Webライターになるには資格は必要?仕事に役立つおすすめの資格は?

プロやフリーランス、副業としても多くの人が活躍しているWebライターの仕事ですが、Webライターには特別な資格は必要なのでしょうか。Webライティングの仕事における資格の必要性とどんな資格があれば仕事に役立つのか、具体的な資格試験を紹介します。

Webライターに資格は必要?

資格はなくてもOK

Webライターとして仕事をするうえで資格は特に必要ありません。ライターの仕事ではクライアントの意図することをきちんと把握し、それに必要な情報を収集し、ニーズに合った文章を書くことが大切です。ライターの仕事は資格の有無よりも、文章を書く力や構成力、適切な情報を選択し収集する力などが必要とされると言えるでしょう。

幅広いスキルや経験は必要

Webライターに資格は必要ないと言っても、ライターとして収入を得ていくためには、幅広いスキルや実績を積むことが大切です。資格を取得することで、ある程度のスキルがあることを証明することができます。資格以外でスキルや実績を証明するには、過去作品のポートフォリオなどが使えます。

資格を持つメリットは?

付加価値が付けられる

たとえばお金や法律、医学などの記事は、信頼度の高い情報をもとにしていなければなりません。そのためには専門的な知識を持ったライターが必要となります。

これにあてはまるファイナンシャル・プランナーや宅地建物取引士、医師や看護師などの資格を持っていると、自身が作成した記事に付加価値が付くことになり、高い記事単価で仕事を得られることにもつながります。ライターとしての資格以外にも、このような専門的な資格が役立つことがあります。

信頼度が上がる

資格を取得することで、ライターとしての信頼度が高まるというメリットもあるでしょう。実績を積むまではクライアントから信頼を得にくく、仕事の獲得が難しい場合もあるかもしれません。その際に資格があれば、自身のスキルや知識の客観的な証明となるため、クライアントからの信頼を得やすく、仕事の獲得につながりやすくなると言えるでしょう。

他のライターとの差別化

ライター系の資格でも専門的な資格でも、資格があることで他のライターとの差別化を図ることになります。Webライターは特別な資格を必要としないからこそ、どのような資格を持っているかが自身のライターとしての個性や強みを表すことにもなります。自身がどのようなライターを目指すのか、どのようなジャンルを手掛けたいのかなどによって、資格をうまくアピールしていきましょう。

スキルの証明になる

ライター系の資格は、Webライティングのスキルを測れるものもあるため、取得することで自身のライティングスキルの証明に使えます。ライターの資格は通信講座や専門学校を修了することで取得できます。資格の勉強をすることで、ライティングスキルの向上にもなり、ライターとしての実績にもなります。

Webライターにおすすめの資格は?

Webライティング能力検定

日本Webライティング協会が提供する検定です。受験課目は、以下の6つです。

  • 国語
  • ウェブライティング
  • コピーライティング、メールライティング
  • SEO
  • 倫理・法律、炎上対策
  • Webライティングに関するミニ論文

得点ごとに1級から3級に割り当てられ、1級は高度なライティングスキルを有しているという証明になります。

WEBライティング技能検定

日本クラウドソーシング検定協会が実施している検定です。Web上で月に1回行われ、200~400文字程度のライティングを4本行い、合否が決定されます。

合格するとWEBライティング実務士として、クラウドソーシングでの活動を後押しするさまざまな特典を受けることができます。また試験準備を通じてライティングスキルを高めることもできるでしょう。

Webリテラシー試験

Webリテラシー試験とは、仕事を行う上で必要なWebリテラシーを備えているかを測るもので、株式会社ボーンデジタルが実施する試験です。ここでいう「Webリテラシー」とは、Webに関わる仕事を行う、デザイナー、ディレクター、プロデューサーの3職種の重要知識と定義されています。合格すると有効期限が2年間の「Web検定Webアソシエイト」を取得することができます。

ビジネス著作権検定

ビジネス著作権検定とは、著作権に関連する知識についての理解度や、ビジネスシーンにおける応用力を測る試験です。試験はBASIC、初級、上級と3つに区分されています。

インターネットを通じて情報を誰でも発信できる時代だからこそ、著作権への知識や活用能力が必要とされています。Webライターの仕事でも、書籍やWebの情報を参照して執筆を行う際に著作権の知識が重要になってきます。

まとめ

Webライターには特別な資格は必要ありませんが、資格取得の過程においてスキルを向上させたり、仕事の幅を広げたりすることもできるでしょう。また資格があることでライターとしての個性や強みをクライアントにアピールでき、信頼性を高めることも可能です。実績を積む1つの手段として資格取得を検討すると良いでしょう。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る