Webデザイナーに需要はある?将来性とこれから求められること

Webデザイナーとは、企業から依頼されたWebサイトのデザインを作成する仕事です。インターネットの普及に伴いWebに関わる需要が増大していますが、Webデザイナーの需要や将来性はどのようになっているのでしょうか。

Webデザイナーの将来性

インターネット広告費が増加

インターネットの普及率が高くなったことにより、インターネットはテレビに次ぐ巨大メディアとなりました。そのため、インターネット広告費も増大し、各社様々な戦略を講じてインターネットでのプロモーションを行っています。また、インターネットはテレビとは異なり広告の形態も媒体も多種様々なものが存在するため、やり方によっては少ない広告費で大きな成果を得ることもできるでしょう。

Webデザイナーは需要がある

インターネットが普及したことにより、様々なWebサイトの需要が高まり、同時にWebデザイナーの需要も高まっている傾向にあります。様々なサービスにより一昔前に比べるとWebサイトを作る敷居は低くなったと言えますが、それはあくまでも最低限のWebサイトを作るというだけの話です。Web業界のトレンドの移り変わりは早く、新しい技術も日進月歩でリリースされているため、それを専門に行うWebデザイナーの需要が高まるのも自然なことと言えるでしょう。

競争は激化

しかし、Webデザイナーの世界は競争が激しいというのも事実です。一昔前はPCが得意でWebサイトが作れる人というだけで希少な存在でしたが、デジタルネイティブ世代が社会人になってくるということもあり、その希少性は失われつつあります。そのため、需要はあるものの供給が増え、競争が激化した結果価格も低くなることが予想されるでしょう。

Webデザイナーをめぐる変化

必要スキルが増えた

一昔前であればWebサイトを作ることができるだけで希少性があったため、HTMLとCSSができれば仕事になった部分もあったでしょう。しかし、現在では広範囲のスキルを持った精鋭を雇いたいという企業が多く、その場合はデザインだけでなく複雑なプログラミングスキルや事業戦略への知見等が求められるのではないでしょうか。

分業化した

そして、Webデザインを受注する企業では、Webデザイン業務を分業化することで効率性や質を高める方向に向かっています。そのような場合はデザイン全体ではなく、デザイン業務の一部に対してスペシャリストであることが求められるでしょう。上述した広範囲スキルを持った精鋭とは対象的な存在になるため、どちらを選択するのかによって将来進む道が異なってくることが予想されます。

給与面は厳しい

Webデザイナーの世界はデジタルネイティブ世代や人件費の安いアジア諸国の外国人等の参入により競争が激化しています。そのため、給与面が厳しくなってしまうことは避けられず、場合によってはWebデザイナーを専業とするのは厳しくなってしまう可能性もあります。

Webデザイナーに必要なこと

マーケティング力

WebデザイナーはWebサイトの構築スキルが求められるのは勿論ですが、同時にマーケティング力も求められるケースが多いでしょう。クライアントがWebサイト製作を依頼する目的は販促力であることが多く、Webサイトを作ってもアクセスが皆無であれば作った意味がありません。そのため、Webデザイナーにはクライアントのニーズを掴み販促効果のあるWebサイトをデザインするためのマーケティング力が求められるのではないでしょうか。

価値を伝える力

情報が溢れる現在では、自分のデザインの効果や重要性等をきちんとアピールできるプレゼン力やコミュニケーション力が重要です。Webデザイナーもそれは例外ではなく、スキルが高くてもそれを上手く市場に周知させることができないといずれは埋もれてしまうでしょう。デザイン力と共に、自分の価値を正しく伝えるためのプレゼン力やコミュニケーション力を磨いておく必要があります。

ユーザー目線のデザイン力

現在のWebサイト製作には、ユーザー目線を意識した「UIデザイン」や「UXデザイン」等も注目されているため、Webデザイナーとしてそれらを無視するわけにはいきません。そもそも、Webサイトというのは閲覧したユーザーに何らかのアクションを起こしてもらうために作られているため、それらを予見して作るのは自然なことと言えるでしょう。

問題解決力

クライアントがWebサイトやデザインに求める効果には様々なものがあるため、それらを把握して臨機応変に解決策を見つけていくことが求められます。そのため、Webデザイナーには問題解決力も求められるでしょう。

まとめ

Webデザイナーはインターネットの普及に伴い需要も増大しているものの、同時に参入者も増えているため競争が激化しています。そのため、Webデザイナーとして活躍したいのであればデザインスキルと共にプラスアルファの付加価値を身に付ける必要があるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る