副業としてのライターって実際どうなの?おすすめできる理由や注意点

様々なサービスの恩恵により、副業としてライターという仕事を選択する人が増えてきているのではないでしょうか。この記事では、ライター業に興味を抱いている方のために、副業でライター業を行う際のメリットや収入面、そして注意点等を見ていきたいと思います。

副業としてのライターのメリット

自分のペースで仕事ができる

ライターを副業として行う場合のメリットとしては、自分のペースで仕事ができるという点が挙げられます。スキマ時間を活用できるため、本業の空き時間等に自分のペースで気軽に業務を行うことができるでしょう。

PCとネット環境があれば始められる

そして、ライター業はPCとネットがあれば始めることが可能です。既に自宅にPCやネット回線がある方はほぼ初期投資の必要なく業務を始めることができるでしょう。ほぼノーリスクで気軽に始められるという点が副業としてのライターの魅力です。

初心者にもできる

ライターとして業務を行う際には、一部の案件を除いては特別な資格やスキルは必要ありません。求められるのは、日本語としてしっかりと成立している文章です。日頃から文章作成の機会が多い人には相性の良い職種になるでしょう。また文章作成が苦手な方でも、案件を選びつつ徐々にスキルアップを図ることが可能です。

本業と両立しやすい

本業と両立しやすいのもライター業のメリットの一つです。会社に勤めている場合は業務の都合で残業や休日出勤を行うこともあるため、完全に自分の都合でスケジュールを管理することは難しい面もあります。ライター業であれば仕事をする時間も場所も自由に決めることができるため、本業の不意なスケジュールにも対応しやすいのではないでしょうか。

どんな場所でもできる

仕事をする時間や場所を選ばないというのもライター業の魅力です。PCとインターネット回線さえあればどこでも仕事ができるため、例えば出先でwifiの飛んでいるカフェ等で空き時間に仕事をすることも可能でしょう。それにより、細かい収入を積み重ねられるというメリットがあります。

副業ライターの収入は?

収入はピンからキリまで

副業でライターを行う場合、多くはフリーランスとして働くことになるため、収入はピンからキリまで存在します。自分の頑張り次第では収入の制限はありませんが、効率よく案件をこなさないと思ったほどに稼げないという可能性もあるでしょう。

経験とともに収入は上がる

ライターとして収入を上げるポイントとしては、効率良く文章作成を行うことと案件を見極める目が必要です。最初は難しいかもしれませんが、多くの案件をこなしているうちに自分に向いているジャンルや効率の良い文章作成方法を学ぶことができるでしょう。そのため、ライター業は経験とともに収入が上がる仕事と言えます。

収入の目標を立てるのがコツ

ライターとして収入を上げたい場合、収入の目標を立てるのがコツです。目標が定まっていればそこから逆算してどのような案件を受注しなければならないかの目安になり、同時に注意しなければならないことも定まるでしょう。そして、より多くの案件をこなすためにはどのようにすれば良いか等を考えるきっかけにもなります。

仕事をする上で気を付けることは?

作業時間のコントロールを

副業としてはライター業を行う場合の多くはフリーランスとして活動することになるため、働けば働くほど収入を得ることができます。そのため、人によっては自分の限界を超えて仕事を行ってしまい体を壊してしまうリスクが懸念されます。それを防ぐためにも、作業時間をしっかりとコントロールし、日々良好なコンディションで業務に携わりましょう。

地道にコツコツと継続を

安定した収入を得るためには、短期的な集中力に依存するのではなく、長期的に地道にコツコツ継続することが大切です。人間は時期によってコンディションの変動があるため、とある日は思った以上の案件をこなせたのに、別の日には駄目だったということもあるでしょう。そのような短期的な目線ではなく、長期的なパフォーマンスを維持できるよう心掛けることが大切です。

副業ライターのはじめ方は?

パソコン,女性,kuguru,クグル,くぐる

クラウドソーシングサービスに登録

副業ライターの始め方としては、まずクラウドソーシングサービスに登録するところから始まります。それ以外の案件獲得方法もあるのですが、初心者からライターを始める場合はクラウドソーシングサービスを利用することをお薦めします。

記事を書く

クラウドソーシングサービスへの登録が完了したら、早速記事を書きましょう。発注されている案件にはプロジェクト型とタスク型のものが存在しますが、初めてライター業をするという人はタスク型のものをお薦めします。タスク型はクライアントと細かいやり取りをすることなくすぐに文章作成に入れるところがメリットです。

まとめ

クラウドソーシングサービス等の普及により、一昔前よりライター業は身近な存在になりました。本業の傍らで副業として行っている人もいれば、本業としてこなしている人もいます。いずれにせよ、自分の求めるライフスタイルと相性の良い働き方をお薦めします。

関連記事

ページ上部へ戻る