フリーランスカメラマンの年収相場は?仕事を貰う為に必要なこととは

カメラマンは企業で働く以外にもフリーランスとして働くという選択肢があります。フリーランスのカメラマンはいったいどのようにして収入を得ているのでしょうか?またどのくらい稼げるものなのでしょうか?ここでは特にフリーランスのカメラマンについて書いていきます。

フリーランスフォトグラファーって?

企業カメラマンとの違い

自分で仕事を選べるて、働く時間も自分で決めるのがフリーのカメラマンです。収入は完全に自分次第で、安定した収入を得るには相応のスキルと仕事を持ってくる手腕が必要です。

一方企業カメラマンは会社から安定した収入を得ることが可能ですが、仕事を選ぶことができず、好き嫌い関係なく撮影しなくてはなりません。

仕事も年収も自分次第

フリーランスのカメラマンは年収1000万をゆうに超える人もいれば、年収200万程の人もいます。年齢関係も経験年数も関係なく、完全に実力主義の世界です。

年収を高くするには複数の案件をまわしてもらえるように手配したり、単価の高い仕事を引き受ける必要があります。値段を自分で設定することも多いので、自分のスキルを見極めてあらかじめ値段を設定しておくとよいでしょう。

フリーカメラマンになるには

カメラマン養成学校に行く

写真のことを学べる専門学校や大学に通うことでカメラマンに必要な技術をこと学ぶことが可能になります。卒業すれば即カメラマンになれるかというとそうではなく、多くは会社で経験を積んだりプロの下についたりすることが多いです。

アシスタントになる

自分がジャンルとりたいジャンルのカメラマンのアシスタントになることで、技術を学ぶことが可能です。修正を加えられていないデータを見ることができたり実際の撮影の様子を間近で見れるのは大きな経験になります。

人によってはクライアントを紹介してもらえることもあり、独立後のサポートをしてもらえるのは大きなメリットといえるでしょう。

独学で学ぶ

現在は情報が充実しており、本やインターネットなどからカメラに関する知識を得ることで独学で学ぶことが可能です。また動画などで基礎的なことをレクチャーしているものもあります。

しかしクライアントやモデルとのコミュニケーションは撮影を通して学ぶもので、勉強したからといって身に付くものではありません。

フリーカメラマンになる時の注意

仕事のアテができてから

フリーランスのカメラマンになるにはクライアントを複数確保してからなるのがよいです。もしクライアントが一人だけだと突然仕事をまわして貰えなくなったときに失業してしまいます。

経験の浅いうちや、クライアントが見つからないうちは会社などに勤めながら横のつながりを増やしていき徐々にフリーになっていくことも検討してみるとよいでしょう。

機材が高く、故障のリスクもある

機材があるかないかでできる仕事が変わってきます。カメラの機材はどれも高価でどれも万単位でお金がかかってくるものです。撮影中に機材が故障したときのことも考えなければならず、可能なら予備を用意しておくことで安心して仕事をすることができます。

フリーカメラマンが仕事をもらうには

サイトや名刺など営業ツールを用意

名刺、ポートフォリオ、サイトなど自分をアピ―ルできるものはクライアントの信頼を得るために必ず用意しましょう。口でアピールするより作品を見せたほうが何倍も効果的だからです。

ポートフォリオサイトを作る際は、自分の名前を検索することで出てくるようにドメインなどを設定するとよいでしょう。

カメラマンを募集サイトへの登録

フリーカメラマンを募集しているサイトへ登録しておくと仕事の確保に繋がります。自分で仕事を選ぶことができるので駆け出しのフリーランスは登録しておいて損はないでしょう。

クラウドソーシングなどを利用するのも一つの手です。ネット上には実に多くの案件があります。バランスをとりながら利用していくとよいでしょう。

写真撮影以外で必要なこと

依頼人への営業やギャラの交渉

会社や同業者から仕事を紹介してもらったり、紹介して貰ったクライアントから新たなクライアントを紹介してもらうなどして仕事をどんどん貰っていくとフリーとして続けられるでしょう。

また年収の低い方はギャラ交渉がうまくできていない傾向にあります。1日拘束で1万などもあります。自分が相応のスキルを有しており、仕事と報酬がつりあっていいないと感じたら交渉する必要があるでしょう。

契約書や請求書のやりとり

金銭面でのトラブルをふせいだり、確実な収入を確保するために必ず契約書、請求書などは用意しておきましょう。もし仕事の途中で業務内容に変更がある場合追加料金をいただくことなどはあらかじめ記載しておくとよいです。

テンプレートを作成しておき、スムーズに契約に入れるようにしておくと撮影に専念できます。

フットワークの軽さや英語力

フットワークの軽さはカメラマンには大きな武器になります。自分で営業したり、外国などで仕事をしたいと考えたときにどんどん行動に移せるひとが仕事を多く確保できるでしょう。

また外国でフリーとしてやっていくにはそれなりの英語力が必要になってきます。モデルやクライアントとコミュニケーションをとるためです。基礎的なことをおさえてどんどん使っていきましょう。

まとめ

どんな業種でも、フリーランスというものは能動的に動いていかないと仕事を確保することができません。特にカメラマンは被写体が人であったりするときやクライアントと仕事のやりとりをするときなどコミュニケーション能力が必要になります。受身にならずにどんどん行動していきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る