フリーランスが有利に保育園入園を進める方法・会社員からの利用継続

フリーランスとして働いていると、認可保育園に入ることは難しいのでしょうか。不利になるのかどうかだけではなく、フリーランスが保活を有利に進める方法についても紹介しています。また、子供が保育園に入ってる間に、会社員からフリーランスになった時に、継続した保育園利用をする手続きについても記載しています。

フリーランスの認可保育園の申請書類


それでは始めに、フリーランスの人が認可保育園に子どもを入園させるために必要な申請書類について見ていきましょう。

労働状況申告書や就労実績表を提出

子どもを認可保育園に入園させる上で提出が必要となる書類が「労働状況申告書」です。自治体ごとに用意されています。労働状況申告書には、以下のような項目を記載します。

労働状況申告書の主な記載項目
  • 就労先の名前と所在地
  • 職場と住居が同一か離れているか
  • 業種と仕事の内容
  • 経営者(本人か、はいず右車か、親族か)
  • 就労形態と時間(週に何回・何時から何時まで)
  • 直近3ヶ月の収入

加えて、在宅ワークをしながらの子育ての大変さや保育園への入園が必要であるという状況を詳しく説明します。そのため直近3ヶ月の細かい仕事内容を記載する「就労実績表」という書類を提出することも重要となります。

ちなみに「就労証明書」は、アルバイトや社員として働いている人が雇用主に記入してもらえる書類になるため、フリーランスの場合は「就労実績表」という自作の書類が必要になります。

就労証明書の主な記載項目
  • 直近1ヶ月の実績(勤務日と収入)
  • 平均的な1週間の仕事の様子
  • 平均的な1日の仕事の様子
  • 1日のうち保育をしている時間
  • 1日のうち家事をしている時間
  • 1日のうち休憩している時間

保育の必要性が分かる資料を追加

保育の必要性をさらにアピールできる書類は、クライアントからの発注書や、仕事で使用しているホームページクラウドソーシングで自分の実績が確認できるページのコピーなどがあります。他にも、税務署に届出をしている個人事業開始届などがあります。

このように、フリーランスの人が認可保育園に子どもを入園させるには会社員とは違っていろいろな書類の提出が必要になります。事前に自治体に確認して、早めに準備するようにしましょう。

フリーランスは保活で不利?


フリーランスの人が保活するのは会社員に比べて不利になるのでしょうか。

自治体によっては不利

自治体によっては、フリーランスの人の保活は不利な状況にあるという現実があります。会社員に比べて、就業日数や時間が明確でないこと。在宅で仕事をしているのであれば、育児も可能だろうといった考えを持っている自治体も多いようです。

両親が共働きの家庭でも、待機児童になる可能性がある自治体もあります。認可保育園へ入りやすい自治体を選ぶのも大切ことです。

厚労省が差別禁止を通達

フリーランスと会社員との間に差別があったことを問題視した厚労省が、フリーランスのお母さんたちを集めアンケートを実施、同じ条件で差別のないように保活ができるように各自治体へ通達しました。

厚労省が通達した内容は簡単に言うと、以下の5つの点です。

「育休明けの社員と同じように自営業をしている人も優先利用対象とすること」
「屋内・屋外で点数につけるのではなく仕事の内容を充分把握して判断すること」
「自営業や在宅ワークをしている場合の保活書類への負担を軽減する」
「子ども・子育て支援交付金」の事業を引き続き実施し、積極的に活用する」
「カンガルーワーク等、やむを得ず屋外で育児をしている人を減点対象とすることは不適切である」
[PDF]多様な働き方に応じた保育所等の利用調整等に係る取扱いについて|内閣府子ども・子育て本部

このような通達を受けて、少しずつではありますが、国が子育てへの支援を積極的に行おうとしています。自分が住んでいる自治体が子育てに対して、どのような対応を行っているかを十分に確認し、フリーランスとして働いている人は不利にならないようにしましょう。

フリーランスが保活を有利に進めるには

最後に、フリーランスの人が保活を有利に進めるための方法について6つのポイントを紹介していきたいと思います。

保育実績をつくっておく

一時保育サービス、ベビーシッターサービスで子どもを預け、家事と育児、仕事が両立できていないという保育実績をつくって証明する方法です。また認可外保育園に預ける場合は、しっかりと保育園のことを調べ、子どもを預けられる施設なのかを十分に確認しておきましょう。

