フリーランス大学生の仕事内容とは?必要スキルとメリットを紹介!

今回は、フリーランス大学生の仕事内容と、実際に大学生がフリーランスになる方法を紹介します。パソコンとネットがあれば、自宅やカフェなど好きな場所で働くことができる時代になりました。社会人でも個人で活動している方が増えてきていますが、大学生でもフリーランス活動をする方が増加傾向にあります。

フリーランス大学生の実態


フリーランスは、会社に所属せず活動している方が対象です。そのため大学生のうちからフリーランスとして活動することも可能になります。ここでは、フリーランス大学生の実態を見ていきましょう。

大学生フリーランスが行う具体的な仕事

大学生フリーランスの方は、大学で専攻している知識・スキルや得意なことを使った仕事が多いようです。

例えば、プログラミングを専攻しているのであれば、スマホアプリの作成。美術系の大学で勉強しているのであれば、HPやロゴなどのデザインの仕事。英語など語学を活かしたい場合は翻訳。また日常的に文章を書くことも多いのでライティングの仕事などが挙げられます。

もちろん、中には全く別の分野の仕事をしている場合もあります。

大学生フリーランスの収入

基本的に学業と併行することになるため、収入は平均して50,000円程度の方が多い傾向にあります。しかしフリーランスは、実力があればより多くの収入を得ることが可能です。

例えばプログラミングの仕事の場合、経験を積んでスキルが上がってくれば、時給があがります。そのため大学生であろうとも時給4,000円ほどの仕事をこなして稼いでいる方もいます。

アルバイトでプログラミングの仕事をするメリット
将来プログラマーになりたい学生にとって、アルバイトでプログラミングの仕事経験ができると有意義ですし就活でも有利になります。未経験や学生歓迎の求人も存在し、育成前提で雇ってくれる企業もあります。ここでは、プログラマーのアルバイトにおけるメリットを解説します。

デザインの仕事であれば、例えばクラウドソーシングの案件で、コンペに応募し、採用されたら数万円の報酬を得ることも可能です。

大学生フリーランスの時間の使い方

社会人フリーランスと違い、大学生は授業を受ける時間があります。大学生フリーランスの場合、授業がない隙間時間や、サークル活動や食事などの合間30分~1時間という隙間時間をうまく利用して活動しているようです。特に単位を取得して授業が少ない学生は、他より隙間時間が多くなるため、よりフリーランス活動に時間を割くことができます。

フリーランスのメリットとは?


学生のうちから活動している方も増えているフリーランスですが、具体的にこの活動にどのようなメリットがあるのか、解説していきます。

成果を出した分収入が増える

フリーランスは、基本的に自分が仕事をした分だけ報酬を得られる報酬制です。アルバイトでは時給制で働くことになりますが、フリーランスとして活動した分だけ報酬が増えます。反面収入が安定しづらいという点には注意しましょう。

スキル・経験を高められる

フリーランスの仕事は、専門知識が求められるものが多いです。初めは小さな仕事でも、実績を積み上げていけば大きな信頼を獲得できる可能性もあります。そのためフリーランス活動を続ければスキルと経験を高められるのです。学生が就職する際にも、大きな自信につながるというメリットがあります。

在宅で仕事ができる

フリーランスの仕事内容にもよりますが、基本的にオフィスに出勤する必要がないため、自宅で仕事ができます。パソコンやネット環境が整っていることが条件ですが、しっかり環境が揃っているなら、場所を選ばず仕事をすることも可能です。

フリーランスに必要なスキルは?


学生がフリーランスとして活動するためには、どういったスキルを身に付ける必要があるのか、解説してきます。

専門知識・スキル

大学で学んでいることを直接活かすことができるなら、すぐにでもフリーランスとして活動を始めることができるでしょう。しかし、活動していくなかで壁にぶつかることがあるため、その都度独学で知識を身に付ける必要があります。大学での勉強以外に、必要な事は自分で学ぶという姿勢も大切です。

自己管理能力

自由な形態で働くことができるフリーランスですが、納期などはしっかり守ることが重要です。いい加減な管理をしていると、クライアントの信頼を失うことにつながりかねません。フリーランスもれっきとした仕事であるため、仕事の開始時間や納期などの管理をすることが大事です。仕事を入れすぎて学業がおろそかになるケースもあるため、自己管理能力を高める必要があります。

コミュニケーション能力

フリーランス活動をする方でも、クライアントとコミュニケーションを取る機会は多いです。大学生は仕事をした経験がないため、いきなり専門的なスキルを要する仕事ができる可能性は低いでしょう。その分、コミュニケーション能力で相手に信頼される必要があります。

マーケティング力

初めのうちは、簡単な仕事から始めるのが一般的です。しかし、徐々に大きな仕事に挑戦したいという考えが芽生えるでしょう。その際に、自分の実績をアピールする能力がなければ、クライアントに魅力を感じてもらうことは難しいです。

したがって、自分のプロフィールや実績をマーケティングする能力が必要になります。デザイナーならポートフォリオを作るなど、どうしたら自分が今までやってきたことが伝わりやすいのかを考えるようにしましょう。

確定申告は必要?


フリーランスとして活動している方は、基本的に自分で確定申告が必要です。学生の場合でも同様に自分で確定申告を行う必要があるのかどうか、詳しく見ていきましょう。

学生でも確定申告は必要

学生で親の扶養に入っていても、収入が20万円を越えているなら確定申告をしなければなりません。アルバイトの場合は企業が納税を行ってくれるため、必要書類を提出するだけで済むでしょう。ただしフリーランスは収入を計算してしっかり税務署などに申告する必要があるため注意しましょう。

アルバイトでプログラミングの仕事をするメリット
フリーランスとして働いている場合、ほとんどが業務委託契約を結ぶことになります。収入額によって確定申告が必要か不要かが別れますが、ここでは業務委託者のパターン別で確定申告の条件を解説します。

大学生がフリーランスになる方法


実際にフリーランスになるためには、どのようにしなければならないのか説明していきます。営業で自分を売り込むという方法もありますが、学生のうちから始められる方法も存在します。

クラウドソーシングを利用しよう

クラウドソーシングは多くのクライアントとフリーランスの方が登録しており、本人確認を行えば、プロフィールに信頼性も増します。ネット上で仕事の受注や依頼を行うことができ、初心者向けの仕事も多く探すことが可能です。

したがって、フリーランス活動が初めてだという方が実績や実力を積み上げるために有効になります。学生でも行える仕事が多く存在するため、有効に活用できるはずです。

エージェントサービスを利用しよう

企業とフリーランスのマッチングを支援してくれるエージェントサービスを利用するという手段もあります。転職活動にも活用され、キャリアアドバイザーに活動の相談をできるというのがメリットです。最適な仕事を見つけるために役立てることができるため、初めて学生がフリーランスとして活動する際も役立つでしょう。

クラウドソーシングサイト・エージェントサイトおすすめ
フリーランスとして仕事を得るためにクラウドソーシングサイトやエージェントサイトが活用されています。こちらの記事では、フリーランスにおすすめのサイトや、登録先選ぶときのポイント、案件選びのコツについて解説します。

まとめ

大学生でも、クラウドソーシングなどを利用すればフリーランスとして活動することが可能です。自分の学んでいることを活かす仕事や、さらに詳しい知識が必要なものなど様々に行えます。フリーランスとして収入を得ると、学生でも自分で確定申告をする必要があるため十分注意しましょう。また、クライアントの信頼を得るためにも、時間の管理やコミュニケーション能力を高めることは大切です。

関連記事

ページ上部へ戻る