映像フリーランスの求人募集は多い?作成や編集、動画編集のニーズ

映像制作を生業としている人のなかにはフリーランスとして個人でやっている人がいます。実際映像フリーランスのかたはどのようにして仕事を得ているのか、どのようにすれば映像制作者になれるのか、書いていきたいとおもいます。

映像フリーランスになるには

学校や職場で技術を学ぶ

本格的な技術を学ぶなら学校へ行って学ぶのが無難です。独学で学ぶことも可能ですが、技術職は特に知識が必要になるのでいち早く技術を学ぶためには知識を持っている人に学ぶのがよいでしょう。

何を学ぶかで変わってきますが、デザイン系の大学や専門学校で映像に関る知識、技術を学ぶことが可能です。

仕事をしながら副業してみる

実際に映像制作の会社に入り、現場を学びながら副業で映像の仕事をやってみるのもよいでしょう。現場で横の繋がりを得て、実績を積むことによりフリーになったときに仕事をもらえる可能性があります。

案件を企業などから受ける際にも現場を経験しているという経歴が相手からの信頼えることにも繋がります。まずは現場で経験を積んでみてもよいかもしれません。

趣味の延長でやってみる

フリーで仕事をするにはハードルが高いかもしれませんが、ネットを通して作品発表からはじめることもよいでしょう。

個人でも本格的な映像制作が可能になるソフトなどが市販されています。最初から仕事にしようとするのではなく、まずは自分のできる小さなことからはじめてみてもよいでしょう。

企画・制作者と技術者の違い

映像ディレクターなど企画、制作者

映像ディレクターやプロデューサーは企画や演出、制作を具体的に進めていく人です。特別なスキルは必要ありませんが結果が求められる立場にあります。

また、映像ディレクターは映像製作に関するリーダーでるため人を動かす能力や映像制作に関する考えを伝える能力が必要になってきます。そのため絵コンテを作成できたり機材に関する最低限の知識は必要になります。

編集や撮影、CGを駆使する技術者

企画・制作者に対して実際に撮影や動画編集、CG制作などを行なう人々を技術者と呼びます。技術者には専門的に高いスキルが必要になります。映像制作の技術者になりたい方は、学校に通うなどして相応のスキルを身につける必要があるでしょう。

映像フリーランスの働き方

求人募集から企業パートナーへ

求人募集をしているサイトにはフリーの映像製作者を求めている会社があります。自分がそれなりのスキルを有しており、募集条件に納得できるのならば会社と業務委託という形でパートナー契約を結ぶことにより仕事を得ることが可能です。

期日までに納品ができなければ責任が問われることがあります。プロとして自覚をもって仕事ができないのであれば業務委託で仕事を引き受けるべきではないでしょう。

個別の単発や継続案件で働く

クラウドソーシングサイトから単発や継続案件を引き受けることで収入を得ることも可能です。実に多くの案件があり、価格帯や業務内容もさまざまで自分にあった案件を探すことが可能になります。案件を選ぶ際には作業時間と報酬がつりあっているのかどうか、検討する必要があるでしょう。

映像専門のクラウドソーシングサイトへの登録

クラウドソーシングサイトのなかには映像案件のみを扱っているサイトがあります。通常のクラウドソーシングサイトでも映像の案件はありますが、映像専門のクラウドソーシングサイトに登録しておくと、より多くの仕事を受ける事が可能になります。

映像フリーランス年収や相場は?

件数よりも仕事内容、知名度による

年収は映像の長さや、どこで流す映像なのか、製作者の知名度で大きく変わってくるでしょう。映像制作はどうしても時間がかかってしまうため、一定期間に制作できる件数に限りがでてきます。

そのため、年収の高い低いは単価の高い案件をいかに引き受けられるかどうかで変わってくるでしょう。

映像フリーランスは在宅でもできる?

男性,ポイント,kuguru,クグル,くぐる

無名だと作業時間が長くて低収入

映像制作の世界は実力主義の世界です。まだ実績のない無名のうちは在宅で安定した収入を得るのは難しくなります。仕事をこなしながら実績を積み少しづつ条件のいい案件を引き受けられるようになるとよいでしょう。

在宅フリーランスの案件も多い

ネット上では在宅フリーランスを募集している企業は多くあります。募集している企業を紹介してくれるサイトがありますので、自分の条件にあった企業はないか探してみることで自分のスタイルに合った働き方を実現することが可能でしょう。

まとめ

映像制作の業界では、無名で実績がないうちはフリーで食べていくのは難しくなります。まずは自分の可能な範囲で制作をして公開したり、実際に現場で働くことであ経験をつむことなどをして、少しずつ仕事を獲得していくことが大切になります。

関連記事

ページ上部へ戻る