就労実績をつくっておく

保活はポイント制なので、週5日以上1日8時間以上の就業時間であることによって、多くの自治体では会社員と同じくらいのポイントを得ることができます。そのため、たくさん働いているという就労実績は重要です。自分の就労実績は漏れがないよう把握しておきましょう。

倍率の低い保育園を選ぶ

人気のある認可保育園は、早く埋まりやすく空きがでにくくなっています。そこで人気があまりない認可保育園あれば、入園できる可能性も高くなります。ただし通うことを考えて、なぜ、人気がないのかを事前に確認しておきましょう。

0歳児からの入園を目指す

0歳児のクラスへの入園は、それより下のクラスがないので在園児がおらず、枠の空きが期待できます。それに比べて、1歳や2歳児のクラスは進級する在園児がいるため、すぐに埋まってしまいます。途中で退園することはほとんど期待できないので0歳児クラスが狙い目です。

入りやすい自治体に引っ越す

ポイントの配点は自治体によって違うので、自分が今住んでいる場所の自治体がフリーランスで働く人に優しいか有利かということを確認します。引越しをする際は、引越し先の保育園に入園できそうかも併せて検討すると良いでしょう。引越しの負担よりも、保育園に入れない負担の方が大きいようであれば、入園目的の引越しも検討しましょう。

企業常駐案件を選ぶ

在宅ワークとしてクライアントが発注していた仕事を企業常駐案件としているところも増えてきました。仕事状況や細かい指示などがしやすいため、常駐していることでの企業側のメリットも大きいようです。企業常駐案件を選ぶことで、週5日以上で1日8時間以上という基準や報酬も増えるため、保活のポイントも在宅よりも多く得ることができます。

このように、フリーランスの人が子どもの入園を有利にする方法がたくさんあります。保育園に子どもを入園させたいと考えている人は、早めに取り組んでみてください。

フリーランスになった時の保育園継続方法

保育園に必要書類を通達

親の仕事が変わったら、保育園に通達しなければなりません。会社員から自営業など、働き方が大きく変わった時は特に通達が大切です。会社員の時に利用していた保育園を、フリーランスになってからも継続するためには、書類を提出して審査を受けなければなりません。

開業届・働いている証明

自営業を行なっている証明として、開業届と、事業を行なっている証明を提出します。開業届はフリーランスが事業をやっていることを税務署に報告するための書類です。しかし、開業届を出しただけで、実質事業を行っていなくても問題はありません。そのため、保育園に入園するために開業届だけを提出することができてしまいます。このような不正を防ぐため、実際に事業を行っている証明を提出することもあります。取引先との連絡の履歴やなどが証明として利用できます。

フリーランスは開業届を出さなきゃダメ?
フリーランスになると、開業届を提出することになります。しかし、開業届を提出しなかったからといってペナルティがあるわけではありません。それでは、フリーランスが開業届を提出するメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

扶養に入っているかの証明

親が配偶者の扶養に入っているかを確かめるために、健康保険証のコピーを提出します。年収が103万円以内だと、会社員の配偶者の扶養に入ることができます。103万円以内の年収というと、パートやアルバイトが一般的なので、フルタイムで正社員として働いている人よりも、保育園に入るのが難しくなるかもしれません。反対に、扶養に入らずにフリーランスとして働いている場合、フルタイムで働く程度の拘束時間があることを証明できます。

退職証明書

退職証明書で、会社を退職したことを証明します。前職に、退職後2年まで請求することができます。退職証明書には、以下の5つの項目があります。全ての項目が記入されているわけではなく、どの項目を記載して欲しいか自分で選ぶことができます。保育園に問い合わせて、どの項目が必要か確認しておきましょう。

退職証明書の項目5つ
  • 使用期間
  • 業務の種類
  • その事業における地位
  • 賃金
  • 退職の事由

まとめ

いかがでしたか?ここでは、フリーランスの人が認可保育園に子どもを入園させることについて紹介してきました。まだまだ理解されていないフリーランスの仕事と家事・育児との両立に不安を感じているお母さんは、参考にしてみてください。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る