プログラマーは資格がないとダメ?プログラマーにとっての資格とは

プログラマーになるために資格が必要かどうか、知っていますか?一般的に高度な技術者のイメージが強いプログラマーには、技術を裏付けする資格が必要な印象があるかもしれません。そこで今回は、プログラマーにとっての資格がどういったものなのか、さまざまな資格と合わせて解説していきます。

プログラマーになるには資格が必要?

なるための資格はいらない

プログラマーになるために取らなければいけない資格はありません。言ってしまえば「働きたい」という気持ちさえあれば誰にでもなることが可能です。高度な技術や専門的な知識は仕事をしていく過程で覚えれば良いため、理系の出身でなければいけない、IT系の専門学校を出ていなければいけない、といった縛りもありません。

事実、プログラマーとして働く方の中には、文系出身の方や普通科高校出身の方が多くいます。出自による得手不得手は確かにありますが、プログラマーになるために「やる気」が必要になってきます。

資格以上にスキルや経験が問われる

プログラマーになるうえで、保有している資格に注目されることはほとんどないものの、これまでに培ってきたスキルや経験は、即戦力になるかどうかの基準として重視されます。パソコンに関する最低限のスキルや、C言語、Javaといった基本的な言語に関する知識など、プログラマーの基礎ともいえる部分は身につけておくのが得策です。

また、プログラミング開発ではトラブルに見舞われる場面が多く「忍耐力」が養われる経験をしているかどうかもチェックの対象です。根気強く問題解決に取り組めずにプログラマーを辞める方は少なくないので、諦めない気持ちをアピールすることが重要といえます。

資格があると有利な点とは?

スキルを客観的に伝えるのに有利

身につけたスキルは作業することでしか証明できませんが、資格を持っている場合は客観的にスキルを証明できます。さらには資格取得に費やした努力の証明にもなるため、プログラマーに必要な忍耐力があることを伝える点でも有利です。プログラマーにとって資格の保有が必須ではないとはいえ、持っておいて損をすることはありません。

知識を体系的に習得し応用ができる

資格の取得はプログラミングの基礎固めとして効果を発揮します。基礎が固まることによって知識を体系的に学んでいけるので、プログラムの関連性や新しいプログラミング技術などが理解しやすくなります。知識を断片的に学ぶよりも効果的にインプットとアウトプットができることから、スピード感のある仕事をすることが可能です。

モチベーションをアップできる

資格を取得することによって次の資格、また次の資格と、知識を取り入れることへのモチベーションがアップします。技術の移り変わりが早いプログラマー業界では、新しい技術や知識を身につけることへのモチベーション維持が欠かせないため、資格取得はモチベーションを保つのに効果的な手段といえます。加えて、自身のレベルアップを視覚的に実感できる点も、モチベーションがアップするポイントです。

プログラマーにおすすめの資格は?

国家資格のIPA情報処理技術者試験

唯一の国家資格であるIPA情報処理技術者は、ITの基礎的な知識があることを証明する資格です。アルゴリズムや情報システム戦略、情報セキュリティなどの基本的な知識が得られるので、IT業界で働く方が最初に取得する資格としておすすめです。試験は4月と10月の年に2回開催されており、合格率は20%前後となっています。

オラクルの認定資格

大手ソフトウェア会社オラクルが発行する認定資格です。「Oracle Certified Java Programmer」や「ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 12c」などの認定試験があり、資格を取得する過程でJavaのプログラミング能力や、オラクル製品に関する知識や技術を身につけることができます。特定の製品に関する資格は、新たな機能の確認が主な内容となった移行試験を受けることで、資格のアップデートができるようにされています。

マイクロソフトの認定資格MCP

大手ソフトウェア会社マイクロソフトが発行する認定資格です。「MCP」は資格体系を表す名称であり「MCSA」や「MCSD」、「MCSE」といった個々の資格によって構成されています。それぞれの資格には関連性があるので、複数の資格を保有することでマイクロソフト製品やテクノロジー、ソリューションについて高度な技術や専門的な知識を有していることが証明できます。

Javaプログラミング能力認定試験

サーティファイ情報処理能力認定委員会が発行している認定資格です。資格を取得することによって、プラットフォームの影響を受けないJavaの基本的な知識とプログラミング能力を有していることが証明できます。資格には初心者から上級者までの難易度があるため、Javaのスキルを段階的に取得していくことが可能です。

C言語プログラミング能力認定試験

サーティファイ情報処理能力認定委員会が発行している認定資格です。資格取得の過程では、プログラミング言語において最速の処理速度を誇るC言語の知識や技術を身につけることができます。ほかのプログラムの基礎となる知識が得られるので、取得の優先度は高めです。ただし、コードの書き方が比較的難しい言語であることから、初心者の方にとってはハードルの高い資格といえます。

Ruby技術者認定試験

プログラミング言語Rubyを普及、発展させることを目的とした非営利団体Ruby Associationが発行する認定資格です。資格を保有することで、Rubyによるシステム開発を高水準で行えることを証明できます。Rubyの開発者は日本人であり、日本語を原文とした参考書籍が多くあります。翻訳によるニュアンスの違いで混乱することが少ないため、学習しやすいのが特徴です。

PHP技術者認定試験

一般社団法人PHP技術者認定機構が発行している認定資格です。資格を取得することによって、PHPの専門的な知識や高度な技術を駆使したシステム開発が行えることを証明できます。PHPは比較的扱いやすいスクリプト型の言語なので、プログラミングが未経験の方でも取り組みやすく、スキルを身につけやすいといえます。

情報検定(J検)

文部科学省が後援を務める一般社団法人、職業教育・キャリア教育財団検定試験センターが発行する認定資格です。IPA情報処理技能者の前段階のレベルに位置づけされる資格であるため、プログラミングに関する知識がほとんどない場合は、情報検定を取得することから始めると良いです。試験日がIPA情報処理技能者の試験日と連動しているので、情報検定の勉強に余裕がある方はIPA情報処理技能者の勉強を並行させることをおすすめします。

まとめ

プログラマーになるために必要な資格は、基本的にはありません。重視されるのはスキルと経験とやる気であり、求められているのは実力です。しかし、資格の取得には基礎を身につけたりモチベーションをアップさせたりする意味や意義があるため、プログラマーとして働くことを決めた方は資格の取得を検討してみましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る