旅行用のカメラならこれ!持ち運びも便利なおすすめ5商品をご紹介

旅行に欠かせない、思い出を記録するカメラ。昔はフィルムカメラという選択肢が中心でしたが、現在はデジタルカメラからスマートフォンでの撮影など、様々な手段を選択できるようになってきました。今回は旅行をする上で、荷物を軽く済ますことができる拡張レンズと、旅行だけでなくアウトドアにも役立つデジカメを紹介します。

スマホ撮影の幅を広げる拡張レンズ

カメラ,kuguru,クグル,くぐる

「旅にカメラを持っていくのはちょっと荷物も増えるので辛い…でもきれいな写真を撮影したい。」という方はコンパクトな拡張レンズを使ってみてはいかがでしょうか?

拡張レンズとは主にクリップのような形で、スマホに直接取り付けて撮影の機能を拡張できるレンズで、「もっと広角で撮りたい」「ほんの少しでもボケがほしい」という場合に活躍するレンズです。

広角、マクロ、魚眼、ズームや望遠などの機能を中心に、さまざまなメーカーからレンズが発売されています。

旅にオススメの拡張レンズ3選

とにかく綺麗な写真を撮りたい。という方にオススメの「Moment Lens」シリーズ

こちらのレンズはビデオレンズなどの技術が投入されており、写りに関して評判が高く、クオリティの面でオススメの商品です。現在は望遠、マクロ、広角、魚眼レンズがラインナップされています。

1つ1つ手作業で組み立てられており、一般的な拡張レンズとは一線を画し、所有欲を満たせる商品ともなっています。注意点として、対応しているスマートフォンの機種には限りがあるので公式サイトで購入する前に確認をしましょう。「旅の思い出を鮮明に、クオリティ高く残したい」という方には最適の商品です。

コストパフォーマンスが高い「AUKEY スマホ カメラレンズキット 2in1」

こちらの商品の魅力はまず、コストパフォーマンスです。価格帯は2000円台後半というものですが、広角レンズとマクロレンズがセットとなっているので、「まずスマートフォンの拡張レンズをためしてみたい」という方にオススメのレンズ。

品質においても優れた光学レンズが採用されており、「値段も安いので、写りもそれなりである。」というわけではありません。「とりあえず旅行に持っていきたい」という方は入門としていかがでしょうか?

超広角レンズで大人数のセルフィーを楽しめる?「Bingo スマホ用カメラレンズ」

人の視野角度を超えた広さの238°で撮影が可能なこの商品は、通常のままだとカメラのフレームに収まり切れない旅の風景の撮影や、大人数でセルフィー撮影を行う際に便利な商品です。

対応機種も幅広く90%以上のスマートフォン、タブレットに対応しているので、「旅先で風景など広い範囲を撮影したい」と目的が決まっている方は、こちらのレンズを選んでみてはいかがでしょうか?

アウトドアや旅でバックに忍ばせたいカメラ

女性,カメラ,kuguru,クグル,くぐる

「スマートフォンの拡張レンズも良いけど、アウトドアでの使用は不安」という方や、「もう少し面白い写真を撮りたい」という方に向けて、少し特徴的な2つのカメラをご紹介します。

旅の思い出の写真をより楽しく撮影できたり、アウトドアシーンや野外のアクティビティにて使用することを想定されていたりするので、大いに活躍するでしょう。

旅行やアウトドアにオススメのカメラ2選

キャンプや野外のアクティビティにオススメの「RICOH WG-50」

小型なボディに水深14mまで撮影可能な防水性能や、高さ1.6mからの対落下衝撃性能を搭載し、キャンプや野外のアクティビティに頻繁に行く方にはオススメのコンパクトデジタルカメラです。

レンズの周りにLED補助光が6灯配置されており、自撮りの際にカメラに検出された人物の顔が規定のフレーム内に収まっているか、LEDの位置で確認を行いながら撮影が可能な「自分撮りアシスト機能」が搭載されています。

大人数でのキャンプや、激しい野外のアクティビティなどにピッタリのカメラです。

旅行や複数名での撮影が思い出に残る「RICOH THETAシリーズ」

「RICOH THETAシリーズ」は1回の撮影で360°全体を撮影できるデジタルカメラです。旅行で訪れた歴史的な建造物を撮影したい場合や、大人数での旅行などにおいて景観を360°余すところなく捉え、他のデジタルカメラにはない臨場感を持った撮影が可能です。

また通常のデジタルカメラとは違い、重さは「THETA S」が125g、「THETA SC」が102gと軽く、旅先での荷物にならないのも旅行時には魅力的。全天球撮影された画像は、臨場感やインパクトが通常の写真とは一味違いますので、思い出にも残りやすいでしょう。

まとめ

今回は旅やアウトドアでの活動にあわせたカメラやガジェットを紹介しました。旅の内容や目的に合わせて撮影するための道具を自分なりに探してみると、新しい発見があり、撮影した写真と共に思い出も鮮明に残すことができます。みなさんもぜひ、自分なりの旅行用のカメラやガジェットを探してみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る