プログラマーに将来性はない?プログラマーを続けるのに必要なこと

IT業界の人材不足が懸念されており、幼少期からプログラミングを学ばせようという動きが各所で見られます。そのためプログラマーの将来性は一見明るいように見えますが、実際はどうなのでしょうか?この記事では、プログラマーの将来性やプログラマーを続けていくために求められること等を見ていきたいと思います。

プログラマーに将来性はない?

需要は伸び続けている

プログラマーの需要は現在伸び続けており、今後は更なる人手不足になるため需要はより伸びていくと予想されています。その観点から言えばプログラマーの将来は明るく、既に子供の頃からプログラミングを習得させようという動きも各所で見られます。

ただし今後競争は激しくなる

プログラマー職自体の需要は伸びるものの、今後競争が激しくなっていく可能性も考えた方が良いでしょう。競争が激しくなるということは単価も下がり、同じ仕事をしていても給与や報酬が下がってしまう可能性があります。もしそうなったとしても、その中で生き残っていくという覚悟が求められるのではないでしょうか。

なぜ競争が激しくなるのか?

デジタルネイティブ世代の参入

以前はプログラミングができるというだけで貴重な存在でしたが、テクノロジーの発展により徐々にその希少性は失われています。そして、日常的にITを使いこなしてきたデジタルネイティブと呼ばれる世代が市場に参入することで競争が激しくなると言われています。

プログラミング環境の変化

プログラミングは日進月歩の世界であり、現在でも様々な利便性が追求されています。その一例としてはプログラミングの自動生成ツール等が挙げられますが、それによって高いスキルのない人でもプログラミングが組みやすくなった面は否定できません。それは、プログラミングに対するハードルが下がったことに他ならず、競争相手が増える可能性にも繋がるでしょう。

企業は若者の育成に注力

また、高スキルを有するベテランプログラマーは人件費が高いという問題もあります。プログラミングの自動生成ツール等も発達してきたため、企業は人件費のかかるベテランより人件費の安い若者の育成に注力し始めているようです。

AIの発達で仕事はなくなるのか?

単純作業は奪われる可能性も

AIの発達も見逃すことのできない要因です。AIの発達によって失われてしまう仕事という話を様々な場所で耳にしますが、実際に単純作業等はAIに奪われてしまう可能性があります。

プログラマーの世界での単純作業がどのようなもの指すかには様々な議論がありますが、基本的に誰にでも代替可能な作業を意味するでしょう。また、プログラマーの仕事というのはソフトウェア内で完結するものが多いため、そういう意味でもAIに代替されやすいと言えるのかもしれません。

創造的な仕事は奪われない

AIにはできないような創造的な仕事は奪われにくい傾向にあるようです。AIの発達によってプログラマーが不要になるという説もあるものの、必ずしもそうなるとは言い切れません。

人間の脳の仕組みには未解明の部分が多く、AIによって完全に代替するのは現状不可能と言えます。AIによって単純作業の代替は可能でも、脳の未解明な部分が紡ぐ創造的な仕事は代替は難しいのではないでしょうか。

35歳引退説は本当か?

当てはまらないケースが多い

プログラマーは35歳定年説が唱えられることがあるものの、一般的には当て嵌まらないケースの方が多いと言われています。肉体の衰えには個人差があることに加え、日々の心掛けによって緩和することが可能です。また、35歳以上で学習効率が落ちるということも科学的に証明されているわけではありません。

プログラマーを続けていくには?

最新スキルや使える言語を増やす

ITの世界は変化が激しいため、生き残っていくには最新スキルを身につけたり使用できる言語を増やしていくことが求められるでしょう。トレンドを追っていれば自然と頭も柔軟に保つことができ、年齢による学習効率の低下も緩和できる可能性があります。

マネジメントスキルを身につける

また、システムエンジニア(SE)やプロジェクトマネ―ジャーといった方向にキャリアアップしていくといった手も考えられます。上流工程にいけばいくほどAIに代替されにくい仕事をすることができ、自分の希少性を高めることが可能です。しかし、上流工程はコミュニケーション能力やマネジメントスキルも求められることが多いため、技術力に加えてそれらも磨いていく必要があるでしょう。

まとめ

プログラマーの将来はIT業界の人材不足により比較的明るいものの、誰でもできるような単純作業であればAIに代替されてしまう可能性は否定できません。しかし、しっかりと最新トレンドを追いつつ、何より周囲と協調しながら業務を進めることができる人材であれば、AIとも上手く付き合っていけるのではないでしょうか。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る