プログラマーとSEの違いは?仕事・年収・待遇の違いを徹底解説!

システム開発の現場に欠かせないのがプログラマーとシステムエンジニア(SE)です。この二つの職種はとても近い関係にあり、混同されてしまうこともあります。本記事では、プログラマーとSEの違いなどについて解説します。

プログラマーとシステムエンジニアの違いは?

SEは設計担当者

システムエンジニア(SE)とは、開発するシステム全体の設計を担当し、工程全体を把握しながら案件を動かす職種です。また、重要な役割の一つとして、顧客からどのようなシステムが必要なのかをヒアリングして仕様を定める要件定義もSEが行います。

システム開発において、要件定義から設計、試験に至るまでの多様な業務をこなすのがSEです。そのため、基本的なITスキル以外にも、コミュニケーション能力や設計書などのドキュメント作成能力、開発システム関連業務に関する知識などが求められます。

プログラマーはプログラム作成者

プログラマーは、SEが作成した設計書に基づいてプログラムを実際に作成(コーディング)します。コーディングのみならず、一つのプログラムが正常に動作するかを確認する単体テストもプログラマーの仕事です。設計書が求める動作をどのような処理で実現するかを考えて、プログラムを使って実装するスキルが求められます。

また、仕様バグを見つけることもプログラマーの仕事です。仕様バグとは、仕様の不備などにより、システムが意図する動作と異なる動きをしてしまうという不具合を指します。仕様書通りにプログラムを作るだけでなく、作ったプログタムの動作がシステムとして正しいのか見極めることも、プログラマーにとっては重要です。

プログラマーとSEの仕事の流れ

プログラマーの仕事の流れ

プログラマーは、SEが作成した設計書に記載されている内容の通りにプログラムを組みます。要求されている機能を如何にプログラムに落とし込んで実装するかが、プログラマーの腕の見せ所です。

また、プログラムを組んだ後には、使用の意図通りに正しく動いているかの動作確認を行います。仕様書通りに動作しなかったり、おかしな動きをしたりしている場合には、プログラムを修正して動作確認をします。この作業を、正常な動作が確認できるまで行うのもプログラマーの仕事です。

SEの仕事の流れ

SEは、最初に、顧客にどのようなシステムが必要かをヒアリングして、要求分析を行います。その後、要件定義として、システムやソフトウェアとして必要な機能を明らかにしていきます。

要件定義が完了して必要な機能が明確になったら、次はシステムの設計です。基本設計として、開発するシステムやソフトウェアをどのようなもので構成するかなどを決定します。次に、実際にプログラムを組んで開発する上での詳細設計を行い、その後プログラマーによる開発及び動作確認が始まります。

プログラマーによる開発・動作確認が終わった後、再びバトンがSEに渡ります。動作確認については、企業や体制によってはSEがテスト作業を担うこともあります。完成したシステムやソフトウェアを顧客に納品し、稼働させた後に問題やトラブルが生じた場合にフォローを行うのもSEの仕事です。

年収・待遇の違いは?

年収はSEの方が高いことが多い

厚生労働省の2017年度の賃金構造基本統計調査によると、プログラマーとSEの待遇は下記のとおりです。

【プログラマー】
  • 年齢:30.7歳
  • 勤続年数:6.0年
  • 月間所定内労働時間数:167時間
  • 月間超過実労働時間数:16時間
  • 月収:29.10万円
  • 年間賞与:66.04万円
  • 年収:415.24万円
【SE】
  • 年齢:36.6歳
  • 勤続年数:9.4年
  • 月間所定内労働時間数:161時間
  • 月間超過実労働時間数:16時間
  • 月収:36.24万円
  • 年間賞与:93.52万円
  • 年収:528.4円

プログラマーに比べて、SEの方が年収が110万円ほど高く、勤続年数も3年以上長いという調査結果となっています。所定内労働時間数や超過日労働時間数にも大差はなく、むしろSEの方が若干少ないことからも、SEの方が好待遇であることが窺えます。

待遇もSEの方が良いことが多い

SEは、顧客対応を通してのシステム設計や、予算やスケジュールの調整、人員確保など、様々なマネジメントを担います。そのため、単に開発の工程でプログラミング作業やテストのみを行うプログラマーと比べて、幅広い知識や能力が求められるのです。これが、前述の給与額に表れているSEの待遇の良さの理由といえるでしょう。

その分SEの方が責任も重い

プログラマーに比べて年収や待遇の良いSEですが、その分、負う責任も重くなります。SEは、顧客の要望をプログラムで実現できる形にし、人員を動かして一つのシステムを作り上げます。この仕事が、プロジェクトの進行やシステムのクオリティなどを左右するのです。致命的なバグが発生したり、開発の進行に関わる問題が発生した場合には、基本設計からやり直しが必要になるケースもあります。

どちらを目指すべき?

プログラマーからSEになる人もいる

最初はプログラマーとしてスタートし、開発経験を積んでからSEになる人もいます。SEには、顧客の要望を設計に落とし込み、工程全体を見てマネジメントを行うための知識が必要です。

プロジェクトの様々な工程については、プログラマーとして実際に開発に携わっていればある程度把握できてきます。プログラムを開発をしてきた経験も、SEの業務に活きるので、プログラマーとしての経験は大いに役立つでしょう。

プログラマーがおすすめな人物像

プログラマーが職業としておすすめなのは、やはりプログラミング作業自体が好きな人です。また、人とのコミュニケーションや開発用のドキュメントの作成があまり得意ではない人も、その機会が比較的少ないプログラマーが向いています。プログラマーとして高い技術力を持っていれば、SEと同等、あるいはSEよりも高い収入が見込める場合もあります。

SEがおすすめな人物像

プログラミングよりもシステムの設計をしたい、という人にはSEがおすすめです。また、SEは顧客やプログラマーなど、人と話をして仕事を進める場面が多いため、コミュニケーション能力の高い人にも向いている職業です。顧客からシステム要件を聞き出したり、顧客や作業を行うプログラマーなどにわかりやすい説明をしたりするため、コミュニケーション能力はSEとして重要な素質と言えます。

システム・IT業界は3Kか?

3Kかどうかは企業次第

「きつい・帰れない・給料が安い」、この3つがIT業界の3Kと呼ばれるものです。企業によっては残念ながらこの3Kに当てはまってしまうこともあります。予算や人員不足、開発するシステムの納期が厳しいなどの理由から3Kが実現してしまう場合があるのです。

しかし、優秀な人材を確保するために、プログラマーやSEの待遇を良くする企業もあります。転職の際に不安があれば、職場見学などで様子を見てよく検討すると良いでしょう。

まとめ

プログラマーとシステムエンジニアは、似ているようでも仕事内容や求められるスキルが違ってきます。しかし、両者とも仕事を進める上では、お互いの業務に関する知識が必要でもあります。自分はどちらになりたいか、どのようにキャリアを進めるのかなど、考えてみるのも良いかも知れません。

関連記事

ページ上部へ戻る