラクルマスターゴールド以上の資格必須」という具体的な条件を提示されることもあります。

その場合、応募条件に記載されていることがほとんどですので、しっかりとチェックをしてから転職活動を行いましょう。

初心者は「基本情報技術者試験」と「応用情報技術者試験」から

「基本情報技術者試験」と上位資格の「応用情報技術者試験」はITエンジニアの基本といえる資格

IPA(情報処理推進機構)が行っている国家試験「情報処理技術者試験」の中でも、「基本情報技術者試験」「応用情報技術者試験」はITエンジニアの基本資格です。

どちらの資格試験もコンピュータの基礎、論理演算、データベース、ネットワーク、セキュリティ、プロジェクトの進め方など、ITエンジニアとして知っておきたいことが幅広く出題されます。

「基本情報技術者試験」の上位版となる「応用情報技術者試験」では、よりエンジニアとして広く深い知識が問われます。

この2つの資格はIT業界では特に注目されており、取得していると「IT全般に関する知識が一定レベル以上ある」と判断されることが多いです。ITエンジニアとして業務を行っていくなら是非取得しておきたい資格です。

ネットワーク系エンジニアは「シスコ」

シスコのネットワーク機器に関するスキルの証明

「シスコ技術者認定」とはシスコのネットワーク製品の取り扱いレベルの証明となる認定制度です。

2017年8月時点で20種類以上の試験が存在しており、ワイヤレス、クラウド、ネットワークデザインなど多様な分野の試験が存在しています。

分野によっては難易度でクラス分けがされており、認定された試験の種類で習得レベルも証明されます。

ネットワーク機器を取り扱うスキルの証明としても有効

シスコ技術者認定はあくまでシスコ製品に関する認定制度ですが、資格取得には一般的なネットワークに関する知識も必要となってきます。

結果、シスコの資格を持っていることは一般的なネットワークの知識の証明にもなるといえます。

サーバー系エンジニアは「オラクルマスター」

オラクル製品だけでなく、データベース設計や運用のスキルの証明にもなる

「オラクルマスター」はオラクル社のデータベース製品取り扱いレベルの証明となる認定制度です。求められる取り扱いレベルに応じてゴールド、シルバーなど複数のランクが存在しています。

「オラクルマスター」も基本はオラクルに関する知識の証明ですが、一般的なデータベース設計能力や運用(SQLやオンラインでのデータベースの取り扱い)が可能という証明にもなります。

セキュリティ系エンジニアは「情報処理安全確保支援士」

国家資格

「情報処理安全確保支援士」は「基本情報技術者試験」「応用情報技術者試験」と同じく、IPAが行っている国家試験です。2017年度までの「情報セキュリティスペシャリスト」と対象範囲や合格基準は同じです。

情報システムの企画や開発、運用、保守で高い情報セキュリティスキルを持っていることを証明

この資格はサイバーセキュリティの専門知識と技能を有していることの証明となります。また資格登録を行うと、IPAのホームページ上に資格所有者として名前を載せることも可能です。

まとめ

今回紹介した資格は有名企業が行う認定制度や国家資格です。IT業界での知名度が高いものばかりですので、資格を持っていればきっと転職時にあなたの味方となるでしょう。

転職は考えていないという方でも、今の職場で違う仕事をしたいときに関連する資格を持っていれば上司へのアピールもしやすいのではないでしょうか。空いた時間を活用し、是非資格試験にチャレンジしてみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る