開発コンサルタントになるには?仕事内容や必要なスキルも解説

国際協力に興味はある方の中には、気持ちはあるけどどうしたらいいのか全く見当もつかない、という方もいるかもしれません。ここでは、国際協力の一つである開発コンサルタントに携わるにはどうしたらよいのか、どんなスキルが必要かを解説します。

開発コンサルタントとは?

国際協力プロジェクトの専門家

開発コンサルタントとは、政府からの開発協力を実施するにあたって、開発に関する専門的なスキルを開発現場に提供する人達のことです。

例えば、政府の機関が発展途上国の援助をしたいと考えたとします。しかし政府には各分野の専門家がいるわけではないので、専門性が必要とされる分野については、民間の専門家に委託します。委託された専門家が、開発コンサルタントです。

幅広い分野をカバーする仕事

国連やJICAなどの国際機関が途上国の援助に携わる際には、国や地域という大きな視点からその業務を進めていきます。具体的には、開発内容の企画や効果的なプロジェクト運営管理などが主体となります。

これに対し、開発コンサルタントは豊富な経験と高度な専門技術をもとに、現地で実際に調査や作業を実施し、援助するものと援助されるものの間の中立的な立場から援助を実現に導きます。

開発コンサルタントの仕事は幅広く、例えばある国の開発計画作成の支援から、道路の整備、施設の建設などまで、プロジェクトの規模も内容も多岐にわたります。分野も様々で、農業、交通業、保健・医療、経済など人々が生活するうえでのあらゆる領域をカバーしています。

開発コンサルタントになるには?

海外経験を積むのが近道

開発コンサルタントは国際的な仕事です。当然海外の方々と関わることも多く、英会話能力が必須スキルです。また、日本国内だけでなく、世界に目を向けた広い視点が必要となります。

可能であれば海外で経験を積んでから日本の企業に就職することが、開発コンサルタントへの近道といえるでしょう。英語力については、学生のうちに資格を取っておくのも有効な手段です。

新卒は理系が中心

日本で開発コンサルティングを行う企業は道路やダムの建設などの開発が主体であり、技術系が多数を占めているため、新卒採用は建築や工学など理系の人材が中心となっています。
 
ただし、一部を除けば、コンサルタント企業は中小企業がほとんどであるため、社内研修がままならないという企業も多いです。そのため、ある程度即戦力として貢献できる人材が求められています。

転職は高い専門性があれば有利

大学の教員や民間のコンサルティング企業、フリーランスの専門家など、開発コンサルタントの立場は様々です。ただし日本においては開発コンサルタントというと、民間のコンサルティング企業の社員を意味していることが多いです。

もしあなたが転職を考えているなら、まずはこのような企業がターゲットとなるでしょう。採用に当たっては経験とスキルの豊富な中途採用に比重が置かれています。これを踏まえた転職活動をしましょう。

インターンに参加する

開発コンサルタントについて学ぶのであれば、インターンに参加するのも有効です。例えばJICAでは、一般社団法人 海外コンサルティング企業協会と協力し、インターンシップ・プログラムを実施しています。

開発途上国で実施しているJICAのプロジェクト現場で実習の機会を提供し、国際協力に対する理解を深めてもらうことを目的としたこのインターンシップは、国際社会で活躍できる「グローバル人材」を育成することを目的としています。機会があればぜひ受けてみるとよいでしょう。

開発コンサルタントに必要なスキルは?

高い専門性や技術力

途上国の政策支援における、援助のニーズの高度化・多角化は強まる一方です。具体的には、途上国の民主化・経済化の支援や医療問題、地雷対策、環境の整備、社会的弱者の保護など、ひとつひとつ挙げていてはきりがないほどです。それに伴って、開発コンサルタントの技術力・専門性の多様化と向上が求められていることは明らかでしょう。

語学力

理系の人材が高い需要を持つこの業界で、文系は需要がないのかといえば、そうではありません。前述したとおり、コンサルタント業務の根幹として語学力(主に英語)が必要とされています。英会話能力、英文作成能力についてはあらかじめしっかりと身に着けておき、就職後はすぐにそのスキルを発揮できる状態にしておきましょう。

企画力

開発コンサルタントの業務において、開発内容を企画することはとても重要です。依頼者や開発現場のニーズを踏まえて、実際にどのような開発を進めていくべきか、またどのように進めていくべきかを企画する能力が必要とされるのは言うまでもありません。企画力を高めておくことは、開発コンサルタントとしての活躍に直結するでしょう。

国際協力の知識

開発コンサルタントは国際協力のひとつです。そのため、国際協力とはどのようなものかを知識として知っておく必要があるでしょう。JICAなどが有名ですが、そのほかにも国際協力と呼ばれる組織や運動は多くあります。国際協力について知ることは、業界としてのトレンドや、必要とされるスキルの傾向などを知ることにつながります。

海外在住経験

海外での業務が多い開発コンサルタントであるため、海外在住の経験があれば業務に活かすことができます。日本を離れた場所の状況を把握することや、現地の人とコミュニケーションを取る際など、経験を活用できる場は様々です。世界の発展途上国の状況などを知っていると、より業務に活かすことができるでしょう。

体力

開発コンサルタントは実際に現場に出向くこともあれば、少なくない単位の人材やお金の動きを把握し、それを踏まえて企画を立てることもあります。時には休む間もなく仕事のことを考えなければならないこともあるでしょう。そのため、それに耐えうる体力が必要とされます。日ごろから体力を衰えさせないような生活を心がけましょう。

まとめ

開発コンサルタントを目指すには、まず経験と語学力を付けることが重要です。また、国際協力そのものに目を向け、広く情報を収集することも目標への近道であるといえるでしょう。この記事を参考に、ご自身でもいろいろ勉強してみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る