フリーランスに最適な会計ソフトは?クラウド・インストール型比較!

今回は会計ソフトの利点やおすすめのソフトを紹介します。確定申告で取り扱う情報は多く、手間がかかるうえに初めて確定申告を行う方は申告方法を調べながら進めていくことになるので時間のかかる作業です。その手間を減らすために必要になってくるのが会計ソフトです。

会計ソフトが必要な理由

確定申告を正しくスムーズに行うため

フリーランスや個人事業主が確定申告をする際に、強い味方になってくれるのが会計ソフトです。フリーランスや個人事業主になり、ある一定数の収入を得ると確定申告というものが必要になってきます。さらに自分で確定申告を行わなければならないのでソフトを利用しないと会計業務で多くの時間を無駄にしてしまいます。会計ソフトを利用することで様々な手間が省け、結果として確定申告をスムーズに行うことができます。

個人事業主が確定申告で必要な書類と条件
確定申告は1年間で発生した所得にかかる税金を支払うために行う手続きです。一定の条件を満たす場合に、確定申告をする必要がありますが、ここではその条件と確定申告の際に必要な提出書類について解説します。
経理業務の基本について
フリーランスや個人事業主は、日々の収支管理が大切ですが、経理業務も自分で行う必要があります。日々の取引を記録する記帳、帳簿などの説明と基本的な経理業務の流れを解説します。

会計ソフトにはどんなタイプがある?

インストール型ソフト

会計ソフトにはタイプが二つあります。一つはPCにインストールして使うタイプの会計ソフトです。こちらのメリットは回線やネット環境が整っていない場所でも影響が少なく、動作の安定性が高いところです。

またパソコン内にデータが保存される点や、電話サポートに対応している製品が多いのもインストール型のメリットです。

クラウド型ソフト

インストール型に対してもう一方のクラウド型タイプはPCにインストールせず、インターネットを通してオンライン上で使用できるソフトです。現在はインストール型よりもクラウド型の方が人気です。

クラウド型が人気の理由

手入力の手間が省ける

クラウド型の会計ソフトは銀行口座やクレジットカードと同期できるものが多くあります。取引内容をいちいち手入力するのは大変ですが、クラウドソフトで同期すれば自動で入力してくれます。

スマホでも手軽に会計管理できる

オンラインで使用するのでPCだけでなく、スマホやタブレットなどで場所や端末を問わずアクセス・会計管理できます。また、仮にPCやスマホが故障しても会計データや会計ソフトはオンライン上に存在するので故障によってデータやソフトには影響がありません。

またスマホなどからレシートを撮影し、データ入力してくれるものもあります。紛失の心配が無く管理もしやすくなるので便利です。

常に最新版を利用可能

確定申告のルールなどが変わった際、変更点を反映した最新版にすぐアップデートされます。インストール型に比べ自分でアップデート処理をしなくても常に最新なので安心して利用できます。

フリーランスにおすすめの簡単会計ソフト

やよいオンラインシリーズ

代表的な会計ソフト「弥生会計」のクラウド型です。会計の専門知識がある方にもおすすめです。青色確定申告、白色確定申告それぞれに対応しています。インターフェースがシンプルでわかりやすく、初心者でも使いやすいのも魅力のひとつです。

クレジットカードや銀行のデータを取込む機能や、スマホなどで撮影したレシートや領収書を取込む機能を持っており、自動で仕訳してくれるので入力の手間を削減してくれます。

MFクラウド確定申告

こちらはGOOD DESIGN AWORD2014受賞のオンラインソフトで、こちらもクレジットカードや銀行のデータを取込む機能をもっています。仕訳を自動で行い、学習機能も付いているので過去の仕訳を元にどんどん精度がよくなっていきます。

45日間無料のプランがある(仕訳件数などに上限あり)ので、会計ソフトを検討中の方は試しに利用してみてもよいかもしれません。

Freee(フリー)

徐々に知名度、人気が上昇しているソフトです。会計の知識がなくても簡単に使用することができ、銀行口座とクレジットカードの情報を入力すれば自動で会計帳簿を作成してくれる機能がついています。

スマホアプリもあり、アプリのみで確定申告まで可能なので使い勝手のよいソフトと言えます。30日間の無料プランや、簡易的な機能が使えるお試しプランがありこちらも試しに無料版を利用してみてからの導入をおすすめします。

クラウド円簿シリーズ

クラウド円簿が提供するクラウド型のソフトです。「円簿会計」「円簿青色申告」「円簿営業支援」「円簿給与」なども無料で使用できます。利用制限がないため至れり尽くせりのソフトといえるでしょう。

社会保険や労働保険などの各種保険の設定が可能で、社会保険料も自動で変更されます。弥生会計からのデータインポートが可能です。初心者でも使いやすいように、マニュアルを読まずとも操作がある程度可能な仕様です。WindowsとMacにも対応していますが、どれもYahoo!IDでのログインが必須なため、Yahoo!でアカウント作成をする必要があります。

やよいの青色申告

こちらはクラウド版ではなくインストール版のソフトです。インストール版なので安定性があり、買いきりなのでランニングコストもかかりません。「青色申告」というタイトルですが白色申告にも対応しているので、はじめは白色申告で申告したいと考えている方にもおすすめです。

弥生という会社は長い間支持されてきた会社で、今も多くの税理士事務所や会計事務所で利用されているソフトです。プロが利用しているだけあって、ほとんどの会計処理に関して対応可能です。インストール型を検討している方はこちらを購入しておけば問題ないでしょう。

まとめ

適切な会計ソフトを選ぶことで普段の会計作業を削減してくれます。値段や特徴もソフトによってさまざまなので、利用を考えている環境や少しでも手間を減らしたい処理、予算などから適切なものを選べるとよいでしょう

関連記事

ページ上部へ戻る