フリーランスから会社員に戻りたいのはどんな時?戻る方法や注意点

フリーランスから会社員に戻る理由には、どのようなものがあるのでしょうか。フリーランスを始める前に、不満になりがちな点について知っておきましょう。また、実際に会社印に戻る方法や、フリーランスから会社員になった時に注意する点についても紹介しています。

フリーランスから会社員に戻る理由

金銭的に不安定

フリーランスから会社員に戻る理由としては、まず金銭的な不安定さが挙げられます。フリーランスで働く場合は仕事を自分で獲得する必要があります。多くの案件を受けることができれば、企業に所属していた頃よりも高い月給で働くことができますが、それができない場合は収入がゼロになってしまうこともあるでしょう。

正社員であれば毎日決まった時間に会社へ行き仕事をしていれば月給は保障されるため、フリーランスと比べると安定した生活を送ることができるのではないでしょうか。

社会的な信用や地位の問題

正社員はフリーランスに比べると社会的な信用や地位が高いため、それを求めて会社員に戻るというケースもあるでしょう。フリーランスで働いているとクレジットやローンの審査に通りにくく、大きな買い物をすることが難しいという懸念があります。一方で正社員ならローン等に通りやすく、勤続年数が長い場合は住宅ローンを組むこともできるでしょう。

フリーランスは事業用のクレジットカードを作ることができる?
フリーランスとして働いていると、会社員の時に比べてクレジットカードが作りにくくなる傾向にあります。しかし、自分で収支管理をしなければならないフリーランスだからこそ、事業用のクレジットカードを持っておくと便利です。こちらの記事では、クレジットカードの審査に通りやすいフリーランスの特徴や、フリーランス向けカードの紹介をしています。
フリーランスは賃貸を借りにくい?
フリーランスは、収入の不安定さから、入居審査に通りにくいことがあります。こちらの記事では、民間賃貸・UR物件の審査の通りやすさや、審査の時にプラスになる要素を紹介しています。

年齢面からの将来不安

若いうちはフリーランスという働き方でも問題ないという見方もできますが、問題は40〜50代になってからです。40代や50代のフリーランスは仕事が取りにくいという事実もあり、その年代になると、会社員の方が年収は高くなるというケースもあるでしょう。

40代・50代フリーランスの悩みと年収
フリーランスは若い世代の新しい働き方というイメージを持っている方もいるかもしれませんが、実際はフリーランスの7割以上が40代・50代と言われています。40代・50代でフリーランスをしている時にありがちな悩みや、年収1,000万円の大台を超える人が何%イルカなどの実態を記載しています。

新しいチャレンジがしにくい

フリーランスは確定申告を含む税務や様々な手続き等を行う必要があり、場合によっては本業以上に時間を取られてしまいます。また仕事を詰め込みすぎてしまい、結果的に仕事をこなすことに手一杯になり新しいチャレンジがしにくくなってしまうということもあるでしょう。

会社員であれば、失敗経験を積んで成長し、将来的に会社に貢献することを期待して、経験のない仕事を任せてもらえることもあります。一人前の仕事はできない状態でも、ポテンシャルを見込んでチャンスをもらうこともあるのです。しかし、フリーランスの場合は成果物と報酬の交換なので、仕事がうまくいかなかった場合は報酬をもらうことができません。「この才能がありそうだから、失敗のリスクを負ってでもこの仕事にチャレンジさせよう。」と判断してくれる上司はいないということです。

幅広い業務を担う精神的な負担

前述した通り、フリーランスは本業以外にも様々な業務を行う必要があり、時にはそれが思わぬ負担を強いてしまう可能性があります。本業の納期が忙しいのに税務申告をしなければならない等が該当しますが、精神的な負担も大きく感じることもあるでしょう。

休日返上で長時間労働になりやすい

フリーランスは会社員のような決まった休日がないため、自分で意図的に休日を設定しなければ休みが取れません。しかし、フリーランスとして働く際には仕事を獲得し案件をこなさないと報酬が発生しないというのも事実です。そのため、時期によっては休日を返上して長時間労働をこなさなければならないこともあるでしょう。

フリーランスとしてのスキルを身につければ、会社員より少ない労働時間で満足のいく報酬を得たり、自分の好きなスケジュールで働いたりできます。しかしその分、上手くいかない状況では、無限に労働時間が伸びたり、深夜に働かざるを得なかったりします。

フリーランスから正社員に戻れる?

求人サービスを利用して再就職

フリーランスから会社員に戻る場合は、転職と同じように、求人サービスに登録して仕事を探します。フリーランスからの再就職を強化しているサービスもありますが、基本的にはどのようなサービスでも受け入れています。

取引先からオファーを受けるケースも

フリーランスとして働いている際、一緒に仕事をしているクライアントからオファーを受けて会社員に戻るというケースもあります。その場合はお互いに人間性やスキル等を把握しているため、採用後のミスマッチが少ないことが期待できるでしょう。

フリーランスの経験は活かせる

企業によっては、フリーランスの経験を高く買ってくれるところもあります。自分ひとりで仕事探し、案件管理、経理処理などをやっていたわけですから、その能力や根気を評価してくれるかもしれません。

再就職の際は、フリーランスから会社員に戻る理由を説明できるようにしていきましょう。信頼や報酬、安定などの理由もあるかと思いますが、それだけでは採用する側のメリットがありません。「フリーランスを経験したからこそ、会社員としてこのような価値を発揮できる。」という点を伝えるようにしましょう。

会社員に戻るときの注意点

細かい指示があることを理解する

フリーランスは基本的に企業と業務委託契約を結んで働きます。業務委託契約は、成果物と報酬の交換を約束するものなので、仕事に関する細かな指示はあまりありません。基本的には、いつどこで仕事をしようと、納期までに条件通りの成果物を納品すればOKです。

しかし、会社員として働く場合は、いつどこで何をするか、細かく指示を出されるでしょう。フリーランスの働き方に慣れていると、非効率で窮屈に感じるかもしれません。会社員に戻るのであれば、自分の業務に細かな指示が飛んでくる覚悟をしておきましょう。

コミュニケーションの取り方を見直す

フリーランスとして働くにあたってのコミュニケーションはシンプルな傾向にあります。基本的には特定のタスクをするため、クライアントと1対1で行うものが多いでしょう。

しかし、会社員として働く場合は一つの仕事に対して社内外の様々な思惑が絡んでくるため、それをしっかりと判断する必要があります。そのため、フリーランスから会社員に戻る際には一度コミュニケーションの取り方を見直すことをお薦めします。

担当業務以外の仕事もあることを理解

フリーランスから会社員に戻る際の注意点としては、自分が担当している業務以外の仕事もあるということが挙げられます。フリーランスとは違い、会社員としての仕事は包括的なものになるため、自分の専門分野のみを突き詰めていれば良いという話にはなりません。

まとめ

フリーランスも会社員もそれぞれにメリットとデメリットが存在します。両者の特徴をよく見極め、人生のある時期はフリーランス、ある時期には会社員というようなフレキシブルな働き方を選択することも可能でしょう。しかし、フリーランスと会社員の間を何度も行き来するのは難しいため、働き方はよく考えて決めることが大切です。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る