データベースエンジニアになるには?必要スキルや年収・将来性を紹介!

データベースを扱うデータベースエンジニアのスキルは、情報システムを支える上で欠かせないものです。インフラエンジニアなど他職種のエンジニアに、データベースエンジニアのスキルが求められることもあります。本記事では、データベースエンジニアの仕事内容や年収、需要、必要なスキルなどをご紹介します。

データベースエンジニアとは何か?

データベースの制御が仕事

データベースエンジニアの仕事は、一言で言えば「データベースの制御」です。データベースとは、膨大なデータを格納し、簡単にデータの検索や抽出ができるようにしたものです。

データベースを扱うには、SQLという特殊な言語を使用します。SQLを用いれば、データベースにある必要なデータを検索・抽出したり、並べ換えたりすることができます。

データベースエンジニアの仕事

データベースエンジニアとしての仕事は、大きく3つに分かれます。「データベースの開発・設計」「データベースの管理」「データベースの運用」です。

「データベースの開発・設計」では、用途に合わせた最適なデータベースを開発、設計するソフトウェアエンジニアの役割を果たします。「データベースの管理」で求められるのは、データベースのシステムが動作するためのインフラを管理するためのスキルです。また、データを保存するストレージ・サーバーを最適化なども行うハードウェアエンジニアとしての役割が求められます。

「データベースの運用」においては、稼働中のデータベースのアクセス権管理などのセキュリティ規則設計など、運用における業務を担います。また、万一のデータ障害に備えてバックアップを取得することもデータベースエンジニアの仕事です。

データベースエンジニアの年収は?

30代の平均年収は500万円前後

データベースエンジニアの30代での平均年収は500万円前後であり、IT系職種の中でも比較的高収入の部類に入ります。企業により、また保有資格などにもよってさらに高い収入が期待できる場合もあります。データベースエンジニアはITエンジニアの中でも専門的な知識が必要とされるため、その専門性に応じた年収が支払われていると言えるでしょう。

将来性と需要はある?

これからチャンスが広がる

「データベースエンジニア」という職種で採用を行っている企業は多くはありません。しかし、データベースに特化したエンジニアとしてではなくても、インフラやアプリケーション開発などの業務でデータベースを扱うケースが増えつつあります。そのため、データベースに関する専門知識やスキルを持っていれば、人材としての市場価値も高まり、転職のチャンスも広がります。

必要なスキルは?

製品の知識と実務経験

データベースエンジニアには、まず代表的なデータベース製品に関する知識が求められます。多くのシェアを占める代表的なデータベース製品として挙げられるのは、OracleやMySQL、PostgreSQL、Microsoft SQL Serverなどです。また、高速なデータ処理が求められるシステムにおいては、MongoDB、Memchached、Redisなどの新しいデータベースソフトを扱える人材にも高い需要があります。

さらに、プログラマーやシステムエンジニアとしての実務経験があれば理想的です。しかし、データベースエンジニアが不足している背景から、データベース製品の知識のみを採用条件としている企業もあります。

コミュニケーション能力

他のエンジニアにも言えることですが、データベースエンジニアとして働くにあたっては、コミュニケーション能力も大切なスキルです。データベースの開発、設計、管理、運用などの業務をこなす上では、多くの人と連携しながらチームで仕事をする場面が多くあります。また、顧客が求めているシステムを的確に捉えて、システムの最適なデータベースを実現するためにも、コミュニケーションスキルは重要です。

論理的思考力

他のエンジニアと同様に、データベースを扱う業務においても論理的思考能力は必要です。データベースの設計や管理、運用をするにも、顧客の要望やシステムの仕様を適当に実現していけば良いというわけではありません。「〇〇だからこう設計する」「××の設計だからこのように運用する」といったように、論理的思考を組み合わせて最適なデータベースを実現することが求められます。

ビジネスの知識・感覚

エンジニアであっても、ビジネスに関する知識や感覚は重要です。データを戦略に活かすためには、ビジネスにおいて何が求められるのか、どのような問題があってどう解決していくべきか、などを追求する意識を持っておくことが推奨されます。データだけではなく、ビジネスを全体的に俯瞰できるような感覚を養っておくと、エンジニアとして活躍できる場も増えるでしょう。

役立つ資格

基本情報技術者

基本情報技術者試験は、国家試験である情報処理技術者試験の一区分とされています。試験内容はデータベースに特化したものではありませんが、ITの基本的知識や情報処理に必要な論理的思考が試される試験です。試験勉強を通してITの全般的な知識を身につけることができ、取得しておくことで知識やスキルを証明できる資格です。

データベーススペシャリスト

データベーススペシャリストは、情報処理技術者試験の一区分で、高度情報処理技術者試験に含まれます。特定のデータベース製品から離れた試験内容であり、データベースについての汎用的な知識や業務分析についての知識が問われます。

特定の製品に依存した機能や、他の製品では使えないSQLなどは出題されず、標準SQLが出題対象となっています。この資格をベースにとして、ここのデータベース製品関連の資格を取得しておくと理想的です。

オラクルマスター

オラクルマスターとは、ベンダー資格の一つで、日本オラクル社によるデータベース認定試験です。試験内容としては、Oracle Databaseにまつわる知識やOracle Databaseの操作に用いるSQLについての知識が問われます。

受験者の目的によりデータベース管理者、アプリケーションサーバ管理者、開発者の3つのコースが用意されており、難易度もそれぞれBronze、Silver、Gold、Platinumの4段階に分かれています。最も難易度の高いPlatinumを取得しておけば、ほとんどのIT企業でデータベースのスペシャリストとして認められる資格です。

MCP

MCP(マイクロソフト認定資格プログラム)は、マイクロソフト社による、マイクロソフト製品にまつわる知識や技能をレベル別に認定するベンダー資格です。試験のレベルは、低い方からアソシエイト、エキスパート、マスターの3つのレベルが用意されています。

データベース関連の試験として、MCDBA(マイクロソフト認定データベースアドミニストレータ)が提供されています。MCDBAは、Microsoft SQL Serverデータベースの設計や管理を行うデータベーススペシャリストのための上位資格です。

OSS-DB

OSS-DB Exam(オープンソースデータベース技術者認定試験)とは、LPI-Japanが実施するオープンソースデータベース技術者の認定試験です。取得することで、オープンソースのデータベースソフトウェアの一つであるPostgreSQLの技術者であることを証明することができます。

PostgreSQLでの、基本的な技術から大規模な運用までを見据えた技術力が認定される試験です。

まとめ

データベースエンジニアという職種での求人は多くはありませんが、データベースエンジニアとしての知識やスキルを持っていれば、エンジニアとしてキャリアを積む上での選択肢が広がります。自分の将来を見据えて、必要な資格やスキルを身につけていくと良いでしょう。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る