「取り急ぎ」の正しい使い方とは?注意点と合わせてチェック

ビジネスの世界において、「取り急ぎ」という言葉をよく耳にするかと思います。至急連絡が欲しいときや、忙しくて準備が間に合わないときなど、「とりあえず」という意味合いで使われる機会が多いです。 しかし、本来の意味をしっかり理解して使いこなせている方はあまりいないのではないでしょうか? 間違えて使っていることに気づかず、失礼にならないためにも今回は、正しい「取り急ぎ」の使い方を理解しましょう。

使い勝手の良い表現「取り急ぎ」


まずは、「取り急ぎ」という言葉について知りましょう。様々なシーンで使われ、誰に対しても使われる言葉です。

ビジネスシーンで良く耳にするが何となく使っている人が多い

ビジネスの世界では、よく耳にする言葉です。「取り急ぎご連絡まで」「取り急ぎご連絡お願いします」など、「とりあえず」という言葉を置き換えて使われることが比較的多いです。「とりあえず」をそのまま使うことで失礼にあたる場合があり、なんとなく丁寧な表現だから頭に付けて使っている方が多く存在します。

本来の意味や使い方は意外と知られていない

誰に対しても使われるため、本来の意味をしっかり理解して使いこなせている方は限られているのではないでしょうか。

使ってはいけない場面もあり、目上の方に対して使って注意されたという方もいると思います。本来の意味を理解している方から見れば、不適切な表現に捉えられてしまうこともあります。

「取り急ぎ」の意味と本来の使い方


それでは「取り急ぎ」は本来どんな意味の言葉なのかを説明していきます。ここでしっかりと理解し、今後のビジネスでは場面に気をつけて使いましょう。

取り急ぎの意味

意味としては、「とりあえず急いで」となります。しかし、「急いで」という意味が組み合わさっているため、本当に急いでいる、という様子になり、しっかり準備していなかったのかなと思われてしまうこともあります。

使い方(上司や取引先には使わないのが本来の用法)

使い方としては、基本的に急ぎの用件がある場合です。社内の同僚や上司に使うのは問題ないとされます。

「取り急ぎご報告します」など、急に伝えるべき用件ができた場合なら間違った表現ではありあません。しかし、社外の目上の方に対して使うのは失礼にあたります。本来は目上の方に対しては「取り急ぎ」は使うべき言葉ではないため注意しましょう。

上司に使う際も、いつも使うのではなく、本当に急ぎの用事があるときだけにしましょう。普段から使っていると、本当に急いでいるときと区別がつかなくなるだけでなく、目上の方に対して失礼になります。

「取り急ぎ」を使うときの注意点


取り急ぎの意味と使い方を見てみると、あまりビジネスの世界において適切な言葉ではないと感じるのではないでしょうか。そのためどんな場面なら使って良いのか分からないと思います。取り急ぎを使うときの注意点をご紹介しますので、しっかり確認していきましょう。

上司や目上の人に使うのは原則NG

取急ぎを使うのは、場面を考えなければなりません。例えば、上司が不在時に取引先から連絡が入ったときなどに使うのがいいでしょう。基本的に上司や目上の方に対して使うことは不適切ですが、必要な情報をすぐに報告してくれるのは、上司もありがたいと思うでしょう。例外的にOKとしている企業もあるので、社内の通例などを事前に確認して置けると活用することができます。臨機応変に。

急を要する用件のときのみ使う

緊急事態には、急いで柔軟に対応しなければなりません。その際に冷静さを失って言葉が乱れることときには注意が必要です。本当に急いでいるときに使う言葉であるため、緊急事態に活用するのは正しい使い方です。そのような事態であれば上司に使っても問題ないとされます。

しかし、普段から使っている場合は、緊急事態だと伝わらない場合もあります。間違えて使っている方は、すぐに改善する必要があります。

詳細は後でまとめて送る

急な連絡事項を報告することは大切です。しかし、一度にまとめて情報を詰め込むのではなく、後で詳しい情報を改めて報告するのがいいでしょう。

取り急ぎ時は、本当に急いで伝えなければならないことだけを報告しましょう。後に情報の詳細を詳しく伝えることで、目上の方も安心し、取り急ぎという言葉も生きてくるはずです。

「取り急ぎ」の言い換え表現例文

オペレーター,女性,kuguru,クグル,くぐる
ここでは、「取り急ぎ」の正しい言い換えを学んでいきましょう。例文を以下で紹介しますので、表現を明確に理解するために役立ててください。

  • まずは、ご報告いたします。
  • まずは、ご用件のみにて失礼いたします。
  • まずは、ご案内申し上げます

「取り急ぎ」という言葉は、基本的にぶしつけな言葉であるため、「まずは」という言葉に言い換えて表現を柔らかくすることが大切です。また、語尾に付く~までということばも言い換えます。~までという言葉が付いてしまうと、文章を省略している意味になります。そのため文章を省略せずしっかり完結させることで、正しく丁寧な表現として活用できます。

 まとめ

「取り急ぎ」は、大変便利な言葉です。間違えた意味で捉えている方が多く、普段使っても失礼になることはあまりないかもしれません。しかし、普段から使い慣れていると、本来の意味である本当に急いでいる場合に、うまく伝わらなくなる恐れがあります。

癖になりやすく、正しい表現を身につけることは一朝一夕では不可能でしょう。ここでしかり適切な意味を理解し、意識的に改善してみてください。そうすればきっと、ワンランク上のビジネスマンとしてのスキルが身につくはずです。

関連記事

ページ上部へ戻る