htmlコーダーになるには?年収や必要スキル、独学の仕方も紹介!

htmlコーダーという仕事をご存知でしょうか?コーダーというのは、システムやデザインの設計案を基にそれを正確に再現していく仕事であり、htmlコーダーというのは主にWebサイトのコーディングを行う仕事です。この記事では、htmlコーダーについて詳しくみていきたいと思います。

htmlコーダーってどんな仕事?

コードを書く仕事のことをさす

htmlコーダーとは、Webデザイナーがデザインした内容をWeb上に実現させるためのコードを書く仕事です。そのため、htmlコーダーにはデザインを正確に表現するためのHTMLやCSS、Javascript等のスキルが求められるでしょう。

htmlコーダーの詳しい仕事内容

htmlコーダーの仕事内容を詳しく見ていくと、主にコーディングと更新・保守に分けられます。コーディングは与えられたWebデザインを実現するためにHTMLやCSS等のコードを記述すること、そして更新・保守は既に運用中のWebサイトの内容変更等を行う仕事です。

在宅勤務も可能

htmlコーダーはオンラインで仕事をすることが多いため、経験のある人なら在宅勤務を行うことも可能です。在宅勤務を行うことで時間の融通が利きやすく、専門性もあるという理由から女性にも人気のある職種です。

htmlコーダーの年収は?

平均年収は約360万円

htmlコーダーはの平均年収は約360万円であり、これはサラリーマンの平均年収より低くなっています。中には高収入のhtmlコーダーも存在しますが、彼らはhtmlコーディングに加えてWebデザインやディレクション業務なども担っていることが多いようです。

htmlコーダーに必要なスキルは?

コーディングの正確性

htmlコーダーに求められるスキルとしては、まずコーディングの正確性というものが挙げられるでしょう。コーディング段階でミスがあると、閲覧者のブラウザに直接反映されて表示されてしまうため、最終工程を担う責任感と作業の正確性が求められます。

HTML/CSSの基本理解

htmlコーダーは主にHTMLやCSSといった言語を使用してサイトを構築します。そのため、HTMLやCSSに対する基本的な理解が求められるでしょう。その他、場合によってはJavascriptやjQuery等を使用することもあり、様々な知識を駆使していかに与えられたデザインを正確に再現するかが大切です。

バグの発見・修正能力

HTMLやCSSのコーディングも広義で言えばプログラミングの一種であるため、htmlコーダーにはバグの発見・修正能力が求められます。サーバーサイドのプログラミングを行わなければセキュリティリスクが発生する可能性は低いものの、特定の機種で見た際のレイアウト崩れが問題になる場合もあります。

プログラミングの基礎知識

そして、htmlコーダーと言えどプログラミングを避けて通ることができない場合もあります。表現上のJavascriptやjQueryに加え、ケースによってはサーバーサイドを触らなければならないこともあるかもしれません。そのような際に備えて、プログラマーと同等レベルでないとしても、プログラミングの基礎知識はもっておいた方が良いでしょう。

デザインの基礎知識

htmlコーダーはWebデザイナーのデザインをブラウザ上に反映するのが仕事なため、デザインの基礎知識も求められます。基本的なデザインはWebデザイナーが行うことが多いですが、簡単なレイアウト更新程度であればhtmlコーダーに一任される場合もあるでしょう。また、デザインに加えユーザビリティの知識も求められることもあります。

新たに知識を習得すること

htmlコーダーとして活躍の場を広げるためには、HTMLやCSSに限らず幅広く知識・スキルを身につけていくことが大切です。Webの世界は日進月歩なため、デザイナーが作ったデザインをきちんと反映できるよう、日々知識やスキルの向上を目指すことが求められるでしょう。

htmlコーダーになるには?

特別な資格は必要ない

htmlコーダーになるために絶対必要な資格はありません。しかし、プログラミングやソフトウェア関連の資格を取得しておけば就職・転職では有利になるケースもあります。

まずはHTML/CSSの理解から

htmlコーダーとしてまず必要なのはHTML、CSS、JavaScriptなどに関する理解です。これらは独学の他、大学理系学部の一般教養、高校の情報科、専門学校やエンジニア 養成所などで学ぶこともできるでしょう。

未経験から独学するには?

本で学ぶ

独学で技術を学ぶには、まず入門書からHTML/CSSの基礎を体系的に学びましょう。いきなり専門的なレベルの書籍を手に取ると挫折することが多いため、常に自分のレベルに適した本を選ぶことが大切です。

インターネットを使う

現在はインターネット上で様々な学習サービスが展開されているため、そちらでも学ぶことが可能です。中には動画で分かりやすく解説されているものもあるため、本で学ぶことが苦手な場合は検討してみても良いでしょう。

実践してみる

技術を学ぶ際に重要なのは、とにかく手を動かして実践してみるということです。インプットばかり行ってアウトプットが疎かになってしまうようでは上達は難しく、覚えたこともなかなか身に付きません。実際に手を動かして何かを作ってみることで技術を自分のものにすることができるでしょう。

まとめ

htmlコーダーは与えられたデザインを正確に再現するという職種です。そのため、専門職ではあるものの、HTMLやCSS以外のデザインの基礎的な部分やプログラミングの基礎的な部分を任されることもあるため、時に幅広い知識が要求されます。

関連記事

ページ上部へ戻る