フリーランスとアルバイト掛け持ちのポイントは?メリットと選考突破のコツ

フリーランスとして独立しても、仕事が軌道に乗るまでアルバイトなどの副業をするという方もいるでしょう。フリーランスとアルバイトの雇用形態の違いや、掛け持ちをすることで確定申告はどうなるのかなどを見ていきましょう。掛け持ちにはメリットデメリットがあります。この記事で両方をおさえて意思決定をしてください。

フリーランス、アルバイト・パート、派遣の雇用形態


フリーランスとアルバイト、派遣にはそれぞれ違いを詳しく解説していきます。

フリーランスは請負契約

フリーランスで働く方は、業務委託契約を行って働くのが主流となるでしょう。その場合、時給が発生するわけではありません。仕事を行った対価として報酬が支払われることになります。

個人事業主の業務委託契約について
個人事業主(開業届を提出したフリーランス)の多くは、業務委託契約を結んで働くことになります。こちらでは、業務委託の定義や契約の種類、契約書の書方を紹介しています。今後業務委託契約を結ぶ予定がある場合は、ぜひ確認してください。

アルバイト・パートは時給制の雇用契約

基本的にアルバイトやパートタイマーの場合は雇用契約を結んでいるため、報酬制ではなく時給が発生します。1時間働いた場合の報酬が決まっており、別途成果を上げればインセンティブがもらえる場合もあるでしょう。

派遣は派遣元企業との雇用契約

派遣の場合は、実際に働いている会社と契約を結んでいるわけではありません。人材を派遣している企業と契約を結んでいるため、給料も派遣元から支払われます。就業規則なども、派遣先に確認を取る必要があるため注意しましょう。

フリーランス、アルバイト・パート、派遣の納税方法

フリーランスは自分で確定申告

アルバイトやパートは、正規雇用ではないものの、企業に所属している立場であるため、年末調整や確定申告は会社で行ってくれます。しかし、フリーランスとして働いている場合は、自分で確定申告を行わなければなりません。したがって会計ソフトなどを使い、自分で経費や収入の合計を計算する必要があるのです。

フリーランスとサラリーマンの年末調整・源泉徴収
フリーランスになると、それまで会社が行っていた所得税納税(年末調整や源泉徴収)を、確定申告という形で、自分で行わなければなりません。こちらでは、フリーランスの場合、サラリーマンからフリーランスになった場合、フリーランスからサラリーマンになった場合、副業フリーランスの場合の所得税納税方法を紹介しています。

アルバイトとパート、派遣は源泉徴収

正社員でなくとも、アルバイトとパート、そして派遣は、会社が源泉徴収や年末調整をしてくれます。フリーランスと違い自分で収入を計算する必要がありません。

フリーランスのデメリットとは?


土日祝日関係なく自分の好きなタイミングで休みを取ることができ、自由な勤務形態であるフリーランス。一見理想的なように思えるかもしれませんが、反面デメリットも生じます。具体的にどのようなところにデメリットがあるのか、見ていきましょう。

生活できない?収入が不安定

フリーランスとして働いていると、自宅を事務所にしている場合、高額の維持費もかからずお金が自分に直接入ります。ただ、フリーランスは収入が常に一定額とはかぎりません。基本的に仕事に対する報酬で収入を得ることになるため、仕事の依頼がなければ収入が減ります。したがって月によって収入が上下し、安定感に欠けるところがデメリットです。

仕事を取るのが大変

会社と業務委託契約を結ぶためには、自分で会社に売り込む必要があります。クラウドソーシングなどを使って様々な企業とコンタクトを取り、徐々に実績を積み重ねていくことも大事です。

常に仕事が途切れないように、自分で仕事を取りに行かなければ生活するのが難しいという点も、フリーランスのデメリットと考えられます。

アルバイト掛け持ちのメリットとは?


