ITストラテジストとは?資格取得の難易度やメリット、独学法を紹介

ITストラテジストは国家資格の一つであり、高難易度であることで知られています。簡単に取得できる資格ではありませんが、対策はどのように進めれば良いのでしょうか。本記事では、ITストラテジストの資格取得のメリットや試験の概要、対策などについてご紹介します。

ITストラテジストとは?

国家資格を取得した情報処理技術者

ITストラテジストとは、国家試験の「ITストラテジスト試験(ST)」に合格した情報処理技術者です。ITストラテジスト試験は、「独立行政法人情報処理推進機構(IPA)」が実施しています。その中でも、システムアーキテクト試験、プロジェクトマネージャ試験などと並んで高度情報処理技術者試験と呼ばれる難易度の高いものです。

ITの高度な知識を持った専門家

ITストラテジストは、情報処理技術者資格の中でも合格難易度が最も高いと言われる資格の一つです。合格するためにはITの高度な専門知識が要求されます。
また、ITストラテジストはIT系の資格の中で唯一、厚生労働大臣によって「専門的知識を有する労働者」に指定されています。「専門的知識等を有する労働者」は、弁護士、公認会計士、医師、税理士なども指定されています。労働基準法においては特例扱いの対象です。

企業のIT戦略を策定・提案・推進

ITストラテジストは、企業の経営戦略に根ざしたIT戦略を策定し、ITを活用した事業計画を提案・推進する役割が求められます。そのため、ITストラテジストとしての役割を十分に果たすには、高度な専門知識に加えて、優れた経営視点やマネジメント能力が必要です。

一般企業に所属して自社のIT戦略を担当する場合もあれば、ITストラテジスト専門企業に所属して他の企業からの依頼に応じて経営戦略をサポートする場合もあります。

資格取得後のメリットは?

市場価値・需要が高まる

現代ではIT技術が急速に進化を遂げています。その結果、企業におけるIT戦略も重視されるようになっており、ITストラテジストの需要も高まっています。

また、IT企業に限らず、他業界の企業の情報システム系の部門や、コンサル企業などでの活躍も期待できます。ITストラテジストの資格があれば、キャリアを積む上での選択肢も広がるでしょう。

年収が高い

ITストラテジストがサラリーマンとして働いた場合の年収は670万円程度です。平成28年時点での日本の平均年収が422万円であるのと比較しても、高年収であると判断できます。

求人においても、ITストラテジストの資格保有者であれば優遇される旨の記載が見られることもあります。待遇の向上や転職などに有利に働く可能性のある資格です。

STはどんな試験?

資格試験の概要

ITストラテジスト試験は、年に一度の10月に実施され、午前の部(午前I・午前II)と午後の部(午後I・午後II)に分かれています。それぞれの試験の概要は下記の通りです。

【午前I】
他の高度情報処理技術者と共通の四肢択一問題。

【午前II】
「システム戦略」「経営戦略マネジメント」などストラテジ系分野の問題を中心とした四肢択一問題。

【午後I】
記述式問題。全部で4題出題され、そのうちの2題を選択して解答する。

【午後II】
論文課題形式問題。全部で3題出題され、その中から1題を選択して解答する。

合格率は14.7%

平成29年の実績は、6,984名の応募者に対し、合格率は14.7%という結果でした。また、合格者の平均年齢は39.0歳と高めな部類に入ります。

午後IIの試験の課題が実務体験をもとに論述する、という形式の試験であるため、ある程度の実務経験を積んでいる方が望ましいようです。もちろん、勉強して受ける資格試験なので、実務経験が必須というわけではありませんが、業務において経験を積んでから挑戦するレベルの難易度であると考えられます。

独学するには?

総合的なテキストを準備

ITストラテジスト試験では、知識だけではなく、実践力も求められるような、難易度の高い問題が出題されます。さらに、問題の意図を理解するための読解力や、自分の解答を論述するための文章力も試されます。

そのため、テキストを選ぶ際は、専門知識が書かれているだけではなく、過去問題や練習問題などが載っているものを選ぶのがおすすめです。自分で回答を導き出す実践力を養うためです。

問題パターンを掴む

試験の対策としては、出題される問題のパターンをつかむことが大切です。まずは過去に実際に出題された問題と解答を見て、出題方式を把握します。

特に、午後Iの記述式、午後IIの論文課題形式の問題では、どのような形式で出題されて、どのような解答例があるのかを掴むことから対策をします。

記述はパターン熟知で対策

午後Iの記述式の試験では、問題の意図を正確に読み取り、的確な解答を出すことが求められます。まずは出題される問題の傾向や問いのパターンを熟知しましょう。問題が何を答えさせようとしているのかを読み取りながら過去問や練習問題をこなしていくと効果的です。

論文もパターンで攻略

午後IIの論述式の試験では、出題された課題について2,000~3,000文字程度で論述することが求められます。午後IIの論述試験についても、問題に対する定型的な論文パターンを知っておくことが効果的な対策です。過去問などからいくつかの論述パターンを習得し、自分の持つ知識やスキル、経験をはめ込んで解答を作成できるように訓練を重ねましょう。

まとめ

難関であるITストラテジストの資格を取るには、専門知識をしっかり身につけ、きちんとした対策をすることが必要です。受験を考えている方は、闇雲に勉強する前に、勉強の進め方や対策の仕方を考えてみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る