プロジェクトリーダーの仕事や役割は?必要なスキルや資格も解説

プロジェクトリーダーという呼称は業界問わず汎用的に使用される使い勝手のよい呼び名ですが、仕事内容や役割についての定義は曖昧に捉えられがちです。ここではIT業界のプロジェクトを牽引するリーダーに必要なスキルや資質について解説していきます。

プロジェクトリーダーの役割は?

プロジェクトチームを統括する責任者

プロジェクトリーダー(以降PLと略称)は、プロジェクトを遂行するチームの引率者です。しかしながら、厳密な役割が定義されてないため組織や文脈によって意味が異なります。

大規模なプロジェクトでは、サブチームのリーダーとしてメンバーの工数や進捗、品質などを管理します。小規模なプロジェクトでは責任者として予算計画まで任されるケースもあります。

プロジェクトマネージャーを補佐

大規模なプロジェクトでは、プロジェクトマネージャー(以降PMと略称)がプロジェクト全体を統括します。PLはPMを補佐する立場を担いサブチームごとにPLを複数名選出し、メンバーの工数や進捗、品質を管理します。

また、PMが顧客との窓口となって提案や予算取りといった対外的な仕事に徹し、PLがプロジェクト内の進捗管理や実施の責任を担うという役割分担で進行するケースもあります。

プロジェクトによって役割が異なりますが、PLの役割の定義は、プロジェクトマネージャーの補佐役として、プロジェクトの現場を円滑に管理・推進することです。

現場全体をまとめる現場監督の役割

プロジェクトの管理・進行をするという点において、PMと役割が重複することもあります。おおまかな違いは、プロジェクト内の現場監督を担うのがPLで、顧客提案や予算管理を担うのがPMと区分されることが一般的です。

具体的にPMはプロジェクトにおける予算権限を持ち、プロジェクトの計画、見積もり、要件定義など、顧客との交渉をおこなうことでプロジェクト全体の資源や工程を管理します。

対してPLはプロジェクト全体の要素を機能分解して、サブチーム単位で詳細設計・構築・テストの実行を監督する役割を担います。

プロジェクトリーダーに必要なスキル・資質は?

チーム全体をまとめるスキル

PLはプロジェクト全体ないしはサブチームの現場監督としてチームを統率し、スタッフの状態や進捗を把握しながら、的確なコーチングやスタッフィングをおこなう管理能力が求められます。

また、必要に応じてプロジェクト全体の関係各所と適宜、予算配分や人員配置、スケジュールの調整をおこない、納品期日をコミットメントできる強いリーダーシップとマネジメント能力が求められます。

企画・管理するマネジメントスキル

PLはただスタッフの進捗管理をするだけの存在になってはいけなく、チーム全体の士気を高めるために、日々のコミュニケーションを取ることは必要不可欠です。

時にはメンバーと同じ目線に立ち、共に課題を解決していく姿勢が周囲からの信頼を集めていくことに繋がります。チームの輪を育むための企画や制度を取り入れてみるなど、アイデアマンであると望ましいでしょう。

経営的に判断するビジネススキル

プログラマーやシステムエンジニアから昇格したPLには特に必要な視座ですが、下積み時代にどんな優秀であっても、高い技術力とプログラミング実績だけではPLは務まりません。

経営的な視座でプロジェクトやサブチームをマネジメントするセンスが求められます。そのためには上流工程の専門領域である、IT業務改革のビジネスロジックや要件定義のイロハを実践で見て学び、経営的な意思決定を促せるビジネススキルを養っておく必要があります。

高いコミュニケーションスキル

PLとして活躍するためには、高いコミュニケーションスキルが必要です。PMの補佐役としてサブチームの進捗や連絡事項など、具体性をもって的確に伝えるスキルが求められます。

