フリーランスの40代と50代の実態は?年収・悩み・仕事の需要を解説

今回は、中小企業庁がフリーランスについてまとめたデータを基に、40代50代のフリーランスの実態について解説していきます。年収のことから、働くことへの悩み、またフリーランスとして活躍する方法などに触れていきたいと思います。

40代50代のフリーランスの実態

全体の7割以上

中小企業庁がまとめた2015年版小規模企業白書によれば、フリーランスに占める40代50代の割合は全体の約75%であることが分かりました。最多となったのは50代の38%、次いで多かったのが40代の36%です。フリーランスは新しい働き方として認知度が高まりつつあるため、20代30代が多いイメージを持つ方もいるかもしれませんが、実際は40代50代がフリーランス業界を形成しています。

専門・技術サービス業が多い

40代50代のフリーランスがもっとも集中している分野は、専門・技術サービス業です。続く分野は情報通信業であり、デザインや出版、翻訳業などにも40代50代のフリーランスが目立ちます。小規模企業白書のアンケートでは8割の方が「主業にしている」と答えたことから、専門・技術サービス業や情報通信業で生計を立てている人が多いことが分かります。

フリーランスの手取り平均は300万

フリーランス全体の手取り平均が300万円とされていますが、40代50代が7割以上を占めることを考えると、300万円前後が40代50代の手取り平均といえます。国税局が2015年にまとめた民間給与の実態調査結果によれば、会社員の40代50代の年収が600~640万円とされているので、フリーランスは同世代の会社員よりも収入が低い傾向にあります。

フリーランスを始めるなら何歳から?

30代が一番多い

フリーランスを始める年齢としてもっとも多いのは30代です。20代で培ったスキルや積み上げた経験を武器として働き始められるため、フリーランスに踏み出す年齢としては手堅いといえます。多少の無理をできる体力があることも、30代でフリーランスを始める強みです。

30代40代に始めた人が6割

フリーランスを始める年齢を全体で見た場合は、30代40代から始めている人が6割を占めます。ある程度のスキルや経験が身についていることに加えて、信頼できる人脈が形成されている年代でもあるので、コネやツテなどの要素がフリーランスへ後押しする形となっています。

20代で始める人も約20%

20代でフリーランスを始める人は、全体の20%ほどです。30代40代に比べればスキルも経験も不足していますが、体力や気力でカバーできる点は若さゆえの特権といえます。ほかの年代よりもフリーランスとしての経験を多く積めるため、長期で見た場合には有利になる可能性もあります。

40代50代のフリーランスの悩み

同世代と比べて年収が上らない

40代50代のフリーランスは、同世代の会社員と比べて年収が上がりづらい傾向にあります。2015年版小規模企業白書の手取りに関するアンケートでは、全体の80%以上の方が「横ばい」「減少傾向」と答えていることから、年収の増加は難しいのが実情です。年収の増加を望むのであれば、ほかのフリーランスにはない付加価値を持つことや副業で収入を増やすなど、何かしらの対策を立てなければいけません。

社会保険や老後資金の不安

社会保険や老後資金に対する不安は、40代50代のフリーランスが抱える悩みの1つです。会社員の社会保険は保険料の半分を会社が負担してくれますが、フリーランスの場合は全額を負担しなければいけません。

また、会社員が国民年金と厚生年金を受け取れる一方、フリーランスは国民年金のみ受け取ることになります。社会保険についても年金についてもフリーランスは会社員よりも不利な立場にあるので、保険料を減らし年金を増やすことに頭を使う必要があります。

体力や気力に限界を感じる

40代50代のフリーランスの中には、体力や気力に限界を感じる方もいます。以前は難なくこなせていた徹夜の仕事ができなくなったり、新しい知識を吸収するためのモチベーションが保てなくなったりと、年齢による衰えはフリーランスを悩ませる要因です。

身体を鍛えることや食生活に気を配ることである程度の維持はできますが、不安がなくなるまでには至らないといえます。それよりも「講師としてセミナーを開催する」「企画を立ち上げる側に回る」など、無理をしない働き方にシフトするのが現実的方法です。

1000万を超えるのは全体の何%?

37万人が1000万プレイヤー

2016年版小規模企業白書によれば、日本国内におけるフリーランスの中で年収1,000万円を超える人は全体の3%であるとされています。フリーランス人口が1,228万人であることを考えれば、1,000万プレイヤーはおよそ37万人です。さらに、40代50代がフリーランスの75%を占めていることを加えると、40代50代で1,000万円を稼ぐフリーランスは約28万人となります。

エンジニアなどの専門職種に多い

年収が1,000万円を超えるフリーランスに多い職種は、エンジニアを始めとした専門職種です。なかでもエンジニアはフリーランスとなった場合に年収が上がる可能性が高く、平均年収はトップクラスの700~1,200万円となっています。年収1,000万円を超えるためにはマーケティング能力や営業力などが必要になりますが、決して達成できない年収とはいえません。

40代50代フリーランスが活躍する方法

セミナー講師やアドバイザーになる

必ずしも自分自身が手を動かして働くといった方法ばかりではありません。20代、30代で得てきた仕事経験や知識を活かして、コンサルタント、アドバイザー、セミナーの講師などの指導者の立場で働くことも考えられるでしょう。

フリーランスコンサルタントの年収やマッチングサイトの紹介
フリーコンサルタントの仕事内容は、依頼される企業によって様々です。主に企業の経営状況について分析をして、問題があれば改善策を提案、また売上UPのための施策案や事業拡大を支援するためのアドバイスを行います。ここでは、コンサルタントの年収や仕事探しを手助けしてくれるマッチンサイトも紹介します。

最新の技術や知識を勉強する

特にIT系の仕事になると、技術のトレンドがとても速く常に最新技術の収集をしなければなりません。年齢が高くなるほど、技術についていけなくなるという方が多く、40代50代で仕事が減ると言われています。自分の技術を磨き最新の技術に触れて受注できる案件を増やす努力は必要です。

クラウドソーシングやエージェントを活用する

クラウドソーシングサイトを活用する場合は、年齢不問の案件で且つ仕事内容も多岐にわたっているので、スキルを活かした仕事を見つけやすいでしょう。またライティング案件であれば、初心者向けの簡単なライティングから、専門分野に特化したライティングなど経験に応じた案件が掲示されています。

またエージェントを活用する場合、20代、30代向けの案件が中心なため40代50代と歳が上がるほど、紹介できる案件の数が減ります。一方でスキルや資格を保持してる、コミュニケーション能力が高い、技術職で上流工程の経験が豊富であれば、それなりの需要も見込めるでしょう。

クラウドソーシングの仕事まとめ
クラウドソーシングの仕事というと何を思い浮かべますか?ライティングやデザイン、ホームページ作成の仕事などはもちろんですが、それ以外にも沢山のお仕事があるのはご存知ですか?ここではクラウドソーシングのお仕事の種類をまとめてみました。

まとめ

40代50代でフリーランスをしている方は多く、職種によっては年収1,000万円以上の高収入を得られる可能性もあります。しかし、40代50代がフリーランスとして働くには、収入の不安定さを始めとしたさまざまなリスクも付きまとうため、無理のない働き方ができるかどうかを総合的に判断するようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る