ネットワークエンジニアの将来性とは?クラウド化についても解説

自分の将来を考えた時、専門の知識を身につけて将来に備えたいと考える人も多いのではないでしょうか?さまざまな専門職がある中で、ここでは「ネットワークエンジニア」という専門職の将来性やさらに自分を伸ばしていくためにはどうしたらいいかについて紹介します。

ネットワークエンジニアの将来性


まず始めに、ネットワークの設計や構築、監視、運用などの業務を担う「ネットワークエンジニア」という仕事の将来性について紹介します。

慢性的な人手不足

現在、ネットワークエンジニアという専門職は慢性的な人手不足にあります。エンジニアの需要が急速に高まっていることなどが要因としてあげられます。そのため、ネットワークエンジニアになって求人が見つからなく困るということはほとんどないでしょう。

将来像はつかみにくい

IT業界の特徴として、トレンドの移り変わりが激しかったり、技術革新が頻繁に起こったりすることがあげられます。最近も、クラウド化などの影響によって技術が変革しています。

そのため、ネットワークエンジニアの仕事をする上で、自分がネットワークエンジニアとしてどのように変わっていけるか、どのような仕事をしていけるかという将来像がつかみにくくなっているのが現実です。

クラウド技術は必須

クラウド技術とは、インターネット上でのデータの保存や使い方、それに関するサービスのことを言います。その技術は日々進歩しており、当面の間はクラウドサービスに秀でたネットワークエンジニアが仕事をする上で有利だと言えます。これからネットワークエンジニアを目指そうと考えている人やすでにネットワークエンジニアとして働いている人も参考にしてみてください。

プログラマーの方が有利?


続いて、ネットワークエンジニアよりもプログラマーの方が有利なのか、比較しながら見ていきたいと思います。

プログラマーとは技術領域が違う

ネットワークエンジニアがネットワークの設計や構築、監視、運用を仕事としている一方、プログラマーはプログラミング用語を用いてシステムのアプリやソフトウェアを開発することを仕事としています。ネットワークエンジニアとプログラマーでは、技術領域が大きく違う職種です。

プログラマーは働き方が自由

プログラマーは、ネットワークエンジニアが設計したものを開発する仕事がメインです。プログラマーの仕事は、オフィスで働くネットワークエンジニアに比べて、個人で作業のできる仕事が多いので、フリーランスや在宅など、自由な働き方ができます。

クラウド化で自由度は上がる

クラウド化とは、今までコンピュータ上に置いていたシステムをインターネット上に置き、外部のクライアントがアクセスして使用できる状態にすることです。クラウド化が進んでいくとともに、社内システムやデータにオフィス外からもアクセスしやすくなりました。

こういった進歩によって、プログラマーの仕事に対する自由度は上がってきています。ネットワークエンジニアとプログラマーでは仕事内容が違うので、自分に合った方を選ぶ上で参考材料にしてみてください。

キャリアパスはどう描く?


続いて、ネットワークエンジニアに必要なキャリアパスをどう描くか、それに必要なスキルなどについて紹介します。

プログラミングスキルの需要は大きい

今まで、ネットワークエンジニアは決まったコマンドを使用してネットワークの構築を行っていました。しかし、「仮想化ネットワーク」というネットワーク上でさまざまなことを行える技術が進歩してきている現代では、ネットワークエンジニアも今より多くのコマンドを使える方が需要が大きく、プログラミングスキルが必須になることが予想されます。

幅広いスキルアップで需要増

ネットワークエンジニアは先ほど紹介したプログラミングの他に、マーケティング力や営業スキル、コミュニケーションスキルを磨くことで、自分で仕事を見つけることもできます。それによって、需要が増えることはもちろん、独立といった将来像も可能性として見えてきます。

このようなスキルは、これからのネットワークエンジニアのキャリアパスを描く上でとても重要となってきます。日々進化を進めるネットワーク業界の中で、これからネットワークエンジニアとして活躍していきたいと考えている人は、自分に合ったキャリアパスを考えていきましょう。

年収を上げるには?


最後に、ネットワークエンジニアとして働く中で年収を上げるための方法について紹介します。

プロジェクトマネージャーになる

プロジェクトマネージャーとは、ネットワークエンジニアとしての知識を持ちつつ、クライアントへのネットワークの設計内容を説明し提案するといった仕事です。クライアントはもちろん、現場などさまざまな相手と関わることが多いので、コミュニケーションスキルが重要となってきます。スキルアップという点と人手不足ということもあり、年収が上がることも期待できます。

外資系に転職

年収を上げる方法として、外資系のネットワークエンジニアに転職するという方法もあります。外資系ということはもちろん英語力も必須となり、即戦力の人材が求められます。企業の求めるスキルと自分のスキルが見合っているかをしっかりと確認して、年収を上げる方法として検討してみてください。

フリーランスになる

ネットワークエンジニアとしてのスキルに自信があるという人には、年収を上げる方法としてフリーランスになるという方法があります。ネットワークエンジニアとしての経験を積むことで、設計や構築、監視、運用といった流れを一貫してできれば、自宅や場所を選ばずに仕事ができる上に、仕事に対する報酬も自分で設定して受け取ることができるので、うまく仕事を受けられれば年収
を上げることもできます。

このように、年収を上げる方法もたくさんあります。ネットワークエンジニアとして経験を積み、年収を上げたいと考えている人は紹介したような方法を参考にしてみてください。

まとめ

ここでは、ネットワークエンジニアの将来性を中心にその他の専門職との比較や年収を上げる方法など、自分をスキルアップさせたい人に知っておいて欲しい情報を紹介してきました。ネットワークエンジニアとして働いている人も目指そうとしている人も将来を見据えるための参考にしてみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る