SEのキャリアパスは?キャリアパスの例と、知っておくべきポイント

毎日仕事をする中で、これからどう働いていくか、どうなっていきたいかなど自分のキャリアパスを考える機会があるかと思います。何をしていきたいのか、キャリアのゴールとして何を設定するのかなど、考え方は人それぞれです。本記事では、SEのキャリアパスや、SEが目指す職種、ポイントなどをご紹介します。

一般的なSEのキャリアパスとは?

プロジェクトマネージャーを目指す

従来の一般的なキャリアパスは、プログラマーから始まり、最終的にプロジェクトマネージャーを目指す、というものでした。具体的には、プログラマー、システムエンジニア、プロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャーの順にキャリアを積むというものです。

本人が技術的なスペシャリストやモノづくりを希望していても、最終的にマネジメント職に就くことが一般的でした。そのため、ある程度経験を積んだ後にはプロジェクトマネージャーとしての役割を果たすよう求められていたのです。

近年キャリアパスは変化している

エンジニアのキャリアパスには、近年変化が見られます。というのも、かつてはエンジニア一人でカバーできていた開発現場でも、ITの複雑化が進む中で新しい技術が次々登場し、一人で全てをカバーすることが難しくなったためです。

ITへのニーズが複雑化した結果、それぞれの技術をカバーするための専門性の高い技術者も求められる人材の一つとなりました。現在では専門性の高いプロフェッショナルが一つのキャリアのゴールとなっています。

SEが目指す代表的職種と必要スキル

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーの仕事は、一つのプロジェクトを成功に導くことです。具体的には、顧客との折衝や人件費や予算管理、進捗管理など、様々な役割が求められます。

プロジェクトマネージャーとして開発に携わる場合にも、SEとしての知識や経験が所々で役に立ちます。SEとしての経験に加え、プロジェクトマネージャーとしてのノウハウも身につけていく必要があります。

コンサルタント

IT企業に限らず、企業の経営方針に基づいて、経営戦略や業務改革などに対する提案を行うのがコンサルタントです。SEとして開発現場で培った顧客との折衝経験や、マネジメント経験を活かせる仕事です。

コンサルタントを目指すのであれば、プロジェクト管理などで経験を積み、コンサルタントに必要なスキルや知識を身につけていくと良いでしょう。

ITアーキテクト

ITアーキテクトは、プログラマー、SEの上級職に位置付けられ、システムの構造や設計様式、方向性を定める役割を果たします。そのため、システム構築のための幅広い知識が必要になります。

それに加えて、顧客の要望を聞いてビジネスにおける課題を解決する能力が求められるため、ビジネスの仕組みに関する高度な知識も必要です。

スペシャリスト

ITにおけるスペシャリストは、特定のITスキルにおいて高い価値を発揮する人材を指します。システムの実現性の把握やトラブル発生時の対応などにおいては、技術的な拠り所となる存在です。システムの設計や開発の面では、より処理効率の良い設計やプログラミングを行うなど、専門家ならではの働きが期待されます。

代表的なキャリアの例とは?

管理職を目指す

キャリアの例としてまず挙げられるのは、やはりプロジェクトマネージャーなどの管理職です。20代~30代の間に開発経験を積みながら、マネジメントスキルやコミュニケーションスキルを身につけていきます。

20代ではできるだけ多くの経験を積み、30代で身につけたスキルを研鑽していきます。その後、40代~50代で管理職として活躍する、というようなキャリアが一般的です。

スペシャリストとして活躍する

スペシャリストをキャリアのゴールとするなら、20代のうちに開発現場で技術的な経験を積みながら、情報処理技術者試験などの資格を取得していくのが望ましいと言えます。

早いうちに様々な経験をし、知識を身につけるのが理想的です。その後、30代で製品開発の経験を積み、40代以降でコミュニケーションスキルなどを磨きながら技術者として活躍する、というイメージです。

異業種へ

SEの経験をある程度活かしたいのであれば、元の職業と親和性の高い業界や職種の方が転職はしやすくなっています。しかし、IT企業でなくとも、別業界の企業において社内SEとして活躍することもできます。

社内SEは、社内のシステム開発や、社内のPCトラブルの対応、システムの管理などを行います。SEとして得たスキルを活かしつつ、他の業界で働きたい場合には、社内SEも一つの選択肢です。

女性SEのキャリアパスの注意点は?

あらかじめゴールを決めておく

SEに限らず、女性にとって、結婚や出産はキャリアを考える上ではとても大切なことです。結婚したら出産を望む、またある程度の期間は子育てをしたいなど、人によって自分の中での希望があるのは当然です。その希望を叶えるために、会社を選ぶ際には産休・育休や時短勤務制度といった会社の福利厚生や制度などに注目しておくことをおすすめします。

あるいは、結婚しても出産はせず、キャリアウーマンとして活躍したい場合には、自分の望むキャリアアップやスキルアップができそうな環境を第一に検討することができます。

転職する際の伝え方

SEとして転職活動をしていると、しばしば尋ねられるのが「5~10年後までのキャリアプラン」です。特に、結婚している女性については、どうしても子供に関して採用担当者が気にする場合があります。

結婚や出産などプライベートな質問については、ストレートに聞かれることはあまりないかもしれません。それでも、もし家庭に関して尋ねられた場合にはどのように答えるか、事前に考えておいた方が良いでしょう。

まとめ

SEとして働いていると、この先考えられるキャリアパスは複数あります。SEとして働いている人も、SEを目指している人も、自分の目指すキャリアが定まったら、そのゴールに向けて今から備えておくと良いでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る