フリーランスで英語を生かして働くには?仕事の種類や求人の探し方!

英語が好きな人なら、英語を生かして好きな仕事をしてみたい!といった気持ちになったことがあるのではないでしょうか。ここではフリーランスでも英語を生かせる方法と、仕事の種類、求人の探し方について解説します。

フリーランスの英語の仕事とは?

一般には通訳、翻訳、英語講師

フリーで英語を生かせる仕事といえば、候補に挙がりやすいのが通訳、翻訳、英語教師です。通訳や翻訳の場合は高度な語学力が要求されるのはもちろんのこと、翻訳対象の分野を正しく理解して伝えるために専門知識を学ぶ必要も生じるでしょう。日本語や英語の表現力が問われることもしばしばあります。

通訳の場合は日給、英語教師の場合は時間給で支払われることが多いため、仕事を請ける日数や時間によって収入は変わります。翻訳の場合は翻訳する文章のボリュームとこなせる処理量によって左右されます。

英語を生かせる仕事は他にもある

日本と海外とのやりとりは活発になっているため、フリーランスが英語を活用できる場が通訳や翻訳以外にも増えています。詳しくは後述しますが、ビジネスサポート、具体的には輸出入の手続代行や英文メールのやりとりといった仕事も可能です。

他にもネットショップの運営・ライティング・英語学習のサポートなどで活躍するフリーランスもいます。人と接するのが好きならツアーコンダクターや日本語教師などの選択肢もあるでしょう。

英語を生かした仕事の種類は?

ビジネスのサポートの仕事

ビジネスサポートの仕事の1つとして、ビジネス文書の作成、英文メールのやりとりなどを行うバイリンガルアシスタント業務があります。他にも英語版のホームページ作成、プレゼンテ―ション資料の作成編集など、仕事の種類は多岐にわたります。

外資系企業に勤務した経験のある人、海外在住していた人をはじめ、ビジネスで英語を使っていた経験が求められる仕事といえるでしょう。

ネットショップの運営

ネットショップ経由で海外商品の国内販売、日本商品の海外向け販売も可能ですが、ネットショップ運営の実務を任せる案件も多いです。現地の担当者とのオンラインミーティング、関連会社とのやりとりなどに英語を生かせます。

また、海外から仕入れた商品説明をホームページに掲載する、日本の商品を海外のECサイトに登録するといった仕事もあります。

輸出入の業務代行

輸出入業務そのものをアウトソーシングする会社も増えているため、輸出入の業務代行という仕事も見られます。商品によっては専門用語や許可・届出などが必要となる場合もあり、貿易の知識と中級以上の英語力が求められます。

輸出入の際に生じる突然のトラブルには対応力も必要とされるため、貿易実務の経験をもつ人に適した仕事といえるでしょう。

記事作成などライティングの仕事

日本に興味がある外国人向けへ発信する目的として、動画への字幕翻訳・英語ナレーションの仕事があります。また、アニメなどの日本文化をはじめ、観光地や名物を紹介するための記事作成、ライティングの仕事も増えてきています。

語学力はもちろんのこと、日本文化や海外の事情など、正しい知識や調査スキルも必要とされるでしょう。

英語教材開発や英語学習のサポート

英語を学べる教材開発のための例文作成、TOEICなど資格取得のためのサポート業務もあります。SkypeやZoom(いずれもオンライン会議システム)などを用いたオンラインでの英語教師・英語学習のためのアプリ開発など、ITと連動した仕事も少なくありません。

いずれも高度な英語力を要する仕事となりますが、オンライン会議システム、チャットツール、アプリ等を使いこなすためのITスキルも併せて求められるでしょう。

旅行に関わるツアーコンダクター

2020年の東京オリンピックなどの影響で、日本に来日する外国人の増加が見込まれています。外国人に対して日本の観光案内をするツアーコンダクターも、英語を生かしたいフリーランスにとって魅力的な選択肢のひとつです。

外国人に直接接するため、高い会話スキルをはじめ観光に関する知識、コミュニケーション力が必要となります。

日本語を教える講師

ツアーコンダクターと同様、外国人と交流したい人にとって魅力的な仕事の1つが日本語を教える教師です。留学生や外国人労働者の増加に伴って、日本語を教えられる人材の需要は今後もますます増えていくと予想されています。

教え方にもよりますが、英語のテキストを活用しての指導を求められる場合もあり、英語力を十分に発揮できる機会もあるでしょう。

求人はどうやって見つけるの?

英語と得意なことを掛け合わせる

今まで触れてきたとおり、ほとんどの仕事は語学力だけが求められているわけではありません。英語に加えてビジネス実務、専門分野・用語、日本文化など、他の知識や経験を要する仕事が多い傾向にあります。

したがって英語だけにこだわることなく、あなたの好きなこと・得意なことをかけ合わせて仕事を探すのが得策といえるでしょう。

クラウドソーシングに登録する

クラウドソーシングとは業務の外注サービスのことで、多くの企業と個人事業主が結びつき、仕事を受発注する場となっています。通訳翻訳業務ほか、バイリンガルアシスタント、ネットショップ運営代行など、英語を生かせる仕事も多数見つけることができます。

日本のクラウドソーシングサイトの代表例として、クラウドワークスやランサーズが有名です。

海外のクラウドソーシングもある

海外のクラウドソーシングの活用によって、国境をまたぎ、英語力とITを用いて世界の企業と仕事ができるチャンスも広がってきています。

海外でもクラウドソーシングサイトは増えてきており、例えば最大手のUpwork、200を超える国から登録されているFreelancer.comが挙げられます。

まとめ

通訳・翻訳・教師に限定されず、フリーランスとして英語を生かすことができる機会はIT利用によって多様に広がってきています。自分の好きなこと、得意なことを英語力にかけあわせて、あなたの強みを生かせる仕事を探してみましょう。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る