フリーランスは個人と事業用口座を分けるべき?方法とおすすめ銀行を紹介

フリーランスとしての口座と個人の口座を一緒にしている人も多いのではないでしょうか?しかし、口座を分けると、分けないのに比べて様々なメリットがあります。こちらでは、口座を分けるのをおすすめする理由、分ける手順、おすすめの銀行を紹介しています。

事業用口座を作る(分ける)べき理由

財政状況を把握しやすい

事業とプライベートを同じ口座にしていると、どこまでが事業の収支なのか分かりません。結果財政状況が把握しにくくなり、今後どの程度売り上げが必要なのか目標が立てにくくなります。事業とプライベートで口座を分けておくことで財政状況を簡単に把握することが可能です。

会計管理がスムーズにできる

確定申告で青色申告をする場合、複式簿記での記入が求められます。複式簿記ではお金の増減だけではなく、そのお金がどこから発生したのか、何に使ったのかという細かいところまで記入しなくてはなりません。

口座を分けた方がお金の流れをスムーズに把握・記入でき、結果として確定申告の際の会計業務にかける時間を減らすことが可能です。またクラウド型の会計ソフトは銀行口座と同期できるものが多いので、口座を分けておくことで会計ソフトの機能を効果的に使うことができます。

税務調査にもスムーズに対応可能

税務調査では事業で利用している通帳の内容をチェックされます。口座が分かれていないと、プライベートに使ったお金まで調査されてしまいます。プライベートでかかった費用を事業用として計上していないかと、審査が厳しくなることもあるので税務調査をスムーズに対応するためにも、口座を分けておいた方が安心です。

屋号名での口座の作り方

屋号名での口座開設の条件

屋号名で口座を作るには、窓口でしか受け付けてもらえないことがほとんどです。また、自宅・事務所の最寄りでしか開設できません。さらに、開業届を持参する必要があります。

個人口座を開設する時と比べ、制限が多くなっているのがわかります。また、開設までの所要時間も、屋号名での開設の方が長くなります。

口座開設の手順

屋号名で口座開設をするには、以下の書類が必要です。

  • 本人確認書類
  • 印鑑
  • 開業届出書
  • 屋号を確認できるもの(ウェブサイト、納税証明書、確定申告書控え等)

さらに、銀行によって、事務所の賃貸契約書などが必要になることもありますので、開設したい銀行の公式サイトなどで確認しましょう。また、開業届出書はコピーで良いのか原本なのか等も確認が必要です。

銀行によっては、法人か個人でしか口座開設ができない場合もあります。個人事業主の屋号名での口座は、「営業性個人口座」「個人ビジネス口座」などの名前になっていることが多いです。事前に確認しておきましょう。

開業届の書き方と作成時のポイント
開業届出書(開業届)は、個人事業主が開業後1ヶ月以内に提出する必要があります。しかし、提出していなくとも特に罰則がないため、提出していない方もいるかもしれません。こちらの記事では、屋号名での口座開設など、開業届を提出するメリットを紹介しています。

屋号名で口座開設するメリットは?

信用度が高い

屋号名での銀行口座の開設には基本的に審査を通る必要があります。屋号名で口座を開設しているということは審査をクリアしているということであり、相手からの信用を得やすくなります。

また、屋号名で口座を持っているということは、本腰を入れて事業をしているという印象を受けます。それは取引相手からの信用につながることに加え、自分のモチベーションを高めることにもつながります。個人との取引を嫌う相手もいるので、機会を逃さぬよう屋号名での口座を開設しておきましょう。

事業内容が伝わりやすい

屋号名が事業の内容と関連していると、相手は屋号名から事業の内容をおおまかに把握することができます。銀行口座に限ったことではありませんが、自分の事業をわかりやすくアピールするためにも、屋号は積極的に使って行きましょう。特に強いこだわりが無ければ、屋号名は事業内容に沿うようなものにしておくとよいでしょう。

