プログラミングキーボードの選び方は?評判のおすすめ商品3つも紹介

プログラミングをする方にとって、キーボードを使う時間の長さは計り知れません。そんなプログラマーにとって、キーボード選びはとても重要です。今回はプログラミングキーボードを選ぶ際のポイント・注意点、評判のおすすめ商品とその特徴を紹介したいと思います。

自分に合ったキーボードを選ぶには?

まずは5つのチェックポイントを確認

一口にキーボードといっても、いざ店頭で見てみるとたくさんの種類があります。はじめはどれを買ったらいいかわからない方も多くいらっしゃるでしょう。実はキーボード選びの際、注意するポイントがいくつかあります。次の項目では、キーボード選びの5つのチェックポイントを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

キーボード選びの5チェックポイント

使用用途や目的が見定められているか

キーボードの使用用途は人によって様々です。例えばゲームのプレイが目的であれば、複数キーの同時認識機能や連射機能のあるゲーミングキーボードを買う必要がありますし、ものを書くことが多い場合は、長時間打っていても疲れないキーストローク(キーを押したときに沈み込む深さ)の優しいものを選ぶのが良いでしょう。購入前に使用用途を再度確認しておきましょう。

キーボードのキースイッチ構造

メンブレンタイプ
もっとも一般的なのはメンブレンタイプで、デスクトップパソコンに付属されているキーボードはこのタイプがほとんどです。すべてのキーとスイッチの間に一つのラバーシートが挟まれており、そのラバーを通してスイッチと接触する仕組みになっています。安価であることが特徴です。

メカニカルタイプ
メンブレンタイプに対して、キーそれぞれにスイッチが仕込まれているのがメカニカルタイプです。打鍵感が独特ですが、耐久性は高くなっています。

パンタグラフタイプ
ノートパソコンのキーボードのようにキーの高さが低いものをパンタグラフタイプといいます。キーのどの部分を押しても伝わる圧力が同じになるよう設計されています。キーの沈みが浅いため、タイピングがスピーディーに行えます。

キーボードのキー配列やテンキーの有無

キー配列は、大きく分けるとJIS配列とUS配列の2種類があります。一般的にプログラマーは、必要なキーのみが並ぶUS配列のキーボードの方が使い勝手が良いと言われます。英語圏用のキーボードなので、かな入力に対応していません。その代わりに、シンプルで使いやすい配列になっています。日本語入力がメインであれば、JIS配列で問題ありません。

また、テンキーの有無も確認する必要があります。経理など数字を頻繁に打つ職種であればテンキーは必須です。数字を打つことが少ないのであれば、テンキーの無いモデルでも良いでしょう。また、移動には適していないものの、外付けのテンキーを後からつなげることもできます。

キーボードのサイズやキーピッチ間隔

キーピッチとは、横に並ぶキー同士の間隔のことです。キーの中央を起点として隣のキーの中央までの長さを測ります。この長さが18.5mmから19mmのキーボードが一般的で、フルサイズキーボードと呼ばれます。これが大きすぎて使いにくい場合にはより小さいサイズのものを選ぶことがおすすめです。店頭で試しに打鍵してみて、自分に合ったサイズを選びましょう。

パソコンとの接続方法は有線か無線か

仕事の場所が決まっている場合やキーの入力から反応するまでのラグを少しでも解消したい場合には、有線のキーボードがおすすめです。

これに対して、キーボードを外出先に持ち運びたい場合や配線コードが邪魔だという場合はワイヤレスタイプがおすすめです。パソコン側が対応していればBluetooth搭載のものを選ぶこともできます。複数持っておき、使用する環境や好みによってそれぞれ使い分けることも方法のひとつです。

そのほかのチェックポイントは?

チルトスタンドやパームレストの有無

キーボードに傾斜をつけるスタンドをチルトスタンドと呼びます。デスクトップ用のキーボードには備わっていることがほとんどです。

また、長時間使用する際の疲労軽減対策として、パームレストと呼ばれる手首を置くためのパッドもあります。設置スペースが必要ですが、着脱可能なモデルもあるため、状況に応じて使用の有無を切り替えることも可能です。

マクロ登録、及び実行機能の有無

マクロ機能があれば、頻繁に使用するマウスやキーボードの動作を予めマクロキーに登録しておき、マクロキーを打つだけで実行することができます。コアなゲームユーザーであればマクロの使用は必須といっても過言ではないほどに多用されます。複雑なコマンドもワンタッチで実行できるためです。普段パソコンでゲームをしないのであれば、あまり優先する必要はない機能です。

キーボードバックライトの有無

キーボードバックライトとは、キーボードの真下にLEDライトが搭載されており、必要に応じて点灯することのできる機能です。うす暗い場所で使用する際に活用できます。また、青いライトが点灯するものなどもあり、機能性以外にデザイン性を求めて選ぶこともあります。

防水機能、又は排水機能の有無

防水機能のついたキーボードというのも存在します。作業中に飲み物をこぼしてしまった場合はもちろん、たまった埃を水洗いすることも可能です。内部に水が入らない構造というわけではなく、水が入っても問題ない構造になっているものが多いです。そのため、内部にたまった水は排水する必要がありますのでご注意ください。

見た目やデザインなどの選び方は?

特にこだわりがない人は黒がおすすめ

色やデザインなど、キーボードの見た目は使う人の好みに概ね左右されますが、キー全体の見やすさなどが変わってくることもあります。

そのため、デザイン性に特別なこだわりがないという方には、多く使用されている本体が黒いシンプルなキーボードがおすすめです。傷や汚れが目立ちにくく、手入れの手間があまりかからないためです。

プログラマーにお勧めな評判商品3選

PFUの静電容量無接点方式HHKB

富士通の子会社であるPFUから販売されている「HHKB」こと「Happy Hacking Keyboard(ハッピー・ハッキング・キーボード)」は、プログラマーやエンジニアの要望に細かく対応した製品です。開発の際には「キーストロークを十分に確保すること」、「持ち運びに適した重量、サイズに収めること」などに重点が置かれました。

さらに、キーレイアウトにはこだわりが強く、「コントロールキーはAキーの左側に配置する」「必要性の低いキーは省く」など、プログラマーやエンジニアの要望を多く取り入れています。

また、キースイッチ方式も工夫されています。コニックリングと呼ばれる円錐状のバネを押し下げることで、電極に接することなくスイッチングを行う静電容量無接点方式です。これにより優れた耐久性を実現しました。

東プレのRealforceシリーズ

こちらの製品もHHKBと同じく静電容量無接点方式を採用しており、耐久性に優れています。また、人間工学を考慮した設計となっており、静かでなめらかなキータッチを実現しています。長時間使用しても疲れにくく、耐久性にも優れているため、金融機関での業務用や放送機器、交通、流通、医療の現場でも使用されています。

マイクロソフトの人間工学キーボード

最後に紹介するのはマイクロソフト製のキーボード「Sculpt Ergonomic Desktop(スカルプト エルゴノミック デスクトップ)」です。特徴的なのはドーム型かつ左右に分かれたキーレイアウトデザインでしょう。

キーレイアウトが左右に分かれていることにより、腕や手首を自然な位置に保つことができ、タイピングを快適に行えます。自然な形状のカーブを描くキー配置は、指先の形状に自然にフィットするよう設計されています。人間工学について研究された、フィット感のある製品といえます。

まとめ

キーボード選びの5つのポイントやおすすめの商品紹介をしてきました。ここで読んだ内容はあくまでも参考としていただき、ご自身に必要な機能をしっかりと考えたうえでキーボードを選んでいただければと思います。自分に適したものを選び、快適なプログラミングライフを送りましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る