フリーランスの屋号決定のポイント!変更や屋号なしは可能?

商業用の名前である屋号。この記事では、フリーランスが屋号を持つことのメリットやつけ方のポイントを紹介しています。屋号を作れば、その屋号で口座やクレジットカードを作ったり、名刺や印鑑に使ったりできます。ポイントをおさえた屋号を作って、フリーランスとしての活動に役立てましょう。

屋号をつけるときのポイント3つ


屋号を決めるとなると、インパクトがあり響きがかっこいい言葉を使いがちですが、実は重要視しなければならないポイントが存在します。まずはそちらを紹介します。

覚えやすい名前をつける

屋号を決める上でのポイントとしては、まず「覚えやすさ」が重要です。実際に仕事をする上では、相手に名前を覚えてもらうことが最初のステップとなります。

名前が長すぎたり、漢字が読みにくかったりすると、覚えにくいだけでなく、宛名書きなどの際に手間になってしまいます。インパクトだけではなく、機能性の面も考えた屋号にしましょう。

また、相手に覚えてもらうために、屋号の由来を伝えるのも良いかもしれません。フリーランスは人や企業との繋がりが大切になりますから、相手に印象付けられるような屋号を心がけ、覚えてもらえる工夫もしていきましょう。

業種を想像させる名前

次のポイントとしては「名前から業務内容が連想できるか」ということが挙げられます。例えば、化粧品に関連したビジネスなら「ビューティー○○」、プログラミングなら「○○システム開発」のようなイメージです。

こちらも業務内容とセットで屋号を覚えてもらうことで、相手の認知率が高まり忘れにくくなります。また、ホームページにおけるSEO対策の観点からも、業務内容と関連した屋号を付けることで検索結果の上位に表示されやすくなります。

ユニークな名前

ユニークには、個性的という意味もありますが、既存のものと被らないという意味もあります。屋号をつけるときは、他の人の屋号や会社名と被らないようにしましょう。

屋号は、特に申請をせずとも勝手に名乗ることもできます。そのため、完全に誰とも被らない屋号かどうかを調べるのは難しいでしょう。しかし、自分の屋号の候補名をインターネットで検索し、名前も業種もかぶっている相手がいないかどうかは調べておくべきです。

屋号がかぶっていると、同じ屋号の相手とトラブルになりかねません。また、フリーランスから法人化した際、屋号をそのまま商号にする例がよくあります。商号の場合、法務局の同じ管轄内で同じ名前を使うことができません。つまり、屋号がかぶっている相手が先に屋号で法人化した場合、自分は法人化の時に名前を変えなくてはならないということです。

個人事業の屋号をつけるメリット


次に屋号をつける上でのメリットを紹介していきます。

本名を使わずに済む

フリーランスとして働く際、自分の本名をあまり出したくないこともあるでしょう。また、結婚などで名字が変わったときに、仕事上では旧姓を使いたいという方もいます。このような場合も、屋号を作っておけば、本名と違う名前で活動できるので便利です。

本格的に屋号のみで活動したい場合は、印鑑や名刺も屋号で作成して起きましょう。また、銀行口座によっては、クライアントから報酬を振り込まれるときも屋号しか知らせずに手続きできるところもあります。

屋号つきの銀行口座を持てる

屋号をつけることで法人名義の銀行口座を持つことが可能です。大企業などでは、取引先の銀行口座が法人名義でないと仕事の依頼ができないなど、制約が生じることもあります。そのため、法人名義の銀行口座を持つことができれば取引先の選択肢が広がるメリットがあります。

フリーランスは個人と事業用口座を分けるべき?
フリーランスが収支管理をするとき、初めは個人の銀行口座を使うかもしれません。こちらでは、事業用の口座を別に用意するメリットや、その口座を屋号名で作るメリットを紹介しています。屋号名での口座開設方法は、個人で作る場合と異なる点もありますので、ぜひ確認してください。

帳簿をつけるときに信頼性がある

個人名義のものよりも、法人名義のものの方が基本的に社会的な信用性が上がります。税務署などに提出する帳簿も法人名義の方が信頼性はあり、確定申告などがスムーズになるでしょう。

クレジットカードの審査に通りやすくなる

銀行口座だけではなく、クレジットカードなどの審査においてもメリットがあります。会社員の場合は給与明細で収入を簡単に証明できますが、自営業や個人事業主は自分で管理した帳簿などで収入を証明します。

その際、自営業として個人名義の帳簿で収入を証明するよりも、個人事業主として提出したほうが信頼性は高くなるでしょう。自営業では審査が落ちてしまったクレジットカードでも、個人事業主としてであれば審査が通ることもあります。

フリーランスがクレジットカードを作るコツ
フリーランスになると、会社員よりもクレジットカードが作りにくくなることがあります。こちらの記事では、クレジットカードの審査に通りにくい理由と、フリーランスでも審査を通過するためのポイントを紹介しています。

屋号なしや屋号変更はOK?

屋号なしでも問題はない

フリーランスとして活動するとき、屋号があったほうが便利なシーンもありますが、屋号なしでも問題はありません。その場合は、本名を使って仕事をすることになります。銀行口座や契約書の名前は本名にしなければなりませんが、表向きにペンネームなどを自由に使うこともできます。

屋号はいつでも変更可能

屋号はいつでも変更することができます。変更回数に上限もありません。変更をしたとき、どこかに届け出る必要もありません。屋号を開業届に記載している場合でも、変更の届け出は不要です。開業届の情報も変更したい場合は、開業届の出し直しをすれば情報を変更できます。

ただし、名前を何度も変更すると、取引先に手間をかけるだけではなく、社会的な信用を落としてしまうこともあります。変更自体は手軽にできてしまいますが、慎重に意思決定するべきでしょう。

屋号をつけるときの決め方とは?


それでは実際に屋号を決めるときの注意点について説明していきます。

使っていい屋号のことば

基本的には、響きやインパクト、由来によって言葉を選んで、自分が納得できるものならどのような言葉でも問題ありません。平仮名、カタカナ、漢字だけではなく、アルファベットも使用可能です。

使ってはいけない屋号のことば

屋号を決める上で使ってはいけない言葉も存在します。法律で定められている特定の業種(銀行・保険など)を連想させる言葉や「株式会社」は使えません。また、商標登録されている言葉は訴訟を受けるリスクがあるため、使用を避けたほうが良いでしょう。

屋号の名前のアイデアとは?


最後に屋号を付ける際のコツを紹介します。

屋号に迷ったら濁点をつける

響きのインパクトとしては、濁点がついている言葉がおすすめです。濁音は凄みやインパクトを生む効果があり、重厚感や安心感を与えることができます。

逆に、濁点がついていない言葉は、清潔感や軽さなどが生まれるため、業種やサービス内容によってはそちらの方が良い場合があります。使い分けが必要です。

半濁点もインパクトがある

濁点ではちょっと響きが重すぎる場合は半濁点のついた言葉がおすすめです。「ぱぴぷぺぽ」のように半濁点のついた言葉は軽さが生まれ、覚えやすくキャッチーな印象を与えることができます。

まとめ

屋号を決める上でのポイントや屋号のメリットについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?フリーランスとして活動する上で、屋号をつけるメリットはたくさんあります。ぜひ、この記事を参考に屋号をつけてみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る