またサブチームを横断して進捗のバランスを取る調整スキル、スタッフのモチベーション管理など、プロジェクトを全方位視点で気を配り、調整する能力が理想とされます。

周囲への気配りや全体を見渡すスキル

チーム内のマネジメントは勿論のこと、プロジェクト全体を見渡して雰囲気の良い現場作りを心がける環境適応力が求められます。

例えば、他のサブチームが不測の事態に見舞われた際などに、プロジェクト全体を見渡して最適な処置がとれる視野の広さを養う必要があります。

更にステイクホルダー全般(顧客や外部スタッフなど)にも気を配り、プロジェクトを推進するために必要な情報や資源を有効活用できる柔軟性も必要です。

スケジュール管理のスキル

PLはプロジェクトのスケジュール管理を一任されるケースもあります。その時の準備として、WBS(作業分解構成図)の構造を覚えて、スタッフの「タスク」「コスト」「工数」「スケジュール」といったリソースの管理方法を覚えておくとよいでしょう。

一方で、綿密な計画を立て入念に準備しても、想定外のトラブルに見舞われ、スケジュールの遅れや作業に手戻りが発生することは珍しい事ではありません。不測の事態を収拾し、計画の軌道修正をするトラブルシューティングの経験も管理スキルといえるでしょう。

リーダーシップスキル

PLは、メンバーから信頼される存在である必要があります。顧客の要望ばかりに気を取られて、チーム内に不信感を募らせてしまっては、チームのパファーマンスに悪影響を及ぼしかねません。

個々のスタッフィングは勿論のこと、チームの目標やポリシーを明確に定め、不測の事態があっても冷静にチームを鼓舞することができる高い統率力が求められます。

リーダーシップのあるPLは、例えばメンバーの意見が衝突してしまい、チームに不調和が生じる場面においても、冷静になって意思統一を画策できる資質やスキルが求められます。

プロジェクトリーダーに役立つ資格は?

経産省認定の応用情報技術者試験

応用情報技術者試験(略号AP)は、IPA「情報処理推進機構」が主催・運営する経産省認定の国家資格です。レベルが全部で4段階の構成で、APはレベル3の難関の部類に相当します。

AP合格者の平均年齢は30歳前後、業務経験5~6年ほどの中堅のプログラマーやSEが中心です。

PLは情報システムの構築・運用者の現場監督の立場にあるわけですから、APの資格を保有していると、第三者に対して確かな知識や経験を証明できることでしょう。

IT技術の高度情報処理技術者試験

「高度情報処理技術者」は情報処理技術者資格の最上位に位置するレベル4の最難関の部類に相当する国家資格です。APで習得した応用技術・共通フレームワークを基軸に、専門分野をもって主導できる能力を問われます。

高度情報処理技術者の専門分野には9つのカテゴリがあります。PLはプロジェクトの性質に適した専門分野の技術を磨くことで、希少性のある人材であることを証明できます。

人気のある専門分野に「ITストラテジスト試験」「システムアーキテクト試験」「プロジェクトマネージャ試験」「ITサービスマネージャ試験」などがあり、これらの試験は午後Ⅱの問題で3,000文字程度の小論文を課しています。

PHP技術者認定上級試験

PHPの言語仕様から実用的なプログラミングの技術理解を問う、PHP技術者の上級認定資格です。

認定レベル「初級」「準上級」「上級」の3段階があり、上級試験で7割以上の正答率があれば上級認定、5割以上7割未満の正答率で準上級認定となります。

実践的なコーディング能力を求められますので、PLとしてウェブ開発プロジェクトを牽引していきたい方にはお勧めの資格といえるでしょう。

まとめ

プロジェクトリーダーの役割や資質、役立つ資格について解説してきました。ITを取り巻く変化のスピードは速いため、移りゆく変化に即応したスキルやセンスが求められます。プロジェクトリーダーを目指したい人は、常に視座の高さ、視野の広さを意識し、臨機応変に行動できる柔軟性を磨いておきましょう。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る