プログラマー必見!在宅勤務ができる仕事の内容とは?

プログラマーは現在人手不足が叫ばれており、今後も更なる需要増が見込まれています。そのため、しっかりとしたスキルやキャリアを積むことによって自分の望む環境で働きやすい職種であると言えるでしょう。この記事では、フリーランスエンジニアの今後や在宅案件内容等を見ていきたいと思います。

フリーエンジニアの在宅勤務の将来性

プログラマーの在宅案件の将来は明るい

今はエンジニア不足と言われているため、しっかりとしたスキルを持ったプログラマーであれば豊富な案件の中から自分に合ったものを選ぶことができます。まだ完全な在宅案件は案件の全体数に比べると少ない状態ですが、今後更なる人手不足から徐々に増えていくことが予想されます。その時のためにも、今からしっかりとしたスキルを身につけておいてはいかがでしょうか。

俗に言う持ち帰りの案件が多い

プログラマーの在宅案件の多くは、俗に言う持ち帰りの案件です。持ち帰りの案件を受注することにより、在宅で仕事をすることができ、時間や場所等の束縛から解放されるでしょう。まだそのような案件の絶対数は少ないため、受注できることはラッキーと言えるかもしれません。

在宅プログラマーの主な在宅案件内容

スタートアップでシステム開発

スタートアップ直後の会社は企業文化や確たる就業規則が定まっていない場合もあり、在宅勤務という形態にも寛容であることが多いです。上手くすれば在宅案件を獲得することも可能でしょう。また在宅であっても、需要とスキルが合えばシステム開発の重要な仕事を任されるといったこともあります。

ゲームの案件は経験者でないと難しい

ゲーム業界に属する会社はフレックス制度等を積極的に採用している傾向があり、そこから案件を受注すれば比較的自由な社風の下で働くことができるでしょう。しかし、ゲームに求められる技術レベルは年々上がっているため、在宅案件を獲得するには経験者等確かなスキルやキャリアが求められます。

大企業も需要があるデータ解析

データ解析はエンジニアの中でも需要の高い分野であり、それらのスキルを持っている人は様々な場所で重宝されるでしょう。そのため、好条件な案件を受注することも可能です。その中には在宅勤務可能なものも少なくはないことが予想されます。自分に適した案件を獲得するには、需要と供給のバランスを鑑みることも大切です。

未経験は在宅プログラマーの案件をとれない?

経験値が高い方が在宅案件をとりやすい

プログラマーの在宅案件は上述した通り、まだ絶対数がそれほど多くはありません。そのため、経験値やスキルが高い方が在宅案件を獲得しやすいという一面はあるでしょう。綿密に探せば初級プログラマーでも在宅可能な案件を見つけることができるかもしれませんが、やはりスキルや経験を積んだ方が近道であると言えます。

在宅勤務をするためにもスキルが必要

そのため、もし在宅勤務を希望するのであれば、まずは会社勤めをしてスキルとキャリアを積んでみてはいかがでしょうか。そして、その経験を以て在宅勤務可能な案件に応募すれば未経験で応募するより採用されやすくなることが見込めます。自分が望む条件を獲得するためにも、まずはしっかりと基礎固めを行いましょう。

在宅ワークは主婦にも人気なの?

主婦は今、必要な人材でもある

人手不足が叫ばれて久しい昨今ですが、それを解消するために主婦が働きやすい環境を整えて働いてもらおうという動きがあります。そのために扶養枠を拡張する等様々な取り組みが行われているのですが、在宅ワークの推進もその一つと言えるのではないでしょうか。

家事や育児と両立できるから人気

主婦は基本的に忙しい毎日を過ごしています。料理や洗濯等の家事に加え、子供が幼いのであれば育児等にも手間をかける必要があるでしょう。そのため、主婦が実際に働くのはまだまだ大変なご時世ですが、在宅ワークであれば時間や場所の問題を解決することが可能です。それにより、家事や育児と仕事を両立させることもできるのではないでしょうか。

政府も女性の人材確保することが目的

人手不足を解消するために、政府も女性の人材を確保しようと努めています。一昔前であれば女性は結婚と共に退職し、専業主婦になることを選択する人も多かったのですが、昨今は結婚後も共働きを選択する人が増えているという背景があります。そのため、女性の人材を活用すべく政府革も扶養枠を拡張したり、在宅ワークを推進したり、様々な工夫をこらしています。

まとめ

プログラマーは在宅案件の中でも比較的高報酬かつ案件数も多いと言われています。そのため、しっかりとしたスキルやキャリアを積んでいれば自分の望む環境で働くこともでき、時間を有意義に使えるでしょう。そのため、育児や家事との両立もしやすく、女性からも人気の職種と言えるのではないでしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る