プログラマーの適性をチェック!向いてる人・向かない人の特徴を紹介

プログラマーという仕事は人手不足ということもあり、需要や待遇等に恵まれています。そのため、「プログラマーになりたい」という方も多いのではないでしょうか。この記事でプログラマーに興味がある方に向けて、自身の適性があるかどうかの参考にしていただければと思います。

プログラマーになるには適性が大事?

適性がなくてもプログラマーにはなれる

プログラマーと聞くと専門職が連想され、何かしら高度なスキルを要求される仕事というイメージがあるかもしれません。確かに向き不向きが全くないわけではありませんが、なるだけであれば特別や才能は必須ではなく、やる気と努力次第でプログラマー職に就くことは不可能ではありません。

一流を目指すには適性・才能が必要

しかし、一流のプログラマーを目指すには適性や才能が要求されるのではないでしょうか。それらを持ち合わせていない人がプログラマーとして大きく活躍したりトップクラスの案件をこなすのは困難です。プログラマーになることはできても、その後に苦労するケースもあるため、やはりある程度の適性は必要であると言えるでしょう。

プログラマーに向いてる人とは?

プログラミングを楽しめる

プログラマーに向いている人の特徴の一つとして、プログラミングを楽しめるというものが挙げられます。プログラマーに限ったことではありませんが、嫌いなことをしているよりは好きなことをしている方が成長も早く、周囲からも認められやすいでしょう。

黙々と作業ができる

プログラマーという仕事にはクリエイティブな面もありますが、同時にバグ取り等地道な作業も多いという面があります。そのため、時にはPCに張り付いて黙々と作業をすることが求められるでしょう。

冷静に問題解決できる

「プログラムが意図した通りに動かない」「原因不明のバグが発生する」等はプログラマーの世界では日常茶飯事です。そのため、解決が難しい問題が発生した際でもパニックを起こさず冷静に状況を判断し、問題解決に当たっていく姿勢が求められるでしょう。

好奇心旺盛・勉強が好き

プログラミングの世界では技術トレンドの移り変わりが激しく、常に新しい技術を勉強し続ける必要があります。それ以外にも過去の情報資産やより効率的なプログラミング手法等学ばなければならないことは多岐に渡るため、好奇心旺盛で勉強好きな人は重宝されるでしょう。

コミュニケーションが得意

プログラマーというと寡黙な技術屋というイメージがあるかもしれませんが、実際の開発現場ではコミュニケーション力も求められます。システム開発というのは個人で行うわけではなくチーム単位で行うものが多いため、メンバー間のコミュニケーションが滞ると生産効率も落ちてしまうでしょう。

「プログラマーの適性ない」となるケース

大雑把

大雑把な人はプログラマーの適性があるとは言い難いのではないでしょうか。プログラミングは記述した通りに動作するため、少し記述ミスがあるだけで致命的なバグが発生してしまう可能性があります。そのため、細部まで丁寧に拘ってプログラミングした方がバグも少なくなり、将来的なメンテナンスもしやすくなるでしょう。

論理的思考・数学が苦手

プログラミングと数学の関係はよく取り沙汰されますが、やはり論理的思考力や数学力に長けていた方がプログラマーに向いていると言えそうです。プログラムを記述する際は勿論、バグが発生した際にどのように検証を行うかによって生産効率が変わってくるでしょう。

強い意志がない

プログラマーとは決して楽な仕事ではなく、時には地道な作業の繰り返しだったり時には業務時間が長引いてしまうこともあるでしょう。そのため、自分なりの目的や強い意思がない場合は継続するのは難しくなってしまうかもしれません。

創作が好きではない

モノ作りが好きでない人もプログラマー適性は低いと言えるでしょう。プログラマーはシステムという存在を作る創作家と言える一面もあるため、創作が好きではない人が長期的に続けるのは難しいのではないでしょうか。

プログラマ適性チェックの方法は?

ATPP、CAB、GAB

多くの企業で使われているプログラマー適性チェックとしてはATPP、CAB、GAB等が挙げられます。ATPPはIBM社によって製作されており、主に数列等を使用した数学的素養を測定する検査です。CABとGABはSHL社によって製作されており、前者はコンピューター職への適性を、後者は一般的な社会人としての適性を測るテストです。

サイトで適性チェック

自身でプログラマーとしての適性を測定したい場合、オンライン上のサービスを使って行うことが可能です。該当サービスには下記のようなものが存在します。

Study Pro SPI無料学習サイト

こちらは通常の就職試験でもよく使用されるSPI力を鍛えるサイトです。

カイシャドコイク

こちらは主にCABテストを行うことができるサイトです。

エンジニアリング協会

こちらは自身の考え方や価値観にエンジニア適性があるかどうかを測定することができるサイトです。

まとめ

プログラマーになること自体はそれほど難しくはありませんが、なった後にどのようにキャリアを積んでいくのかはしっかりと考えておいた方が良いでしょう。仕事の性質上向き不向きがハッキリしているため、向いてないと感じた場合は方向転換を検討した方が良いかもしれません。

関連記事

ページ上部へ戻る