個人事業主にとって名刺とは?作成のポイントなどを解説

個人事業主として開業した方は、自分で仕事を獲得しに行く機会も増えるでしょう。その際に、自分の素性を知ってもらうために名刺を用意する必要があります。しかし、適当に作った名刺ではインパクトを残すことは難しいでしょう。そこで今回は、個人事業主にとって大切な名刺の作成ポイントについてご紹介していきます。

個人事業主にとって名刺の役割は?

名刺,マナー,kuguru,クグル,くぐる
個人事業主として活動を始めるなら、名刺が必要です。具体的に名刺はどのような役割をはたすのか、説明していきます。

自己紹介に名刺が重要

個人事業主は、企業とは違いフリーで活動している方も多いです。素性も分からない相手に、仕事を依頼しても大丈夫なのか、本当に信用できるのかと疑いを持たれるケースもあります。

その時に名刺があると、自己紹介しやすく会社の名前を覚えてくれやすくなるはずです。相手にしっかり名前を覚えてもらえば、仕事の受注率が上がりさらなるつながりを得られる可能性もあります。

交流やセミナーで使う

企業に挨拶に行く時だけではなく、同業者の交流会などに参加する際つながりを得るためにも名刺は有効です。交流が深まれば、情報交換の機会も増え新たなるつながりを得ることにもつながります。

ただ、交流会では多くの方が名刺交換を行うことが予想されるため、自分の印象を残すために名刺のデザインにも工夫が必要です。

顧客獲得のため

名刺には、自分の企業名だけではなく、名前や連絡先も記載することが可能です。屋号や肩書など自分が何者であるのかを知ってもらうことができるので、顧客の信頼を得やすくなります。

仕事で良い働きをすれば、名刺をもらった方が知り合いなどを紹介してくれる可能性もあり、さらなる顧客の獲得にもつながるはずです。

名刺作成の手順は?


名刺は自分を知ってもらうためのツールとして様々に活用できます。では、実際に名刺を作る時にはどういった手順を踏めばいいのか、詳しく見ていきましょう。

作成の方法を決める

名刺の作成方法は、大きく分けて3つあります。「自分で作る」「業者に依頼する」「デザインだけ自分で行う」という方法の中から選択するのが一般的です。

自分で画像制作ソフトや、デザインの心得があるのなら、思い通りの名刺を作ることができるでしょう。また、自分で制作すると安価に済みます。しかし、印刷できる環境が整っていないというなら、印刷するときだけ業者に依頼するのがおすすめです。

もし自分で有効な名刺が思いつかない場合は、業者にイメージだけ伝えて制作を依頼するというのも一つの手段になります。印刷も依頼すると、多少コストがかかることが予想されますので注意しましょう。

誰に何を伝えたいのかを決める

名刺のデザインを決める際は、誰に、何を伝えたいのかを決めて制作に取り掛かる必要があります。ただ見栄えの良いデザインの名刺を作っても、相手にイメージが伝わらないとあまり意味はないでしょう。

個人事業主として、相手にどんな印象を伝えたいのか、プランを組み立ててしっかりイメージを明確にすることが大切です。

記載内容を決める

ある程度イメージが湧いたら、今度はどういうことを載せるのかを決めていきます。最低限の必要項目を書いてすっきり見せるのも有効ですが、相手にしっかり何者なのか伝わるよう考えることが重要です。

デザインを決める

名刺に記載する事項が決まったら、名刺のサイズやデザインを決めていきます。サイズや向きなどをアレンジすることはできますが、相手の名刺入れに入らないようなものだと、邪魔になってしまう恐れがあるため、なるべく一般的な大きさに合わせるのをおすすめします。

記載すべき内容は?


名刺に記載する事項は、個人事業主なら自由に決めることが可能です。どういった事を載せるのがよいのか、解説していきます。

肩書や屋号

名刺には、自分の名前以外にも屋号などを乗せることが可能です。加えて相手に自分が何者かを知ってもらうためには、肩書きを記載するのも効果的になります。「フリーライター」や「フリーエンジニア」など、明確に記せば、相手にどんな仕事をしているのかが明確に伝わるはずです。

メールアドレスや電話番号を忘れずに

連絡先を記載すると、相手から仕事を斡旋してもらえる可能性があり活動の幅を広げられる可能性があります。そのためメールアドレス、電話番号は忘れずに記載しましょう。事務所を構えているなら、事業所の連絡先でも問題ありません。

住所の有無はどちらでもOK

住所については、個人宅がオフィスの場合は載せるのに抵抗があるかもしれません。その時は、メールボックスの住所などを記載するのもいいでしょう。

HPやSNS、作品の紹介など

フリーデザイナーなどで活動しているなら、自分の作ったホームページのURLを載せておくと、さりげなく実績をアピールすることが可能です。

英語表記が必要なことも

グローバルに活動する機会があるなら、名刺に英語表記が必要な場合もあります。海外活動用の名刺を作るのが手間だと感じるなら、どちらにも対応できるよう名前や肩書を英語表記にしておくのも一つの手段です。

おすすめのデザインは?


名刺をデザインする方法は様々です。ここでは、おすすめのデザイン方法を紹介しますので有効な名刺を作る際に役立ててください。

テンプレートを利用する

業者に名刺作成を依頼するときも、テンプレートが用意されていることが多いです。気に入った名刺のデザインがあれば、そのまま受注することもできます。

イラストや写真、ロゴなどを活用

名刺に自分の写真や企業のロゴを入れることもできます。企業イメージが最も伝わりやすいと思ったイラストを記載すると、今後活動しやすくなるでしょう。

サイズや縦横、材質を選ぶ

サイズについては、先述したようになるべく一般的でクセのない大きさのものを選択することをおすすめします。また、使用する紙の材質にこだわることも可能です。他にはない特徴的な材質の名刺は、渡した相手にインパクトを与えることもあるでしょう。材質によっては高額なコストがかかることもあるため、作成する際は費用に注意が必要です。

まとめ

名刺は、個人事業主にとって自己紹介ツールとして重要な役割をはたします。相手に自分が何者であるのかを伝えやすくし、印象が強く残せれば自分の活動を広げるきっかけにもなるでしょう。作成は自分で行うこともでき、専門の業者で最適なデザインをこだわって作るという選択肢もあります。

関連記事

ページ上部へ戻る