「あなたとの続柄」の書き方まとめ!本人・父母から同居人まで解説

いろいろな手続きのために、記入しなければならない書類。その時によく見る項目「続柄」。ですが日常的に記入することもないので、いざとなると混乱してしまいますよね?「ぞくがら」と読むと思っている人も多いのではないでしょうか?正しい読み方は「つづきがら」です。続柄は簡潔に説明すると、親族間の関係を表すものです。続柄の書き方は法律で定められていますので、きちんと記入する必要があります。では、どのように書くのが正しいのか、特別なケースの場合はどのように記入するのか、解説していきます。

意外と多い「あなたとの続柄」

家,kuguru,クグル,くぐる

「あなたとの続柄」を記入する上で、まず理解しておきたいのが「世帯」と「世帯主」。そもそも、この「世帯」、「世帯主」とは一体どのように決まるのでしょうか?

世帯

以下の2つの条件を満たしていれば、血縁関係が無くても同一世帯とみなします。

  1. 一緒に住んでいること
  2. 生計が一緒であること

例えば、同棲。一つ屋根の下に暮らしているだけであれば、それは世帯とは見なされません。しかし、生計も共に立てていれば、それは立派な世帯となるのです。

世帯主

主として、その世帯の生計を維持している者、及びその世帯の代表として妥当な者を指します。

先ほどの同棲の場合で考えてみましょう。生計を共に立てていないのであれば、住民票を同じくしていたとしても、世帯主は一軒の家に2人いるということになります。つまり、一緒に住み、財布を一緒にしていれば世帯。共に生活している人々の経済的、社会的な代表者が世帯主、ということになります。

そもそも、なぜ世帯主が必要なのでしょうか?主な理由に以下のようなものがあります。

  • 住民票が世帯ごとに編成されているため、検索機能が充実する
  • 役場から住民への連絡を効率的かつ迅速の行うことができる
  • 続柄をわかりやすく表記するため(住民票の続柄は、世帯主からみた関係性になっています)

では世帯と世帯主の定義を理解した上で、次に「続柄」について考えていきましょう。

「あなたとの続柄」はどんな意味?

父,母,子,子供,子ども,祖父,祖母,kuguru,クグル,くぐる

一般的にいう「続柄」と「あなたとの続柄」はどう違うのでしょうか?通常、「続柄」というと、「世帯主」との関係性を示します。住民票などは「世帯主」を起点として続柄を記入していきます。

一方で、「あなたとの続柄」=「あなたから見てどういう関係ですか?」ということです。この場合に記入するべきなのは、「あなた (申告者)」を起点とした関係性であることに注意しましょう。

例えば、世帯主とあなたとの続柄の欄で、あなた自身が世帯主であれば、「あなたとの続柄」は「本人」となります。もし、世帯主があなたの父親であれば「父」、母親であれば「母」となります。ここで注意したい点は、「親子」とは記入しないということです。

ひと目でチェック!続柄の書き方一覧

関係図,kuguru,クグル,くぐる

それでは、さらに具体的な書き方を見ていきましょう。先ほども述べたように、「あなたとの続柄」では、「あなた=申告者」からみた関係性となります。

  • 本人(あなた)
  • 本人の妻ー妻
  • 本人の子供ー子(長男、二男、長女、二女にか関わらず、子となる)
  • 本人の父母ー父、母
  • 本人の兄弟姉妹ー兄、弟、姉、妹
  • 本人の父方、母方の祖父母ー父の父、父の母、母の父、母の母
  • 本人のおじ、おばー父の兄、父の弟、父の姉、父の妹、母の兄、母の弟、母の姉、母の妹
  • 本人の子供の夫や妻ー子の夫、子の妻
  • 本人の孫ー子の子
  • 妻の父母ー妻の父、妻の母
  • 妻の兄弟姉妹ー妻の兄、妻の弟、妻の姉、妻の妹

となります。

それでは、あなたが世帯主であり、あなたの妻が申告者の場合はどうなるのでしょうか?その場合は世帯主のとの続柄の欄が「夫」となり、その他の親族間の続柄を記入する欄には、あなたの妻とその親族との関係性を記入します。

子供の表記の仕方に関して、個人情報やプライバシーの保護のため「世帯主と続柄の記載方法」の改正が行われて以降は、「長男」「長女」などの表記が廃止され、すべて「子」と表記すれば良いようになりました。

血縁や結婚関係がない場合の続柄

疑問,kuguru,クグル,くぐる

それでは、上記にはない他のケースを詳しく見てみましょう。同一世帯であっても血縁や結婚関係がない場合の続柄もあります。
以下にいくつかの例をあげてみました。

縁故者

養子縁組はしていないが、事実上の養子である子。すでに婚姻している人が他の男女と内縁関係にある場合は、夫(見届)/ 妻(見届) と書くことはできないので「縁故者」となる。

夫(未届)/ 妻(見届)

同棲の場合や事実婚の場合の相手。

夫(見届)の子 / 妻(見届)の子

事実婚をしている相手の子。

夫の子 / 妻の子

夫の連れ子。妻の連れ子。再婚した相手の子を認知(養子縁組)していない場合の子。

同居人

どれにも当てはまらない、親族以外の関係者など。同棲の場合など。

「世帯」とは必ずしも血縁関係や婚姻関係が結ばれた人々の集まりというわけではありません。各々の事情や状況に応じて、上記のような特別な関係も、法に従ってきちんと続柄を表示できるようになっています。

まとめ

「あなたとの続柄」の書き方は、一見ややこしいように見えますが、きちんと理解すれば意外と簡単です。覚えておきたいポイントとしては、

  • 「世帯主」の視点ではなく「あなた自身」の視点から、書類上に指定されている人物との関係性を示すということ。
  • あなたを起点に、近い人から関係性の順を追って説明するということ。

これさえ念頭においておけば、特に難しい点はありません。今年の年末調整の書類を記入する際には、是非こちらの内容を思い出してみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る