サーバーエンジニアってどんな職業?資格や年収、必要スキルを紹介!

ネットワーク上において、様々な機能やサービスを他の端末に提供するのがサーバーです。サーバーの構築や保守を担当するエンジニアをサーバーエンジニアと呼びます。本記事では、サーバーエンジニアの業務やおすすめの資格、年収などについてご紹介します。

サーバーエンジニアとはなに?

サーバーの構築・運営・保守を行う

サーバーエンジニアとは、サーバーの構築や運営、保守などの業務を行うエンジニアです。サーバーの設置や入れ替え、管理を行いITシステムのインフラ関連の課題に取り組みます。

サーバーの構築業務の内容としてはサーバーの構築と設計から、ラッキングと配線作業、OSやサーバーアプリケーションの設定といった作業です。また、保守業務として挙げられるのは、サーバーの設定の変更や監視、障害対応、サーバーのバックアップの管理、セキュリティチェックなどです。

ネットワークエンジニアとの違い

サーバーに関する業務を担うサーバーエンジニアに対し、ネットワークエンジニアはネットワークの構築、運用、保守を行い、ネットワークに関連するアプリケーションを扱います。サーバーエンジニアが扱うのはサーバーで、ネットワークエンジニアが扱うのはあくまでネットワークであり、それぞれ対象としているものが異なるという点が、両者の大きな違いです。

大きなやりがいがある

前述の通り、サーバーエンジニアが担当する業務は、サーバーの構築、設計、配線、OSの設計、監視、障害対応など、構築から保守に至るまで多岐に渡ります。手がける業務の規模や範囲の大きさから、一つのプロジェクトが完了し、システムがスムーズに動作していることを確認できた時の達成感は大きなものになるでしょう。また、障害が発生した時に多くの人に頼られ、問題を解決できることも一つのやりがいです。

未経験でもなれる?

未経験でも挑戦できる

現在ではIT業界全体に人材不足の傾向が見られるため、本人の意思があれば、未経験から挑戦することも可能です。ただ、いきなり大企業で未経験のサーバーエンジニアとして働くのは難しいため、転職するのであれば中小企業の方がチャンスを望めるでしょう。

それでも、同世代で学生時代に専門的な勉強をしていた人や、新卒入社以降サーバーエンジニアとして働いていた人に比べれば、やはりスキルや知識に大きく差がつきます。実務で活躍できるように、自主的な勉強やスキルアップのために努力することが大切です。

必要なスキル・資格は?

OSの知識

サーバーエンジニアとして働く以上は、サーバーを動かすOSの知識は欠かせないものです。また、特定のOSの知識だけ持っていても、他のOSを設定する必要があるなどの場合に、対応が難しくなることがあります。どのようなサーバーでも扱えるよう、WindowsやLinuxなどの特定のOSだけではなく、様々なOSの知識を広く身につけておくことが望ましいと言えます。

ネットワークの知識

サーバーの構築や設計をする上では、ネットワークに関する知識も不可欠です。特に、最近ではネットワークのクラウド化に伴い、サーバーを自社に置かない企業も見られます。そのため、どのような場合にもサーバーの対応ができるようにするために、ネットワークのインフラについての知識やスキルを身につけることも必要です。

セキュリティの知識

サーバーがウイルス攻撃の標的になった場合にも耐えられるよう、セキュリティのチェックや対策の見直しをすることも、サーバーエンジニアの重要な仕事の一つです。近年では、サーバーへの攻撃が多様化し、さらに巧妙なものになってきています。サーバーを保守してシステムの安全を守るためにも、セキュリティやウイルスについて最新の知識を身につけておくことが求められます。

コミュニケーション能力

サーバーの構築や保守を主な業務とするサーバーエンジニアにとっても、コミュニケーション能力は重要です。障害が起きた際にクライアントに対して原因や対処をわかりやすく説明する場合や、他のエンジニアと連携して業務を進める場合など、人とやり取りをする機会も多くあります。業務を円滑に進めるために、スムーズなコミュニケーションができることも、サーバーエンジニアにとって必要な要素です。

英語力

他のエンジニアにも共通することですが、サーバーエンジニアにも英語力が求められる場面があります。今でも英語圏がIT技術の先端であるため、最新技術に関する資料や不具合などに関する情報をチェックする際に、ドキュメントが英語のみであるということもしばしばあります。常に最新の技術を学ぶために、専門的な英文を理解できるレベルの英語力があることが望ましいでしょう。

おすすめの資格

サーバーエンジニアとして働くためにおすすめの資格をいくつかご紹介します。

【Linux技術者認定試験(LPIC)】
LPICとは、LPI (Linux Professional Institute)が運営する、Linux技術者としての技術力を認定する資格であり、レベル1からレベル3までの3段階の認定が提供されています。Linuxの基本的な操作から応用的なサーバー構築、セキュリティや仮想化などの専門分野に特化した内容に至るまでの様々な知識が問われます。

【マイクロソフト認定プロフェッショナル認定試験(MCP)】
MCPは、マイクロソフト社による、マイクロソフト製品に関する知識と技能をレベル別に認定するベンダー資格です。試験のレベルとして、低い方からアソシエイト、エキスパート、マスターの3つのレベルがあります。さらに、アソシエイトの下位にあたる、入門レベルの知識を問うMTAという試験も実施されています。

【Cisco Certified Network Associate(CCNA)】
CCNAは、シスコシステムズが主催する、ネットワークエンジニアの技能を認定するベンダー資格です。5段階のグレードが存在し、簡単な方からエントリー。アソシエイト、プロフェッショナル、エキスパート、アーキテクトとなっています。資格は3年で失効してしまうため、保持し続けるためには3年以内に同レベル、あるいは上位のレベルの試験に合格する必要があります。

資格を取得することももちろんですが、資格試験のための勉強をすることで、サーバーエンジニアとして役立つ知識を身につけることができるでしょう。

サーバーエンジニアの年収は?

30代で500万円前後

サーバーエンジニアの年収は、契約状態やスキルによって金額は異なりますが、平均すると20代で400万円、30代で500万円程度と言われています。ネットワークエンジニアの業務など、サーバーエンジニア以外の仕事も並行して行うことで、さらに年収が上がる場合もあります。また、資格を取得してスキルを証明すれば、さらに高収入を見込めることもあるでしょう。

まとめ

サーバーは、現代の私たちの生活において、もはや欠かせないものとなっています。そのため、サーバーを構築、運用するサーバーエンジニアの需要も高まっているのが現状です。サーバーエンジニアとして働くには様々な知識やスキルが求められますが、現代人の生活を支える重要な仕事と言えます。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る