フリーランスデザイナーの年収相場は?高給案件を獲得して収入アップ

フリーランスであれば自宅でも仕事をすることができる職業柄、フリーランスデザイナーとして活躍される方も増えてきました。そんなフリーランスのデザイナーは、一体どの程度稼いでいるのでしょうか?ここでは、気になる年収相場や収入アップの方法について見ていきます。

フリーランスデザイナーの年収相場

30代で300~400万円台が目安

フリーランスデザイナーの平均年収は30代で300~400万円の方が多いですが、実力やビジネススキルで年収は大きく変わり、中には1千万円を超える方もいます。センスや技術力が高いことだけでなく、クライアントの要望を的確に汲んでデザインのための話が密にできるなど、コミュニケーション能力も年収に直結するスキルと言えます。

グラフィック・ウェブデザインの平均

著作権や商標登録による権利譲渡があるか無いかによっても単価は大きく変わり、例えば有名企業であればロゴだけで100万円以上する場合もあります。もちろんロゴ以外の案件でも単価に幅は出ますが、高額案件に共通しているのは、「著作権を侵害していないか」といった調査が入り、オリジナリティを強く求められる点です。代表的なグラフィック・ウェブデザインの平均単価は、次の通りとなります。

代表的なグラフィック・ウェブデザインの平均単価

フリーランスで仕事をする厳しさ

基本的に人件費のみで仕入れ代金など原価がほぼないWEBデザインの仕事で、年商600万円の売り上げが立てば、独立した甲斐があったと言えるラインでしょう。

1日8時間×20時間稼働で逆算してみると、
時給3,000円とした場合、月給48万円、年で576万円となり年600万円には及びません。
時給3,200円とした場合、月給51万2千円で、やっと年6,144,000万円に到達します。

ただし、ここから諸経費、住民税、事業税、所得税、国民年金、国民健康保険などが引かれるため、当然手取りが600万円という訳ではありません。また予定通りの工数で終わらなかった場合の追加経費も加味しておく必要があります。

高給案件が獲得できるようになるには

独立後はSNSを最大活用

職種を問わず多くのフリーランスの方がSNSで自身の活動について発信しています。独立後は、より多くのクライアントとの接触機会を持つために、最大限SNSを活用しましょう。自分の制作実績をインスタグラムで発信して絵で見せるのも良いですし、ブログで自分のデザインのツールや方向性を文章で表現するのも一つの方法です。

SNSにおける宣伝効果が上がるポイントは、「どれだけシェアされたか」「どれだけRTされたか」のため、実績の公表やシェア目的のブログ更新は必要不可欠となります。

月収から逆算し作業工程を減らす

修正やコンペが増え続けると作業工程が増えて他案件を請ける余裕がなくなるため、月収から逆算し作業工程を減らすことが必要です。修正を減らすには、クライアントとのイメージの相違をできる限り少なくすることが挙げられます。またコンペへの参加に関しては、仕事の選び方、見極め方によって受注確度を上げるなどの工夫が必要です。

上流工程のスキルで事業規模アップ

フリーランスでWEB、グラフィック系デザイナーとして事業展開すると、他の業種以上に1人で担当できる内容には限りがあることを痛感するでしょう。そういった時に「相談、協力できる同業者がいるかどうか」が大切です。

デザインコンサルティング、デザインディレクションといった、これから何を作るのかを考える上流工程のスキルがあれば、横の繋がりで双方にメリットを出し、大きな仕事が請けられるようになります。

高予算を持つ顧客は満足度を求める

予算の大きなクライアントは大手企業である場合が多いため、担当者の視点が「合理的に会社の予算を使ってパフォーマンスを出せているか」というよりも「自分のパフォーマンスが社内にアピール」できるものであるかという視点であるケースが多いです。

利益が出ることはほぼ確実ですし、要望が多いため後々の他案件で横展開できる可能性が高く、仕事の幅を広げるチャンスでもあるので、少々工数がかかってもホスピタリティ精神で応えると良いです。

デザイナーが手取り年収を上げるコツ

売れるまで低価格案件をコツコツ受注

最初は実績がないので、自分の技術を磨くためにも低価格案件を受注して積み上げていくことが得策です。実績を揃えるために安くでも仕事を取ってくることを繰り返していると、次第に仕事が入ってくるようになります。

そして1人で回せないくらい受注できるようになった時が、価格アップのタイミングです。例え仕事を断ることで失う仕事があったとしても、その分高単価で受注できれば仕事の価値を上げることができます。

ポートフォリオサイトで営業

ポートフォリオサイトは過去に自分がデザインした制作物やWebサイトを掲載した作品サイトです。日々更新することによりネット上で営業できます。

また交流会やセミナーなどで人と会う機会にタブレットに用意しておき、さっと見せられるようにしておけば、その場で自身の制作物を相手にスマートに知らしめるきっかけ作りにもなります。ポートフォリオサイトは、言わばデザイナーにとって名刺のような役割を担ってくれる便利な営業ツールです。

スキルの「幅」を広げる

Webサイトをデザインする際、基本的にはHTMLとCSSを使用できればサイト制作自体は可能ですが、アクションを増やす仕様をサイトに施す場合には、JavaScriptも習得しておくことが望ましいです。

またデザインに使用するソフトは通常、PhotoshopやIllustratorですが、SketchというアプリやWebサイトのULデザインができるツールもあります。

このように、年々新しいツールやデザインの方法が生まれているため、ディレクションやプログラミングなど含め、仕事の合間に使えるソフトや言語を増やすことで、スキルの幅を広げることが必要です。

仕事を依頼しあえる仲間をつくる

上流工程のスキルがあれば、横のつながりで大きな仕事が請けられるようになることは前述の通りですが、そういった仕事を依頼しあえる仲間をつくるために、フリーランス向けイベントや、交流会に積極的に参加するようにしましょう。

デザイナーは自宅やカフェで作業ができるため、意識しなければなかなか自分と同じフリーランスのデザイナーと知り合う機会はありません。月に1〜2回でもフリーランスの人と出会える場に行ってみることをおすすめします。

まとめ

フリーランスデザイナーの気になる年収相場など現状を踏まえ、収入アップの方法を見てきました。最初は実績を揃えることに注力し、その仕事の中で自分の得意分野の価値を高め、横の繋がりを構築して高級案件を獲得していくことが年収アップの近道と言えそうです。

関連記事

ページ上部へ戻る