未経験や在宅でも可能?ライターの仕事内容や種類とは

ひと昔前のライターというと紙媒体の雑誌や新聞などに執筆している方だったでしょう。しかし最近ではインターネットの普及で様々なサイトに記事を入稿するライターさんも増えています。そこで、今回はライターについて詳しく見ていこうと思います。

ライターの仕事内容


まずは、ライターとはどのような仕事をしているかを説明します。ライターとは様々な資料や自らの取材から情報を収集し雑誌や本、Web、などに掲載される記事を書く人です。

雑誌やWebメディアの編集者から企画内容(テーマなど)を伝えられて文章にしていきます。誰にどのようなことを伝えたいかを突き詰めて文章にするお仕事になります。

最近ではインターネット上のホームページに乗せるための文章も増えてきています。ブログサイトの記事、ニュースサイトの記事、メールマガジンと幅も広がっていきているようです。

多くのライターは、一度書き上げた原稿でそのまま媒体に掲載されることは少なく、何度か推敲や修正を重ねます。

そうして出来上がった記事が世の中に出されることにやりがいや楽しさを感じる仕事でもあります。

ライターの種類とは


ライターの仕事は様々な媒体に記事(文章)を書くことでした。しかし、一口で「ライター」とはいっても様々な種類があります。代表的な4つの種類のライターについて解説していきます。

取材ライター

名前の通り、何かのテーマに関して当事者に取材(インタビューなど)をして内容をまとめていくライターです。スポーツからグルメ、旅行など幅広く示します。

ルポライター

現在起こっている社会問題や社会現象、事件などに対して自らの主張を入れながら書いているライター。ジャーナリストもほぼ同じような立ち位置です。

コピーライター

企業や商品など一言でわかりやすいキャッチコピーを作り上げるライター。文章を長く書く場合は少ないものの独自性や発想性が問われるライターでもあります。

Webライター

最近増えてきているライターです。ブログやホームページのライティングを行います。簡単ではありますが以上のようなライターが存在します。最近では上記の種類を複合的に行なっているオールラウンダーなライターもいるようです。

ライターになるには


では、先に紹介した様々なライターになるにはどのようなステップがあるのでしょうか。見ていくことにします。

正直なところ、「ライター」と名乗れば誰でもライターになることができます。これといった資格や学歴も必要ありません。

強いていうのであれば、文章を書くことが好き。読者目線でテーマに沿った文章を書くことができるか。この2点を満たせばあなたも今からライターです。

特にWeb関係のライターの仕事であれば未経験からでもスタートすることができます。ライターの敷居は以前に比べて格段に低くなったと言えます。

しかし、社会情勢や政治、経済、スポーツなど専門性が強い分野に関しては未経験でも仕事があるわけではありません。大学を卒業後、出版社に勤務して経験を積む。

もしくは記者やライターの養成所を経てフリーのライターになる方もいるようです。編集プロダクションに所属してアルバイトからキャリアを重ねるケースも考えられます。

ライターとしての活動を始めやすい時代になってきましたが経験や実績を問われる分野もあるということは覚えておきましょう。実績や経験がクライアントの信頼を生み、継続した関係に発展していくのです。

ライターの仕事の探し方


ライターに興味があり、活動を開始。では、どのように仕事を探すかを最後に解説していきます。

もし、あなたがライターとしての経験がない場合にはWebライターの仕事からスタートするといいでしょう。最近では、クラウドソーシングといって簡単にインターネット上で仕事を探すことが可能になりました。

在宅でできるものがほとんどですのでライターとしてスタートを切りたい時にはクラウドソーシングを利用しましょう。記事を書くことに慣れて本数をこなせるようになれば、それだけで生活していくことも可能になります。

まずはいくつかライターの仕事がしてみたい、というより最初から本業でライターに取り組みたい場合には出版社や編集プロダクションに所属して経験を積む方法もいいでしょう。

出版社などに属せば、在宅で一から自分で学ぶよりライターとしての経験を積みやすい面もあります。

経験を積んでから独立すれば、出版社などに在籍していた時の経験や実績を売りにできるかもしれません。

現在はインターネット、SNSという手段がありますので編集者やライターのFacebookグループなどに参加して交流すると、そこから仕事へ発展する可能性もあります。

ライターとして生きていくには待ちの姿勢ではなく自ら動いていく姿勢が重要になります。

まとめ

ライターの仕事は文章で読み手に利益をもたらす事。最近はWebライターの需要が高まり、未経験からライターになれるチャンスがあります。

ライターに興味がありましたら、調べてみてはいかがでしょうか。きっと仕事につながる情報が見つかるはずです。

関連記事

ページ上部へ戻る