屋号の決め方やポイントのまとめ
フリーランスが屋号を決めるときにおさえておきたいポイントを解説しています。屋号は変更も可能ですが、クライアントに覚えてもらうためには、あらゆるポイントをおさえた屋号を長く使いたいものです。屋号は基本的に自由ですが、使用不可な言葉もありますので、こちらで確認してください。

本名を伏せて振込先を指定可能

ビジネスを行う際に個人名を伏せて取引を行ないたい場合があるかもしれません。屋号名で口座を開設しておくと本名を伏せて振込先を指定可能です。

個人の口座で偽名やビジネスネームの使用はできないので、知らない相手に本名を知られたくない方は屋号名での口座の開設をおすすめします。銀行によっては、取引先に本名を伏せるのに別途手続きが必要な場合もあるので、窓口で確認しておきましょう。

銀行の種類

メガバンク

知名度が高いので相手からの信頼性は高いです。利用者が多いので全国のあらゆる場所にATMや支店設置されており利用もしやすいのも利点の一つでしょう。利用者の多いということは取引先も同じ銀行の口座を持っている可能性があり、同じ銀行同士での金銭のやり取りである場合、振込手数料などの負担を減らせます。

手続きを行う際は、事務所もしくは自宅から最寄りの窓口で手続きを行わなくてはならないので注意が必要です。審査は厳しく行われるケースが多く事前の準備が必要になります。

ネットバンク

自宅や外出先からネットを通しての管理が可能です。手数料が無料である場合が多いのも利点の一つでしょう。口座開設までに必要な書類が、メガバンクより少なく済む傾向にあります。

しかし、メガバンクなどと比べ社会的な信頼が得られにくいこともあり、取引先によっては取引に使用不可としている場合があるので利用には注意が必要です。

信用金庫

中小企業や個人事業主対象としている銀行です。そのためフリーランスが口座を開設しやすいのが最大の利点です。将来的に融資を考えている方は長く取引するほどに信頼が高まり、融資などのメリットを受けやすくなります。

利用するための条件として営業している地域に住んでいるか働いている必要があり、加え1万円程度の出資を行うことで利用することが可能です。出資に関してはその銀行での取引をやめてしまえば出資金は基本的に戻ってきますし、出資したことにより配当金を受け取れることもあります。

フリーランスにおすすめの銀行

ゆうちょ銀行

他の銀行の口座名「屋号名+個人名」が一般的ですが、ゆうちょは「屋号名のみ」の口座が開設可能です。ゆうちょのATMを利用すると手数料がかからず、また郵便局は日本のどの地域にもあるので、ATMの利用が多い方には便利と言えるでしょう。

また、ファミリーマートとゆうちょは強く連携しており、一部時間帯手数料が無料だったり、ゆうちょのATMが設置してある店舗も多いです。またゆうちょダイレクトというサービスを利用することで、ネット上で口座を管理できるのも大きな利点です。

ジャパンネット銀行

こちらはネットバンクで知名度が高いです。ネット上でスムーズに明細管理できるのが利点です。ほとんどのコンビニATMに対応しているのでお金の出し入れに困るということはないでしょう。万が一不正利用されるようなことがあって損失が発生しても500万円まで保証してもらえるので安心して利用することができます。

楽天銀行

ネットバンクで、個人用の銀行口座に屋号をつけることが可能です。また各種サービスを利用することで楽天スーパーポイントが付与され、ポイントは普段の小さな買い物などに利用できます。こちらもセブンイレブンやゆうちょなど、さまざまなATMからの利用がお金の出し入れが可能です。

利用頻度ごとに、振込みなどの手数料が毎月回数限定で無料になるサービスもあり、外部サービスとの連携も多いのでうまく利用することで利便性を確保しつつ手数料などのコストを抑えることができます。

まとめ

選ぶ銀行ひとつで相手からの信頼感が変わったりしてきます。ひとつの銀行を長く利用することで得られるメリットがあったり利用している銀行から融資を受けやすくなったりします。それぞれメリット、デメリットがあるのでそれを考慮したうえで長く利用していけそうな銀行を選ぶことができればよいと思います。

関連記事

ページ上部へ戻る