フリーランスだけで生活するのが苦しい場合は、別のアルバイトを掛け持ちするという方法があります。このような形態を「ダブルワーク」と言いますが、ダブルワークにはどういったメリットがあるのか、説明していきます。

収入を安定させられる

アルバイトとして時給制で働いていると、シフトに入った分毎月一定額の収入を得ることが可能です。収入が不安定なフリーランスの欠点を補う手段として効果的になります。

将来的に完全なフリーランスとして独立したいのであれば、まずはフリーランスとしての業務をスケジュールに入れ、足りない収入の分を空いている日に入れましょう。

気分転換ができる

アルバイトは、自分の好きな職種を選択することが可能です。フリーランスの活動に関連する職種なら、自分のスキルアップにもつながります。また、全く別の職種であれば普段と違う世界を体感することができ、気分転換にもなるはずです。

フリーランスとして在宅で仕事をしていると、外出の機会が少なくなったり、コミュニケーション機会が少なくなったりしがちです。外でアルバイトをすることで、これらの機会を補充することもできるでしょう。

アルバイト掛け持ちで注意するポイント


フリーランスの弱点を補う手段として、アルバイトの掛け持ちは有効です。しかし注意すべき点もあるため、しっかり確認していきましょう。

拘束時間が増える

仕事を2つ以上行っているということになるため、どうしても拘束時間が長くなりやすいです。スケジュールが被らないよう自分で整理しなければいけないため、時間の管理には気をつける必要があります。

また、フリーランスの場合、収入を上げるために空き時間にスキルアップの勉強をすることがあります。この勉強時間には、もちろん報酬は発生しません。アルバイトを掛け持ちしている場合、勉強にあてるべき時間にまでシフトを入れてしまう恐れがあります。

自分で労働量・体調を管理する

長時間労働になりがちのため、掛け持ちは体調の面に不安が残ります。アルバイトのみの場合は、1週間40時間、1日8時間という労働時間の上限が設定されています。さらに、6時間以上働くと自動的に休憩が入ります。しかし、フリーランスとアルバイの掛け持ちをしている場合、自分の裁量次第で1日にいくらでも働けてしまいます。

労働時間の上限がないと、働きすぎで体調を崩すリスクが上がってしまうかもしれません。一度体調を崩してしまうと、フリーランスとアルバイトのどちらにも影響してしまうという点に注意しなければなりません。

確定申告が必要

アルバイト収入の分だけなら、基本的にアルバイト先が源泉徴収と年末調整をしてくれます。しかし、フリーランス活動で得た収入は、別で確定申告が必要なことに変わりはありません。

自分で経費などを計算する手間があるという点には注意しましょう。ただし、フリーランスとしての収入が20万円以下であれば、自分での確定申告は不要になります。

掛け持ちアルバイトの履歴書はどう書く?


掛け持ちでアルバイトを希望する場合、企業に渡す履歴書はどのように書けばよいのか、詳しく解説していきます。

掛け持ちであることは正直に伝える

フリーランスとの掛け持ちであることは、正直に伝えましょう。掛け持ちと伝えることで選考落ちする可能性が上がるのではないかと思うかもしれません。

確かに、アルバイト一本の人よりかは不利になってしまう可能性はあります。しかし、きちんとアルバイトの目的を伝えることで、志望の本気度が伝わることもあります。また、本業があることをわかってもらえれば、シフトの調整なども後々やりやすくなるかもしれません。少なくとも、選考の時に黙っていて、採用されてから後出しするよりもトラブルが少なく済むでしょう。

志望動機はスキル向上や福利厚生

実際には収入が不足しているのがアルバイトを志望する理由かもしれません。しかし、収入不足の解消にしても、そのアルバイト先を選んだのには理由があるはずです。アルバイトの面接時には、具体的にどういった点に魅力を感じたのかをしっかり説明しましょう。

フリーランスとして活動する際のスキルアップや、研修制度などを志望動機として考えるのが大切です。

本業との相乗効果をアピール

収入の面だけではなく、さらなるスキルアップを目指してダブルワークをする方も、増加傾向にあります。とくにプログラマーなどは、常に多くの現場に触れてモチベーションを高めることが大事です。

掛け持ちをすることで、本業で学んだことをアルバイトに活かし、アルバイトで学んだことを本業に活かすことができます。アルバイト先には、自分がフリーランスの本業で身につけたスキルが、どのようにアルバイトに活かせるかをアピールすると良いでしょう。

まとめ

ダブルワークをして仕事を掛け持ちすることは、収入を安定させることだけではなく、自分を高めるためにも有効です。必ず同業である必要もないため、全く別の世界に飛び込んで経験を積むのもいいでしょう。ただし、長時間労働で体調を崩してしまわないよう管理を徹底することを忘れてはいけません。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る