「拝見する」を正しく使うには?二重敬語に気をつけることが大事

ビジネスシーンで「拝見」という言葉を使うことは多いのではないでしょうか。上司や取引先とのやり取りで、何かに目を通す際に使われていますが、文法的に誤った使い方をしないよう注意が必要です。「拝見」を使うときに気をつけるべきことや、「拝読」との違いなどを解説します。

「拝見する」の意味は?

「見る」の謙譲語

「拝見」とは、「見る」という言葉の謙譲語です。上司や取引先に対して、資料やメールに目を通し確認した際、あるいはこれから確認することを伝える際に、「拝見します」「拝見しました」というように使います。

「拝」は、相手に敬意を示す際に、自分の行動の頭につける文字です。「拝見」「拝聴」など「拝」がつく行動は、相手を敬い、つつしんで何かをすることであると理解しましょう。

「拝見いたします」という表現は正しい?

二重敬語のため間違っている

「いたします」は「する」の謙譲語で、「拝見いたします」という表現は二重敬語になってしまいます。「拝見」自体が謙譲語であるため、「拝見します」とするのが正解です。

「いたします」は丁寧な表現として便利に使うことができますが、それ自体が謙譲語であるため、他の謙譲語と組み合わせて二重敬語にならないように注意しましょう。文法的に誤っている二重敬語を使うことは、相手に対して失礼に当たります。

「拝見させていただきます」も間違い

ビジネスシーンで目上の人に対し、より丁寧に伝えようとして「拝見させていただきます」と言う人がいます。しかし、これも二重敬語のため間違った表現です。

「させていただく」という言葉自体、使い方に気をつける必要があります。こちらも「する」の謙譲語ですが、誰かの許可をもらい恩恵を受けている状態で、「いたします」とも異なるニュアンスの表現です。丁寧に伝えようとして、間違った文法にならないよう注意しましょう。

「拝見」は目上の人が見る時も使える?

謙譲語なので使えない

目上の相手に対して、自分がへりくだる表現をするのが「謙譲語」です。「拝見」は謙譲語であるため、自分が何かを見る場面で使うことができます。行動の主体である自分よりも、相手を上の立場に置き敬う表現です。

そのため、自分から見て目上の人が何かを見るときに「拝見」を使うことは失礼に当たります。上司に「拝見してください」「拝見お願いします」と伝えることのないよう気をつけましょう。

目上の人には尊敬語を使うべき

上司や取引先など、目上の人が行動の主体となる場合は「尊敬語」を使うべきです。「見る」の尊敬語は「ご覧になる」で、相手に何かを見ることをお願いする場合は、「ご覧ください」「ご覧いただけると幸いです」というように伝えます。

目上の人に対して謙譲語を使ったり、自分に対して尊敬語を使ったりしないよう注意しましょう。

「拝見する」に似ている言葉

「拝聴」

「拝聴」は「聴く」の謙譲語で、「拝見」と同じように、つつしんで聴く、という意味合いです。上司など目上の人の話を聴くとき、「拝聴します」というように使います。

講演やプレゼンテーションなど、ビジネスシーンでは自分が話すだけでなく、相手の話を聴く場面も多いです。「聴く」の謙譲語は他にも「伺う」などがありますが、「拝聴」の方がより敬意を示すことができるでしょう。

「拝読」

「拝読」は「読む」の謙譲語で、何かを読む時に使います。こちらもつつしんで読む、という意味です。取引先から送られてきた資料などに目を通すとき、「拝読します」というように使います。

また、「読む」の尊敬語は「お読みになる」「読まれる」です。目上の人に対しての「拝読してください」という表現は「拝見」同様誤りのため、注意しましょう。

「拝見」と「拝読」はどう違う?

「拝見」は見るもの全部に使える

「拝見」は、文書や図、絵、グラフ、景色など、目で見ることのできるもの全てに使うことができます。目を通すべき資料の内容が、文章だけでなく図面やグラフも含んでいる場合は、「拝見」を使いましょう。

また、「拝見」は相手が作成したものでなくても使えるケースがあります。例えば、上司に紹介された映画を観たとき、取引先のコマーシャルを目にしたときなども、「拝見しました」と伝えて良いでしょう。

「拝読」は文字を読む場合のみ

「拝見」と異なり、「拝読」は文字で書かれたものを読む場合にのみ使える表現です。資料に図や表など、文章以外の視覚情報がある場合は「拝見」が適切ですが、文章のみの場合は「拝読」を使っても構いません。送られたメールや文書に目を通した際、「じっくり読みました」という意味を込めて、「拝読しました」と伝えましょう。

場面によって使い分けるべき

「拝見」と「拝読」は、何に目を通すのかによって使い分けることができます。「拝見」は図や表なども含めて、目に見えるもの全てに使える便利な表現です。しかし文書の場合は、「拝読」を使った方がじっくり読んだ印象が伝わり、相手に好印象を与えられます。

そもそも「拝見」や「拝読」は、相手を敬い、つつしんで目を通すことを伝える言葉です。相手に敬意を伝えるためにも、より適切で、良い印象を与える方を選びましょう。

まとめ

「拝見」や「拝読」はメールなどで使用する機会も多い表現でしょう。「尊敬語」と「謙譲語」を適切に使うことは、他者と協調していくビジネスにおいて重要です。些細なやり取りが互いの信頼関係に大きな影響を及ぼすこともあります。相手に好印象を持ってもらえるように、場面に適した表現を使っていきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る