フリーランスで年収は上がる?稼ぎやすい人気職種や注意点を解説

フリーランスという働き方が徐々に周知され始めていることもあり、フリーランスという働き方に興味のある人も多いのではないでしょうか。この記事では、実際にフリーランスになった場合の年収や、稼ぎやすい職種等を見ていきたいと思います。

フリーランスは稼げるのか?

職種によって単価や稼げる金額が違う

フリーランスと言っても様々な業種があります。業種により、案件あたりの報酬や時給換算したときの金額が異なります。

例えば、デザイナー・WEBデザイナーであれば1案件あたりの単価相場は5,000円〜50万円となっています。ライターであれば1案件1,000円〜100万円。そして、エンジニアであれば1案件5,000円〜500万円程度が相場と言われています。これは、簡単な単発の案件から、大規模なプロジェクトやクライアントのオフィスに常駐して働く案件まで幅広く考えた場合の数字です。

時給で考えると、デザイナーは大体2,000~3,000円、ライターが1,000~2,000円程度、エンジニアが2,500~4,000円程度となります。もちろん、自分の仕事のスピードによって時給が変わります。案件を選ぶときは、自分のスキルと案件内容をかんがみて、時給換算してみましょう。安すぎる案件を受けてしまうことを避けられます。

本人の経験値やスキルによる

フリーランスで働く場合においての報酬額は、業種によっても異なりますが、自分の経験値やキャリアによっても異なります。当然ながら高いスキルを有している人の方が稼ぎやすいため、フリーランスを目指す場合は転職前に副業をしていくら稼げるかを確認するなどして、自分の市場価値を試してみましょう。

やればやるだけ稼げる

フリーランスには報酬の上限がないため、働けば働くほど稼ぐことが可能です。また、労働時間の制約もないため、スキルの向上だけでなく労働時間の延長によって収入を増やすことも可能です。その分、体調管理については自分で気をつけるようにしましょう。

フリーランスで稼ぎやすい職種と年収

フリーエンジニアの売上平均

フリーエンジニアの年収は600〜720万円が相場ですが、勿論スキルによって差が発生します。フリーランスエンジニアとして働く際は、個人で仕事を取るのが難しい面もあるため、フリーエンジニア向けの登録業者に依頼をするのが無難でしょう。

フリープログラマーは600万前後

フリープログラマーの年収は600万円前後が相場です。こちらもスキルによって額に変動があるため、高いスキルを有していた方が稼ぎやすいと言えるでしょう。勿論、技術的なスキルのみならず、コミュニケーション力や交渉力等汎用的なスキルも含まれます。

エンジニアとプログラマーの違いを簡単に解説します。エンジニアはシステム全体の設計や、それに関わる人とのコミュニケーションなどを行います。プログラマーは、エンジニアが設計したプログラムを実際に手を動かして書く人のことです。

Webエンジニアは500万以上も

Webエンジニアの年収相場は大体500万円〜700万円程度です。インターネットテクノロジーの発展により、様々なオンラインサービスがリリースされているため、Webエンジニアのニーズは高まっている傾向があります。Webの世界は技術トレンドの移り変わりが激しいため、Webエンジニアはその波についていくことが求められるでしょう。

制作デザイナーは400万以上も

制作デザイナーの年収相場は400万円程度と言われています。デザイナーはニーズが高いものの、ある程度の相場が固まっているため年収が上がりにくい面もあるようです。稼ぐためには、プラスで重宝されるスキルを身に付ける必要があるでしょう。マネジメントスキルや、業務効率化のスキルなどが挙げられます。

フリーで年収1000万稼ぐ人の真実

年収1000万の手取りは約670万

フリーランスとして年収1000万を稼いだ場合、手取り額は約670万になります。これはサラリーマンが1000万稼いだ場合の手取り額を下回っており、同じ1000万を稼ぐのであればサラリーマンの方が報酬効率が良いと言えるでしょう。

税率33%となり手取り300万以上減

所得税は、収入によって税率が異なります。年収1000万円の場合、税率は33%です。さらに、住民税、消費税などがかかってきます。それぞれの控除枠を考慮しても、手取り金額は600万円~700万円になってしまいます。もちろん、住んでいる自治体や加入している保険、確定申告の方法によって金額が前後します。

フリーランスで稼ぐために必要なこと

経費を上手に使って確定申告

フリーランスとして働いている場合に、手取り額を上げたいと思ったら、経費を漏れなく申告して税金を安くする必要があります。サラリーマンであれば自動的に給与控除が適用されますが、フリーランスは確定申告で記載しないと経費を計上することができません。

エージェントに登録しておく

エージェントに登録しておくことで自分に合った案件を紹介してもらうことができるでしょう。また、相手先との折衝をエージェントが代わって行ってくれるため、自分は本業に集中することができます。

勉強を続けてスキルアップする

技能系のフリーランスはスキル次第で受けられる案件が変わり、その結果として収入にも影響があります。そのため、勉強を続けてスキルアップし続けることで徐々に年収が上がることが期待できるでしょう。

確定申告などの経理計算をする

フリーランスとして働く場合、確定申告等の経理を全て自分で行う必要があります。税理士等の専門家に頼むという手もありますが、それもお金がかかってしまいます。自分である程度の知識を身に付け、収支をコントロールすることで手元にお金を残すこともできるでしょう。

まとめ

フリーランスとして働く場合、単価相場はサラリーマンより上昇するものの、手取り額は減ってしまう傾向があるようです。そのため、フリーランスとしてしっかり稼ぐには高いスキルを身に着けて高単価の案件をこなし、同時に税務や経理の知識を身に付けてしっかりと収支をコントロールすることが求められます。

関連記事

ページ上部へ戻る