間違えている人続出!?ビジネスマナー敬語を正しく理解しよう

敬語は、目上の方にはもちろん、初対面の方にも使う言葉です。砕けた言葉で接することで失礼になることもあり、尊敬する気持ちも相手に伝わりません。 ビジネスの世界においては、最低限守るべきマナーとされているため、社会人には必須です。ビジネスは全て会話から発展するものといっても過言ではありません。 また、間違えて覚えている敬語も多く、不適切な言葉だと気づかずに使っている方もいるのではないでしょうか。 そこで今回は、ビジネスマナーとして必須の敬語について学んでいきましょう。

敬語は最低限のビジネスマナー


ビジネスにおいて、目上の方にも下の方にも敬語を使うのは、仕事上のマナーです。同じ組織で仕事をし、目標を達成するために協力関係にあるため同僚や上司、後輩は尊敬心を持って接することが大切なのです。具体的にどんな言葉を使えばいいのかお悩みの方のために、ビジネスの際に使う敬語について見ていきましょう。

ビジネス敬語は社内・社外で使い分けが必要なため間違う人が多い

会社で普段使っている敬語は、間違いやすい表現が多いです。加えて社内や社外で使い分ける必要もあるため、適切な表現が分からずにいる方も存在します。具体的な例を以下で紹介しますので、確認していきましょう。

いつもお世話様です

お世話になっている方に挨拶で使うことが多い敬語です。正しくは「いつもお世話になっております」であり、目上の方に用いる際は注意しましょう。

了解しました

用件を了承したときなどに用いる表現です。しかし、了解しましたではフランクな表現になってしまうため、社外の方、目上の方には「承知しました」「かしこまりました」と表現するのが正しい敬語です。

ご苦労様です

基本的に目下の方に用いる表現です。間違えて目上の方に使ってしまうと、不快な気持ちにさせてしまうこともあるため注意が必要です。正しい表現としては「お疲れ様です」と理解しておきましょう。

相手に不快感を与えないためにも正しいビジネス敬語を使うことが重要

自分では丁寧な言葉を使っているつもりでも、間違えた表現は相手を不快な気持ちにさせてしまうこともあります。馴染みのある方の場合は多少砕けた表現で通ることもあります。しかし、初めて仕事をする方、取引をする相手のことを考えると、正しい敬語をマスターして適切に使うスキルが求められます。

敬語の種類をおさらいしよう


敬語には複数の種類があり、自然に使っている方も多いでしょう。ここでしっかり敬語の種類を理解し、どんな場合に使えばいいのか、適切な言葉遣いができるように役立ててみてください。

謙譲語

自分をへりくだって相手を高める敬語になります。自分の動作の際に使うことが多く。例としては「参る→伺う」「申す→申し上げる」「おる→おります」などが該当します。

尊敬語

相手に尊敬の気持ちを込めて使う言葉です。適切に使用すれば、相手の状態、行動などを高めることが可能です。「お考え」「召し上がる」「お越しになる」などが挙げられます。

丁寧語

自分の言葉を丁寧な敬語に昇華させ、敬意を表す言葉になります。語尾につける言葉と頭に付ける言葉があり、「~です」「~でございます」などの言葉になります。

 

二重敬語は失礼に当たるため要注意


敬語は丁寧に使えばいいというわけではありません、丁寧さを意識するあまり、二重敬語になりマナーとしてふさわしくない言葉を使っている方も増加傾向にあります。

  • おっしゃられる
  • 申されておられました

上記のような敬語では回りくどい印象を与えてしまい、日本語としても違和感があります。丁寧に敬語を使おうとするあまり思わず出てくることがあるので注意しましょう。失礼にあたる場合は比較的少ないですが、しっかり敬語を使えない人間と思われてしまうこともあるため、日頃から正しい言葉を使えるように練習する必要があります。

クッション言葉で好印象を残そう


ビジネスの世界では、相手に何かをお願いしたり、お断りしなければならないことがあります。その際不適切な言葉を使うと、失礼にあたりときにはトラブルに発展してしまうこともあります。

そんなときに丁寧で柔らかい表現にしてくれる「クッション言葉」を活用するのがビジネスでも主流です。基本的に言葉の前に添えて使い、様々な言葉に用いることが可能です。では、具体的にどのような言葉なのかを確認していきましょう。

お手数ですが、大変恐縮ですが

相手に何かを依頼する際には、そのままの言葉で表現すると適切な敬語であっても命令口調になりがちです。そのため相手には気持ちよく引き受けてもらう必要があります。お手数ですが、大変恐縮ですがなどを頭に用いることで命令口調になりにくくなります。また、~していただけませんか?のように質問する言葉に言い換えることで、より丁寧な表現になります。

申し訳ございませんが、失礼とは存じますが

物事を断る際には、とくに注意が必要です。相手を不快な気持ちにさせることで、今後のお付き合いに影響することもあります。申し訳ございませんでした、失礼とは存じますがなどの言葉を断る言葉の前に入れることで、表現が柔らかくなり、本当に申し訳ない気持ちが相手に伝わりやすいです。

クッション言葉を用いて断りを入れる際にも細心の注意を払いましょう。

 まとめ

いかがでしたか?敬語は表現が豊富で様々なシーンで使い分けなければなりません。正しく理解しないうちに使い、いつの間にか間違って覚えている方も多いのです。一朝一夕では身につかないため、しっかり正しい言葉を学び、普段から意識的に使うことで正しい敬語を使えるようになるはずです。うまく使いこなせれば、誰に対しても失礼のない、優秀なビジネスマンとしてのスキルを手に入れることができるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る