未経験でも転職は可能?グラフィックデザイナーの仕事内容や年収

一般的には認知度の低い仕事であるグラフィックデザイナーという仕事があります。 印刷や広告代理店などではよく聞く職業なのですが、どういった仕事をしているのでしょう。 今回はグラフィックデザイナーの仕事や待遇面について紹介します。

グラフィックデザイナーの仕事内容とは


一般的に雑誌広告やポスター、チラシや商品パッケージなどの印刷物のデザインから書籍や雑誌の表紙デザイン、店舗の看板デザインなどの制作・企画をすることが仕事とされています。

グラフィックデザイナーは仕事の幅が広いので、さまざまな仕事がきますが、主に読み手に対してインパクトを与えて印象コントールをし、イメージを意図的に誘導するデザインをすることが多いです。

広告代理店や印刷会社、デザイン事務所などのデザイン関係の会社に勤めることが多いです。雇用形態は正社員からアルバイトまでさまざまで、アルバイトから正社員になることが多いと言われています。会社で実力をつけた後、フリーとして独立する人や、自分の事務所を立ち上げたりする人もいます。

グラフィックデザイナーの年収とは


グラフィックデザイナーを仕事とするときに気になる年収はどれくらいなのでしょうか。

企業に勤める場合とフリーランスの場合の目安

企業に勤めている場合は、大手広告代理店では30代で年収1000万円といわれているところもありますが、中小企業では初年度で300万円を切るともいわれています。

ある調査では年収の平均は300~450万円の間とされており、手に職を持っている割には差があまり出ない職業のようです。

フリーランスではどうなのでしょうか。会社員時代にしっかりと経験を積み、自信をもって独立したとします。

元いた会社のクライアントを自分のお客様にするのはマナー違反とされているため1から営業をしなければいけません。そのため独立後、初年度は年収300万円を切ることもあるようです。

その後しっかりと人脈を作り、仕事が軌道に乗り出すと努力次第で、年収700~800万円になることもあります。そこからプランニングやディレクションなどに詳しくなってくると、通常のデザイン以外に企画やディレクション費の収入も増え、年収は数千万円になることもあります。さらにコピーライターやイラストレーターなどを抱えるようになると、自分の事務所を開くことも夢ではありません。

グラフィックデザイナーになるには


グラフィックデザイナーになるための資格などは必要なのでしょうか。特に必要な資格はないようですが、広告やパッケージなどのデザインをするための全体構図、写真やフォントのセンス、配置や配色についての知識などが必要になってきます。

そのような知識は芸術系の専門学校や、短大、大学などで学んでいる人が多いようです。その他に必要なスキルはIllustratorやPhotoshopなどのグラフィックソフト、InDesignなどの編集ソフトを扱えることで、これが使えないと最初から躓きます。また実務経験が重要視されることから、ある程度の実務経験も必要になります。

グラフィックデザイナーへ未経験からの転職は可能?


実務経験が重要視されているグラフィックデザイナーですが、未経験の方は転職できないのでしょうか。

即戦力を求められるので、未経験での転職は狭き門

求人の欄に必ずといっていいほどに「実務経験○○年以上」と書かれているのがグラフィックデザイナーの求人です。これは経験者以外お断りといっているのと同じことになります。そのため未経験者には応募資格がないように感じます。

なぜ実務経験者を募集しているかというと、企業側からすると即戦力が欲しいのです。企業の規模が小さければ小さいほどその傾向は強いようです。

それは小さな企業は社長も業務に参加していることが多いので、新人教育ができないことがあげられます。そのため未経験者は必然的に未経験可の大企業への転職を選択することになるのですが、そうなるとグラフィックデザイナーへの転職を考えている人がそこの求人を取り合うため、倍率が高くなってしまいます。

倍率が高いとどうしても年齢の若い方から採用されることが多いので、20代後半以降での転職を考えている方は、若い人に負けないようなスキルを磨きましょう。

ソフトを一通り使いこなせる能力は必要

磨くスキルにはグラフィックデザインで使用するソフトの使い方を一通り覚えるなどがあります。ソフトが最初から使えると、実務経験が必要な求人でも取ってもらえることがあります。

またグラフィックデザイナーが使うソフトはIllustratorやPhotoshopなどで、参考書を見て勉強すれば使えるようになります。
他の勉強方法としてはそういったソフトのセミナーを受けるなど方法はいくつかあります。

どうしても実務経験が必要な場合は、クラウドソーシングや自分の作品を販売できるサイトを利用し、仕事をいくつかこなしておくと、実務経験になります。

ポートフォリオをつくる

デザイン業界に入るために必須なのがこのポートフォリオです。ポートフォリオは自分の作品集のことで、今回の場合はデザインしたものを詰め込んで作ります。

ポートフォリオには形態や書式に決まりなどはないので、自分のセンスで作ることになります。ポートフォリオに入れる作品に付けておくと良い項目は以下のようなものです。

  1. 作成年月日
  2. テーマやコンセプトなど
  3. 技法に関すること
  4. 使ったソフトや環境について

その他にも細かいことを載せておく人もいますが、人によって好みが分かれるので、一概に何が良いとはいえません。ポートフォリオはクリエイターの名刺と言われるほど大切なものなので、満足できるものを作りましょう。

まとめ

いかかでしたか?グラフィックデザイナーは身の回りに溢れているデザインを作成している人たちのことをいい、実務経験が重要視される仕事です。

未経験からの転職は狭き門といわれていますが、しっかりと努力をすればできないこともない職業なので、もし興味があれば、一度挑戦してみるのもいいかもしれません。

関連記事

ページ上部へ戻る