マークアップエンジニアの年収やスキルは?未経験でも求人はある?

web業界が発展している現在では、マークアップエンジニアの需要も高く、活躍の場が広がっています。未経験でもマークアップエンジニアとして活躍したい、と考える人も少なくないでしょう。本記事では、マークアップエンジニアの概要や必要なスキル、将来的なキャリアなどをご紹介します。

マークアップエンジニアとは?

コーダー以上フロントエンドエンジニア未満

webコーダーは、デザイナーによるページデザインをそのままコーディングして再現します。それに対して、マークアップエンジニアは、デザイン通りにページを実装するだけでなく、ユーザビリティの向上を追求し、サイトの目的を達成するために、より高いコーディングスキルが求められます。技術的にはJavaScriptやCSS3に加え、CMSのテンプレート設計や開発を行うこともあります。

そして、マークアップエンジニアの上位職に位置付けられるのが、フロントエンドエンジニアです。HTMLやCSSを利用したwebページの実装だけでなく、APIを利用したwebサービスの構築やCMSでの機能拡張、アプリケーションの開発をすることもあります。そのため、フロントエンドエンジニアはコーダーよりもプログラマーに近いとも言える職業です。

未経験でも求人がある

マークアップエンジニアの仕事は比較的下流工程であるため、未経験から始めるのに良いとも言えます。web系業界では即戦力が求められるので基本的には経験者が優遇されますが、企業によっては未経験でもスキルがあればマークアップエンジニアとして採用される場合もあるのです。ただ、未経験とはマークアップエンジニアとして業務をしたことがない、ということであり、就職するのであればある程度のスキルは必要になります。

マークアップエンジニアのスキル

HTML

HTML(Hyper Text Markup Language)は、webページを作るための基本的なマークアップ言語です。文書構造を定義し、コンピューターに画像、テキスト、ログなどを認識される役割を果たします。

未経験でマークアップエンジニアを目指すのであれば、オーサリングツールなどを使わなくてもコードが書けるレベルに達している必要があります。また、HTMLのコードを見て、ブラウザでどのように表示されるかをイメージできる程度のスキルレベルがあると良いでしょう。

CSS

CSS(Cascading Style Sheets)は、HTMLで作ったwebページを装飾して見やすくする役割を担う言語です。HTMLの定義するものがwebページの文書構造ならば、CSSはwebページの表示方法や装飾などを定義します。

マークアップエンジニアとして働くには、HTMLとCSSを明確に使い分けられるレベルの技術が必要です。HTMLのタグ内にある程度スタイルの定義を埋め込むことも可能ですが、そうなるとHTMLの文書構造が崩れてしまうことにつながります。あくまで文書構造はHTML、スタイルの定義はCSS、ときちんと役割を分けて扱えるのが、未経験マークアップエンジニアとしては望ましいレベルです。

JavaScript

JavaScriptは、ブラウザ上で完結できるスクリプト言語で、動きのあるページや視覚的な演出を実装するのに役に立ちます。JavaScriptをHTMLに埋め込めば、ユーザーインタラクションへの反応やコンテンツの読み込み、APIの利用など、様々なことが実現可能です。マークアップエンジニア初心者としては、内容を理解し、活用できるレベルのスキルが求められます。

jQuery

jQueryは、JavaScriptの複数のプログラムを一つにまとめて使いやすい形にしたライブラリです。jQueryを用いることで、JavaScriptの記述を簡潔にすることができます。

JavaScript用のライブラリであるため、jQueryを活用するにはまずはJavaScriptを理解することが先決です。JavaScriptの内容が理解できたら、jQueryも一通り理解できているレベルに達するのが理想的と言えます。

CMS

CMS(Contents Management System)は、マークアップ言語などのweb知識がなくても、簡単にweb上に記事の投稿や編集ができるシステムを指します。代表的なCMSとして挙げられるのはWordPressです。

CMSは、コードを書き換えることでカスタマイズすることが可能ですが、自在にカスタマイズをするには、PHPなどのサーバーサイド言語のスキルも必要です。そのため、未経験者であれば、一通り触っておくだけでも知識を得ることができます。CMSでどのようなことが実現できるか、どのようなカスタマイズが可能なのか、などを把握しておくことをおすすめします。

マークアップエンジニアの年収

年収は幅広い

マークアップエンジニアの年収は、スキルや業務内容によって様々です。アシスタントレベルであれば300〜400万円、プロジェクトのディレクションやサイトのプロデュースなどのスキルがあれば1000万円を超えることもあります。マークアップエンジニアとして高収入を狙うのであれば、コーディングスキルだけではなく、マネジメント力や企画力など、多様なスキルが必要です。

マークアップエンジニアのキャリア

フロントエンドエンジニア

マークアップエンジニアが主に担当するのはHTMLの設計ですが、フロントエンドエンジニアはHTML以外にもCSSやJavaScript、PHPの設計やコーディングも行います。マークアップエンジニアよりも幅広いスキルを持ち、コーディングや設計の他にもCMSの構築やカスタマイズを担当する職種です。

webディレクター

webディレクターは、クライアントからの要望に基づき、webサイトの制作のディレクションを担います。具体的な仕事内容は、プロジェクトメンバーの選出や制作スケジュールの設計、制作進行管理、コンテンツの品質管理などです。web関連の技術的な知識に加え、スケジュール管理能力やコミュニケーション能力が求められます。

webデザイナー

マークアップエンジニアとして、webデザイナーとやり取りをしてデザインの設計を実装していくうちに、webデザインの知識やスキルを学ぶことができます。また、マークアップを理解しているデザイナーはweb業界の人材としても高い評価を得ています。デザインへの興味やセンスがあれば、webデザイナーを目指すことも、キャリアとして一つの選択肢です。

まとめ

マークアップエンジニアは、スキルや知識、業務によって年収も変動し、キャリアプランにも複数の選択肢があります。どのような働き方をしたいか、10年後、20年後にどのような仕事をしていたいかに合わせて、学ぶスキルやキャリアゴールを検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る