ITコンサルタントになるには?新卒か転職どっちがいい?

ITコンサルタントを目指す適性時期はあるのでしょうか?企業課題をITで解決に導く専門家を新卒から教育すべきか、経験者を中途採用すべきか。ITコンサルタントの仕事を説明しながら、その適性について考えていきます。

ITコンサルとは?SEとの違いは?

SEとは工程が違う

ITコンサルタント(以下ITコンサルと略称)とSEとは活躍する仕事の工程に違いがあります。ITコンサルは経営における戦略や課題の「可視化」と「仕組み化」を顧客と調整しながら解決に導きます。

SEはITコンサルが作成したビジネス要件に沿ってシステムの開発やインフラの構築をおこないます。業務フローで考えると、ITコンサルは戦略の策定や課題解決の打ち手を成果とし、経営層に近い上流工程の領域を担当します。

SEは要件書をもとにシステムの設計やプログラミングをおこない、現場に近い下流工程の領域を担当します。

ITコンサルタントは対人業務中心

ITコンサルは仕事の性質上、経営に携わる決裁者に対して意思決定を促す必要があるため、インタビューを数多く重ねる必要があります。

決裁者の他にも、現場サイドへの橋渡しやベンダーとの調整など、プロジェクトに関与する多様なステイクホルダーに対して、業務を円滑に進めるための調整が必要です。そのためコミュニケーション力は欠くことのできない要素といえます。

より幅広い知識が求められる

経営に関する専門知識は勿論のこと、事業ごとに特化した専門知識の習得が求められます。ERP(経営リソースの予実管理システム)やCRM(顧客コンタクト管理システム)やSCM(部材調達、生産、販売管理システム)などの具体的な実装方法などがそれにあたります。

また、プレゼン資料の作成やリサーチデータなどの資料作成業務もITコンサルには必要不可欠な仕事です。Word、Excel、PowerPointといったオフィス系のツールも早く正確に使いこなすスキルが必要です。

ITコンサル企業に就職するには?

転職する場合のスキルや経験

ITコンサルに転職する場合、コンサルティングファーム等で戦略や業務改革の経験を積んで転職するパターンと、SEやプログラマーとして実績を積んでコンサル会社へ転職するパターンが多いです。

また、事業責任者やプロジェクトマネージャーなど管理職から転職してくる人も多く、職種や職責の幅は広いように見受けられます。求めているスキルは「コミュニケーション力」「課題解決力」「業務改革力」で、そのスキルの裏打ちとなる成功体験や失敗の克服体験により、適性を判断されることになります。

新卒からの採用もある

新卒からの採用もありますが、仕事の特性上、決して入口の広いポジションとはいえません。

それでも難関を突破したコンサルタントは、先輩コンサルタントの補佐として資料作成やリサーチ業務からスタートして仕事を覚えていくのが一般的です。

座学面においても業務理解や製品理解など、膨大な知識の習得が必要なため、その素養のある少数精鋭の選抜による選考であるケースがほとんどです。

ITコンサルタントは激務?

ITコンサルタントはIT業界でも厳しめ

ITコンサルは他の職種と比較しても平均就労時間が長いため、忙しい職種であるといえます。多忙な理由を2つ挙げるとすると、1つ目は「顧客事情や顧客環境での依存度が高く、自身の予定をコントロールする事が難しいこと」2つ目は「業務を遂行するために必要な知識の習得量が膨大であること」です。

しかし、その忙しさも「未来の自分への経験や投資」と考えられる思考や強い精神力こそ、コンサルタントの資質と言えるかもしれません。働いて成果を挙げた分、他業界、他職種の平均値よりも高額な報酬が支払われます。

外資系は特に成果主義

外資系コンサルは入社年次や役職ではなくて、自身がコミットした数値目標の達成度に応じて報酬が支払われます。自走して成果を挙げられるタイプの人は外資系の成果主義にはフィットするでしょう。

業界では「Up or Out (昇進するか、さもなければ去れ。)」が常套句となっていますが、結果を出し続けているものが評価され、発言権を保持する風潮は確かにあります。シビアな業界ではありますが、昨今は結果を出しているものがそうでない者をフォローアップする体制も整っています。

チームの成果を追求し、マネージャーに与えられた役割を全うする事に長けたタイプの人材は、日系企業で活躍の場を見いだした方がよいかもしれません。

顧客とベンダーの板挟みに苦しむ

ERP導入などのパッケージコンサルやBPRコンサル(業務改革コンサル)などによくある障壁が、顧客とベンダーの板挟みにストレスを感じるという現象です。

顧客の要望に応えるために調整が難航することがあります。例えば、ITコンサルが成果物とした企画書や設計書どおりに事が進まなく手戻りが発生することもあります。また、顧客とベンダーとの間で製品仕様について折り合いをつけなければならないこともあります。最初は経験がないと苦労するかもしれません。

ITコンサルに有利な資格は?

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャー試験は、IPA(情報処理推進機構)が運営するプロジェクト管理に関する国家資格です。出題形式は午前ⅠⅡが「マークシート」形式で、午後が「記述式」と「論文形式」となり、4つの試験全てにパスする必要があります。ITプロジェクトを俯瞰する力が問われますので、ITコンサルタントにとっても有用な資格です。

ITコーディネータ

ITコーディネータは、ITC(ITコーディネータ協会)が運営する経済産業省の推進資格です。資格取得には「ITコーディネータ試験の合格」と「ケース研修の修了認定」という2つの要件を満たす必要があります。経営資源をITで活用するための深い知識と経験が求められる資格で、IT戦略策定やビジネスプロセスの構築、第三者的な立場での性能評価など、コンサルタントに必要なスキルが問われます。

TOEIC

TOEICはIIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)が運営する、英語を母語としない者を対象としたコミュニケーション能力を検定試験です。10点から990点満点で採点され、外資系のコンサルティングファームやITベンダーは、TOEICのスコアで英語力の素地をはかる企業も多いです。外資系では回覧資料やノウハウが全て英語表記であることも良くある事ですので、英語の多読力やヒアリング力を身に着けておくと仕事の幅が広がるでしょう。

まとめ

ここまで、ITコンサルの役割や仕事領域について説明してきました。とても希少価値の高い職種であることから、通年で募集している企業も多いため、新卒でも中途でもチャレンジできるというのが結論です。インプット量が膨大ですので、吸収力のある若いうちに目指せればその後のキャリアを優位に進められることでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る