オンスケとは?意味や使い方、言い換え可能な日本語と反対語も紹介!

オンスケという言葉を耳にしたことはあるでしょうか。ビジネスでは時折使われている用語の1つですが、はじめのうちは意味がわからず、戸惑うこともあるかもしれません。ここではオンスケの意味や使い方を、例文を交えて紹介します。

オンスケとは?

「オンスケジュール」の略語

オンスケとは「オンスケジュール」の略語で、事前に立てられた計画どおりに物ごとが進んでいるかを確認する時によく用いられる言い回しです。進行状況を常時チェックする必要がある場合や、定期的な報告が求められる場合に便利なため、ビジネスでは日常的に使われています。また、「オンスケ」は遅れなし、問題ないというニュアンスで使われる場合もあります。

英語で記すとon schedule

オンスケを英語で記すと「on schedule」で、直訳すると「予定通りに」といった意味です。どの業界でもオンスケを用いることができますが、特にITに関係する業界ではごく自然に使われている用語の1つです。IT業界では横文字の表現が好まれる傾向があり、さらにシステム開発では予定通りに進まないケースも少なくないというのが一因とされています。

意味は予定や計画が順調に進行中

オンスケは作業や計画が順調に進行しており、特に遅れがないことの確認や伝達でよく使われる言い回しです。逆に「オンスケでない」ことは信用や費用の問題につながりかねません。遅れを取り戻すための施策、たとえば増員や外注の必要が生じれば、余計な費用がかかってしまうリスクがあります。略語として使われるオンスケですが、実は重要な意味を含んでいることを覚えておきましょう。

ビジネス用語では進捗報告の時に使う

オンスケはビジネス略語として使われることが多いとされます。特にビジネスでは納期や期限に間に合わせるために、1つの仕事やプロジェクトを複数のメンバーで進めていくことも少なくありません。チームでプロジェクトを進めていくときなど、各担当の進捗確認や情報共有のために、オンスケは便利な言い回しです。

上司や取引先に使用しても失礼でない

カタカナのビジネス略語は軽めな印象を与えやすいため、特に上司や取引先に対して使用するのは控える方が無難というのが一般的です。一方、場合にもよりますが、オンスケは目上の人に対して常用しても特別に問題にはならず、失礼にはあたらないとされます。上司や取引先に対して大丈夫なのは、社内ミーティングなどの簡易的な進捗確認の場に限られるため、注意しながら活用しましょう。

オンスケの使い方や例文は?

オンスケです。

「オンスケです。」の意味は「オンスケジュールです。」となります。業務や作業が滞りなく、予定通り順調に進行中という状況を伝えたいときに使うと良いでしょう。他には「定刻通り」「定時に」といった意味もあります。予定通りに進んでいる、そして同時に、現状特に何も問題は生じていないというニュアンスも含んでいます。

オンスケではないです。

「オンスケではないです。」は、つまり「オンスケジュールではないです。」という意味です。業務や作業に遅延が生じていることを相手に伝えたいときに使うと良いでしょう。他には「定刻通りではない」「定時ではない」といった意味もあります。今のままでは予定に遅延が生じているため、遅延を解消するための施策や予定の見直しが必要という意味も含まれます。

オンスケを日本語で言い換えると?

予定通り

予定していた業務や作業、プロジェクトなどが順調に進んでいるときの進捗報告として、「作業はオンスケで進んでいます」といった言い回しが便利です。これを日本語で言い換えると「作業は予定通りに進んでいます」となります。飛行機や電車など「交通機関はオンスケです」という場合には、「交通機関は定刻通りに運行しています」という意味です。

計画通り

プロジェクトなどが計画通りに進んでいるときには、「プロジェクトはオンスケです」と伝えます。日本語で「プロジェクトは計画通りに進んでいます」とも言い換えられるでしょう。また、売上報告のミーティングなどで使う場合には「今月の売上はオンスケで推移しています」といった形で用います。わかりやすく「今月の売上は計画通りで推移しています」でも良いでしょう。

遅延無し

オンスケには遅延無しという意味もあります。たとえば進捗確認の質問をしたいときに、「作業はオンスケですか?」と尋ねたい場合には、「作業に遅延はありませんか?」と言い換えることができるのです。計画を前倒しで進めているなどの理由で遅延する可能性が低いと思われるときも、そのまま「オンスケ」を使うことができます。

オンスケジュールの反対語は?

kuguru,クグル,くぐる

リスケジュール

オンスケジュールの対義語はリスケジュールで、英語では「reschedule」と表記します。トラブルなどが生じて予定通りに進めるのが厳しくなり、やむを得ず再度、計画や日程を調整する場合に使われる表現です。リスケジュールにも信用の失墜・追加費用などのリスクが生じるため、関係者にお願いする場合には重要事項に限り、慎重に行いましょう。

略語は「リスケ」

リスケジュールの略語は「リスケ」となります。カタカナの略語であり、さらにリスケそのものに変更や先延ばしといったネガティブな要素を含みます。大事な取引先や上司に対してはなるべく避けるのが無難といえるでしょう。金融分野でも「リスケ」が用いられますが、この場合には返済計画の繰り延べというニュアンスが含まれる用語となります。

まとめ

オンスケはオンスケジュールの略語で、作業やプロジェクトの進捗確認として、計画通りのペースで、遅れも問題もないことを伝えたいときに活用されます。チーム内での情報共有や、上司や取引先への簡易的な報告などに上手に活用していきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る