Javaエンジニアの将来性は?気になる年収と増える需要の秘密

Javaという開発言語をご存知でしょうか?Javaは汎用的な言語であり、Webサービスから組み込み、スマホアプリ等に幅広く用いられています。この記事では、Javaエンジニアの将来性や年収、そして増える需要の秘密をご紹介します。

Javaエンジニアの年収は?

平均額は499万円

Javaエンジニアの年収の平均額は499万というデータが出ており、1位であるPythonエンジニアの651万円に比べると少々劣ります。しかし、あくまでも平均値であるため、その幅は広く、高年収を得ている人がいるのも事実です。技術職はスキルや経験によって収入が変わってくるため、絶えず勉強する姿勢が大切になるでしょう。

年収は安定している

Javaエンジニアの需要は高く、仕事がなくなるということは考えにくいため、年収は比較的安定しています。技術を学ぶ際には、その技術の需要がどういったところにどの程度あるのか、という点が大事です。そこを外すと、「学んだことを活かせる場がない」ということになってしまうでしょう。

仕事が安定している理由や特徴とは?

使われている範囲が広い

Javaに安定的な需要があるのは、その汎用性の高さが理由です。銀行の業務システムやTwitter等のSNSもJavaで開発されているのは有名な話ではないでしょうか。

JavaはPCやスマホ、家電等端末を問わず動かすことができる言語であるため、その点も汎用性が高いと言えます。また、オブジェクト指向に対応している言語であるため、大規模開発に向いているというのも特徴の一つです。

習得するのが難しい

Javaは汎用性は高いものの、習得するのは比較的難しいと言えるでしょう。そのため、需要に対してエンジニアの数が不足しがちであり、結果的に市場価値が高くなっています。一生使える技術というのはありませんが、難しい技術を習得することは、自身の価値を上げるスマートな方法と言えるのではないでしょうか。

Javaエンジニアの将来性は?

需要は増え続ける

Javaエンジニアの需要は今後も増え続けることが予想されています。WebアプリケーションやAndroid開発等、Javaが使用される範囲はどんどん広がっているため、それによりエンジニアの需要も増えることが予測できるでしょう。Androidと対をなすiOSの開発にも需要がありますが、こちらは開発言語がほぼiOS専用のものとなっているため、Javaほどの需要はないのが正直なところです。

未経験で挑戦するには?

多くの求人がある

Javaは需要に対してエンジニアの数が不足しているため、現在は未経験からでも挑戦可能な求人が数多く存在します。これらの求人に応募して採用されれば、企業で働きながら経験とスキルを得ることが可能ですが、できるだけ早く戦力として数えられるよう、懸命に学習することが求められるでしょう。

Javaは独学で学ぶことも可能ですが、やはり現場での経験に勝るものはありません。そのため、Javaエンジニアを志している場合は、良い求人を見つけたら応募を検討してみることをおすすめします。

やる気とコミュニケーション力も大切

未経験者からJavaエンジニアになった場合、未経験であることをそこまでマイナスに捉える必要はありませんが、それを補おうとする姿勢は大切です。スキルや知識の習得は勿論のこと、やる気やコミュニケーション力をアピールすることも効果的でしょう。やる気があり周囲と適切なコミュニケーションが図れる人は、技術の習得スピードも早いことが期待できます。

学ぶ方法を選ぶ

プログラミングを学ぶ方法は多数存在するため、Javaエンジニアとして活躍したいなら自分に適した学習方法を選択することが大切です。その方法としては、オンライン、本、専門学校や勉強会等が挙げられますが、まずはインターネットで軽く慣れてから本を読むことをおすすめします。入社後は自分から学ぶことが求められるため、予めある程度自分で学習することに慣れておいた方が良いでしょう。

資格取得や開発でアピール

未経験からJavaエンジニアになりたい場合、資格を取得したり、何かしらの開発経験をアピールするのも効果的です。Javaに関する資格としては、例えばOracle認定のもの等が挙げられますので、実際に仕事に就く前に取得するという方法もあるでしょう。また、Javaを使用して実際にアプリやサービスを開発することで、その経験をアピールすることができるのではないでしょうか。

まとめ

Javaエンジニアは比較的安定した仕事であり、将来予測もそれほど悪いものではありません。Javaを用いて開発されているシステムは幅広く、もし代替技術が開発されたとしても、いきなり需要がゼロになってしまうようなことはないでしょう。しかし、Java習得の難易度は高いため、根気よく学び続けることが大切です。

関連記事

ページ上部へ戻る