PMOの役割は?PMとの違いや求められるスキルや責任について解説

PMOという言葉、聞いたことはあるけど意味は知らない。なんとなくわかるけどうまく説明ができない。そんな方も多いのではないでしょうか。PMOとPMの違いやPMOとして求められるスキル、課せられる責任、業務内容などについて解説していきます。

PMOとは?

プロジェクトマネジメントオフィスの略

PMOとは「Project Management Office(プロジェクトマネジメントオフィス)」の略です。
組織におけるプロジェクトマネジメントに対する支援を行う部門やシステムのことを指します。

PMOの主な業務は、プロジェクトマネジメントの支援です。具体的には、プロジェクトにおけるリソース、コストの調整、環境の整備、人材開発、マネジメント方式の標準化などを行います。

PMOはPMの下に位置する

プロジェクトにおける全体の責任者、管理者となるのが、PM(プロジェクトマネージャー)です。プロジェクトの完遂までに必要となる予算や規模を見積もり、メンバーの選定などを行います。自社のスタッフだけではなく、外注して仕事を行うこともあります。

PMがプロジェクト全体を統括するのに対して、PMOは個々のプロジェクトの統括を行います。

PMOの種類と役割

PMOアドミニストレータ

PMOアドミニストレータの業務は、プロジェクトに関する社内のプロセスを円滑に進めることです。例えば、プロジェクトの情報共有やリマインド、データ収集と更新、会議体のコーディネート、書類作成や経費処理、勤怠管理などを行います。業務の内容からわかるように、プロジェクトにおける各種事務を担当するポジションになります。

PMOエキスパート

プロジェクト環境の整備やルールの策定、改善、標準化を行います。
業務内容は大まかにわけるとプロセス分析、情報分析、ツール分析、ビジネス分析、人材開発の5つです。
プロジェクトにおける社内プロセスの策定と改善、必要な情報定義の策定と改善、ツールの開発と改善、ニーズの収集と反映、プロジェクトマネジメント教育などを行います。

PMOマネジャー

PMOを管理するためのマネジメント業務全般を行うのがPMOマネジャーです。PMO組織戦略と計画の策定、PMOメンバーの勤怠状況管理、PMOメンバーの教育、PMO組織予算の管理、プロジェクト環境の整備やプロジェクトにおけるルールの維持・管理・定着化、プロジェクトのパフォーマンス安定化などが主な業務です。PMOの管理を担当する立ち位置であり、PMOのなかではもっとも上位に位置します。

PMOに求められるスキル

IT業界全般に通じる幅広い知識

IT業界におけるプロジェクトの統括業務を行う立場ですので、IT業界全般について幅広い知識を持っておく必要があります。特に自分が担当するプロジェクトに関する知識については、より深く理解していなければなりません。また、プロジェクトの利害関係者と直接会って話をすることもあるため、契約の実務に関する知識も必要です。

文書作成スキル

PMOの業務には資料作成を伴うものが多くあります。そのため、文書作成のスキルは必須です。マイクロソフトオフィスソフトウェアであるWordやExcel、PowerPointなどは一通り使えるようにしておきましょう。マイクロソフト公認の資格、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)があると業務に直接役立つことはもちろん、自信にも繋がるため、取っておいて損はありません。

コミュニケーションスキル

PMOはチーム全体を見て、プロジェクトスケジュールの管理や調整を行います。そのため、対人関係におけるコミュニケーション能力は必須スキルです。また、PMに付き添って会議に出席することや、プロジェクトにおける顧客との打ち合わせに出席することもあります。ビジネスマナーについてもしっかりと身に着けておきましょう。

開発スキル

PMOが実際にコードの記述をすることはありませんが、開発チームのエンジニアと接することが多いため、開発に関する知識や経験があると良いです。前項に書いたように、コミュニケーションの円滑さが業務の遂行に直結するポジションですので、開発のスキルや知識、経験があることが大きくプラスに働くことは間違いありません。

トラブル対処スキル

開発現場においてはトラブルがつきもので、プロジェクトの進行中に何らかのトラブルが発生することは少なくありません。そういった問題にぶつかった際に、論理的思考を用いて速やかに問題を解決できるかもPMOに必要な素養です。咄嗟に対応ができるよう、事前にあらゆる問題を想定し、準備をしておくことも手段の一つです。

まとめ

PMOについて、疑問は解消されましたでしょうか。IT業界はアルファベットを用いた略語を使うことが多く、意味を理解していないと話についていけなくなってしまうこともあります。また、これからPMOの業務を担当する方は、必要なスキルや素養について学んでおくと安心です。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る