起業の成功率はどのくらい?数年後の会社生存率は?

勤め人を辞めて起業を考えている方や、実際すでに会社の経営を始めた方はいったいどのくらいの企業が成功しているのか、生き残っているのか気になると思います。そこで実際の数字を元に日本の起業の実情をみていきましょう。

起業成功率は何%?

たったの6%

起業の成功をどう定義するかで成功率は変わってきます。仮に起業してから10年生き残ることを起業の成功と定義すると、成功率はたったの6%です。この数字から起業の成功はあまくないことがみてとれるでしょう。

経過年数ごとの生存率

経過年数ごとの生存率を見ていくと、1年後40%、5年後15%、10年後6%、20年後0.3%、30年後0.02%となっています。10年を越えたあたりから限りなく0に近づいていき、いかに会社を生存させることが難しいか簡単に見てとることができます。

1年後には過半数が消滅する末路

生存率を見てもらったら分かるとおり、1年も経たないうちに、起業した会社の半分以上が生存できていないということになります。つまり起業したのはいいものの最初で多くの企業が波に乗りきれず消えていく、ということです。

企業生存率が低い理由は?

起業して失敗する4つの理由

起業をして失敗した会社は数多くありますが、失敗する理由はみなほぼ同じといえます。まずお金のかけすぎという点で、ランニングコストをしっかり頭に入れておくことが大事です。また事業計画書があまいというのもよくある失敗の原因です。

そして流行に乗る形での安易な起業も原因のひとつ。流行は過ぎ去るものなので先を見通して起業しましょう。また繁栄期に店舗を増やし過ぎて、時期が過ぎ経営が回らなくなることもあります。

起業に成功する方法は?

コストをなるべく掛けない

最初から内装や備品にお金をかけすぎると管理や維持にたくさんのお金がかかることを把握しておきましょう。また店舗を立地条件の良い場所に建てるのも少し検討が必要です。立地条件がいいと家賃が高くなります。

高額な家賃の支払いにより経営が回らないなども考えられるため、はじめのうちはランニングコストが多く掛かるものは避け、長期的な運営を見据えたお金の使い方を考えておきましょう。

脱サラなら副業から

脱サラを考えている方は副業からはじめてみるのも良いでしょう。パソコン1台で始められるものが多く、クラウドソーシングサイトなどで仕事を探すことで自分の専門的なスキルを活かすことができるはずです。

とくに専門的な知識がなくてもできる副業もあるため、まずはどういった副業があり、どれが自分に適しているか探してみるところからはじめてみましょう。

アメリカと日本の違い


日本と比べてアメリカはどうなのでしょうか?起業率はアメリカ9.3%、日本4.5%。対して廃業率はアメリカ10%、日本4.1%となっています。起業率だけ見ると倍近い開きがありますが、それぞれ起業率に対して廃業率はほぼ同じなので成功率はほぼ変わりません。

アメリカは起業に対して寛容

アメリカは大学で、一流学生は起業、二流学生は大手に就職するもの、と教えているそうです。そのため日本と比べ起業する人の割合は高く、それが一般的なこととして世間に認められています。

仮に起業に失敗して就職することにしても、実際に起業した経験は相手企業から好印象で有利になる場合が多いです。

起業の失敗事例を紹介


Bさんは以前勤めていた会社の退職金を資本として喫茶店を経営することにしました。内装を行う段階で業者から売り上げアップが見込めるからと言われ、内装にお金をかけすぎてしまい、結果必要な宣伝など行う際には融資を受けなくてはなりませんでした。

実際に経営がはじまると連日多くの知り合いが喫茶店を訪れてくれましたが、来ていただいたお礼に、と知人には割引などのサービスを行なっていました。次第に訪れる客は減り結果1年も経たずしてお店を畳むことになりました。

起業に失敗した3つの原因

この人が起業に失敗した理由は3つ考えられます。ひとつは過剰な支出です。宣伝費を自己資産でまかなうことができればこのとき借金をする必要はありませんでした。次に知識の無さです。経営を続けていくうえで内装にかけたお金は本当に適切だったのでしょうか?

もしかすると無知ゆえに業者から多くとられてしまっているかもしれません。最後に考えられるのが同情です。相応のサービスを提供したら適切なお金をいただかないと経営は回りません。

失敗を防ぐ3つの対策

3つの原因に対して対策を考えるとすると、まずキャッシュフローを考える必要があります。その時、その時で収支を考えるのではなく先を見据えた収支を考えましょう。また起業に必要な知識を蓄えることも必要です。

実際に起業した方の成功談、失敗談から必要な知識を得ましょう。集客方法を考えるのも大切です。会社の継続は利用してくれるお客さんがいて初めて可能になります。継続的に集客できるか環境を整えましょう。

まとめ

起業してから成功に持っていくのがいかに難しいかお分かりいただけたでしょう。事前調査をしっかりと行い、先を見通した計画を立てることで防げるミスもあります。起業するためのセミナーもあるので実際に起業してみた人の話を聞いて見てから動き出しても遅くないでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る