エンジニアのスキルシートとは?具体的な書き方などを紹介!

就職や転職する際にスキルシートを求められたものの、何を書けばいいかわからないという人は多いと思います。スキルシートの書き方にはコツがあり、うまく書くことで思わぬチャンスをつかむ要因にもなります。今回はスキルシートの役割や書き方など、効果的なアピールにつなげるためにはどうすれば良いのかを紹介していきます。

エンジニアのスキルシートの役割は?

非ITエンジニア人事部員にも伝わる

一般的に一次選考資料として、履歴書などと共に提出するものであり、プロダクトマネージャーや人事部の採用担当者などが参考にする資料となります。したがって、スキルシートの情報はIT部門だけでなく、非ITエンジニアの人事部員なども目を通すことになります。

ただ雑然と保有スキルや経験などを書き連ねるだけでは、自分の伝えたい人物像に誤解を招くこともあるので、具体的でありながらも整然とした内容を心がけましょう。

出来る事や技術レベルを確認できる

スキルシートは、採用担当者にとって、求職者がどのようなことができるか、技術レベルはどのくらいなのかを確認するためのものです。これまでにどんな業務を担当し、そこでどのような役割を担っていたのか、どれくらいの期間携わったのかといった情報から、ニーズに合致するかを検討する材料になります。スキルシートは、自分がいかに会社に適した人材であるかを具体的にアピールするのに重要な役割を果たします。

スキルシートの書くべき内容は?

参画した案件はすべて書く

これまでに経験した業務やプロジェクトをすべて洗い出し、整理しましょう。経験業務を書いていく際に必要となる情報は「参画期間」と「具体的な業務内容」です。業務内容はどのような業務だったか、開発環境やチーム体制、自分がどの工程を行い、どの役割を担っていたのかを具体的に書いていきます。これらの情報を文章で長々と書いては採用担当者が読みにくいので、箇条書きや表を利用して視覚的にわかりやすくしましょう。

相手が求める人材を想定して書く

企業側がスキルシートで見たいのは「何ができるのか」ということです。企業が必要としている人材と、自分が保有している能力が合致すれば、大きなポイントになります。企業によって必要としている能力は当然異なるので、自分が保有しているスキルや経験の中でも、その企業にとって必要とされそうなものを積極的にアピールしていきましょう。

5W1Hで具体的に表記する

自分が今まで携わってきたプロジェクトや業務の内容を説明する時に、情報過多になったり、逆に説明が不十分になったりするかもしれません。企業側は、
その人物の業務経験から、自社のプロジェクトに合うかどうか細かく見ていきます。経験を書く際は些細な情報も重要になるので、5W1Hで要点を整理しながら、書き漏らしがないようにまとめていきましょう。

スキルシートの具体的な書き方

エクセルに具体的に書く

スキルシートを書いていくためには、まず自分の業務経験などを具体的に事細かく洗い出していく必要があります。エクセルに書いていくことで、自分の中で整理しつつそのままスキルシートを作成することもできるので便利です。テーブル機能などを使って、具体的な業務内容を期間や作業工程などの項目に分けて詳細を記述していくと良いでしょう。

テンプレートを使って書く

ネット上には無料で使えるスキルシートのテンプレートがあります。あらかじめいくつかの項目が用意されており、項目を参考にして自身のプロジェクト経験やスキルを書いていくことができます。自分の考えが漠然としていて、うまく手を付けられないなら、まずはテンプレートを参考にしましょう。

最後に必ず自己PRを書く

自己PRには、自分が携わってきた業務・プロジェクトにおける実績や、ITスキルに関するアピールポイントなどを書いていきます。例えばプロジェクトでの実績として「~の開発により工数を○人日削減」や「~の経験があるので○○には自信がある」といったことが書けます。また、ITに関する勉強経験やコミュニケーション能力をアピールできるポイントがあればそれも記載していくと良いでしょう。

スキルシートの使えるテンプレート

スキルシートのダウンロード

いくつかのサイトでスキルシートのテンプレートが配布されています。配布されているテンプレートの多くはエクセル形式なので、エクセルファイルを編集できる環境を用意しておきましょう。また、開発系エンジニアやWEBデザイナーなど、それぞれの職種に合わせたフォーマットを用意しているところもあるので、自分の目的に合わせて選択しましょう。

スキルシートをオンラインで作る

テンプレートをダウンロードして作るのではなく、オンライン上でそのまま作成することのできるサービスも登場しています。項目に沿って入力していくだけで簡単に作成できるだけでなく、URLとして公開することもできます。ポートフォリオやGitHubなどとうまく連携して、より効果的にアピールすることもできます。

まとめ

スキルシートは履歴書などともに最初の段階で人物像を判断するのに使われます。スキルシートの内容は、これまでの業務経験とスキルを詳細に、わかりやすく記載することが重要です。何をどのように書いていけばいいかわからない場合でも、まずは自分の経験業務をエクセルに書き出して整理したり、テンプレートを利用して作成したりしていくと良いでしょう。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る