未経験者でもフリーランスエンジニアになれる?手段や必要なこと

未経験でもフリーランスエンジニアになることは可能です。ここでは未経験者がフリーランスエンジニアになるための方法や必要なことを解説します。常に最新の技術を学ぶ姿勢が大事ですが、フリーランスエンジニアになれば働く時間や場所を自分で自由に選ぶことができ、受注する案件によって高報酬も見込めます。

未経験からエンジニアになるには

独学は挫折する人が多い

未経験からエンジニアになる際の選択肢の一つとして独学で技術を習得するというものが挙げられますが、独学は挫折する人が多い傾向にあります。エンジニアとして求められる技術分野は多岐に渡り、またどの教材で学習するかを自分で選択する必要もあるため、自分に適した学習教材を見つけるだけでも一苦労でしょう。独学よりは近道とされる方法を3つ紹介します。

教室やオンラインスクールに通う

未経験からエンジニアになる際の選択肢としては、教室やオンラインスクールに通うというものも挙げられます。教室やスクールであれば専門講師から直接教わることが可能なため、独学に比べるとハードルは低いと言えるでしょう。また、自分のレベルに合わせて段階的に学習できる点も魅力です。

プログラミングスクールの選び方
プログラミングスクールの利点は学習方法の効率の良さ、さらにサポートも受けられことでしょう。プログラミングスクールは数多く存在しています。ここではプログラミングスクスクールのタイプや選ぶ際の注意点について解説します。

研修を行っている会社に入る

思い切って未経験可の会社に応募してみるというのも一つの手です。未経験者を採用している会社は入社後に研修を行っているところが多く、その場合は給与を得ながら技術を学ぶことも可能でしょう。質の高い研修を行っている会社に入社することができれば、研修後も順調にキャリアを積むこともできるでしょう。

大学生でプログラミングのバイト

大学生であれば、プログラミングのバイトに応募するというのもエンジニアへの第一歩です。アルバイトであれば正社員ほど高度なスキルは求められないものの、業務としてプログラミングに関わることができるため、学生の内から実務経験とスキルを得ることができるでしょう。

エンジニアがフリーランスになるには

バイトや実務経験が必要

エンジニアとして働くにあたってはフリーランスという選択肢も視野に入れることが可能です。しかし、未経験からフリーランスエンジニアになることは難しいため、まずはバイトや就職等で実務経験を積む必要があるでしょう。多くの案件には「実務経験◯年以上」という条件が設けられています。

プログラマーとしてのスキル

フリーランスエンジニアになるには実務経験と共にプログラマーとしての確たるスキルを身につけておくことも大切です。技術の世界は実力主義と言われており、また分野によってはトレンドの移り変わりも激しいため、フリーランスとして働くには常にスキルアップを見据えて勉強し続ける必要があります。

案件の確保や交渉

フリーランスエンジニアは案件が受注できないと報酬を得ることができないため、常に一定の案件を確保しておく必要があるでしょう。その際、できることによって取れる仕事が変わってくるため、一つの分野だけではなく複数の分野に精通していることが求められる場合もあります。また、交渉の仕方によって単価や条件が変わってくることもあるため、技術だけではなく法律や交渉に関する知識も学んでおきましょう。

未経験やスキル不足でも働ける?

「未経験可」という求人も

IT業界ではエンジニア不足が続いている実情があります。そのため「未経験可」という求人も存在しており、求人の幅が広がっています。完全未経験で受注できる案件は多くはないかもしれませんが、スクール等でしっかりと学んだことをアピールすれば受注できるものもあるでしょう。また「コミュニケーション能力」「継続力」なども重要で、長期で仕事をすれば「業務知識」や「専門性」が身につくと考えられているからだと言えます。

フリーランス向けサイトも多い

フリーランス向けサイトの数も多くなってきています。フリーランスとして働く際には本業以外にやらなければならないことも多いのですが、フリーランス向けサイトを利用することによって手間を削減することもできるでしょう。

フリーランスエンジニアに強い求人サイトを紹介
フリーランスになると仕事を探す際に、ぜひ活用したいのが求人サイト。「ビジネスマッチングサイト」や「クラウドソーシングサイト」、「エージェントサイト」などがありますが、
サイトごとに職種や仕事内容は様々です。サイトそれぞれのメリットとデメリットを紹介します。自分に合ったサイトを見つけて登録することをおすすめします。

フリーランスエンジニアの利点

女性でも在宅で働ける

フリーランスエンジニアの利点としては、時間と場所に左右されることなく自由に働けるという点が挙げられます。在宅で働けるという点は特に子育て中の女性に人気が高く、案件の内容によりますが子供の面倒を見ながら自宅で空き時間に働くといったことも可能となるでしょう。

仕事が選べて通勤時間もない

仕事を自分で選ぶことができて通勤時間もないといった点もフリーランスエンジニアのメリットです。会社で働いていると、どうしても自分が望まないプロジェクトにも参加せざるをえませんが、フリーランスであれば案件を自分で選べるため、そのようなミスマッチはありません。また、通勤時間がかからないため、その分仕事に時間を費やすことも可能です。

フリーランスエンジニアの不安


フリーランスエンジニアはどのような案件を受注するかによって報酬が変わります。そして、良い条件の案件を受注するためには高いスキルレベルを求められることが多いため、どれだけ稼げるかは自分次第になるでしょう。

フリーランスエンジニアに必要なスキルと案件別相場・年収
フリーランスのエンジニアは、経験値やスキルによって手取りが異なります。ここでは、「クラウドテック」業務委託案件を参考にした金額の相場や、また「Java」や「PHP」など企業から求められている言語について解説します。

新しい技術や年齢の壁

技術の世界はトレンドの移り変わりが速く、数年前に主流だったものがもう古い技術だとされてしまうこともあります。そのため、フリーランスエンジニアとして活躍するためには常に新しい技術を勉強し続ける必要があるでしょう。

エンジニアが情報収集する際に便利なサイトを紹介
IT業界の技術は進歩の度合いが急速です。スキルや経験の有無を問わず、技術に関する情報は日常的に収集して日々勉強を続けていきましょう。ここではエンジニアならおさえておきたい、情報収集をする際に便利なサイトを紹介します。

まとめ

フリーランスエンジニアは自分で自由に案件を選べ、また働く場所や時間も自分で自由に決めることができます。しかし、その反面全てが自己責任の世界であり、案件が受注できなかったら報酬がゼロになってしまうという面もあるでしょう。そうならないよう、常に勉強し続け、スキルアップを図ることが大切です。

関連記事

ページ上部へ戻る