敬語「ご笑納」の意味・使い方のコツ|類語・例文まとめ

  • 2017-9-5

目上の人やビジネスで相手に贈り物をする際、どんな言葉を添えて渡せばいいか悩む人も多いのではないでしょうか?そんな時に便利なのが「ご笑納」という言葉です。ここでは、「ご笑納」という言葉についてご紹介していきたいと思います。

「ご笑納」の意味や読み方とは

贈り物,kuguru,クグル,くぐる

みなさんは、普段から「敬語」を上手に使えていますか?なかなか自信を持って「自分は上手な敬語を使えています」と言える人は少ないのではないでしょうか。敬語の中でも、「ご笑納」という言葉はあまり身近な言葉ではなく、耳にしたことがないという人も多いようです。

まずは、「ご笑納」という言葉の意味や読み方についてお話ししていきたいと思います。読み方は名詞である「笑納」を「しょうのう」と読み、「ご」をつけることによって目上の人やビジネスでも使いやすい丁寧語になっています。

「ご笑納」という言葉の意味は、「自分からのつまらない贈り物ですが、笑って納めてやってください」といった意味で相手にへりくだる場合に使われることの多い言葉です。「ご笑納」という言葉は主に、目上の人やビジネスで相手に贈り物をする際に使われる言葉で、冗談の言い合える間柄の人への謙遜する言葉として使うのが理想的です。

「ご笑納」は目上の人には不適切

男性,パソコン,kuguru,クグル,くぐる

「ご笑納」という言葉は目上の人と言っても、冗談の言い合える間柄の人でない場合は失礼にあたり、不適切になることがあります。贈り物を贈る相手がどんな人かをしっかりと理解し、「ご笑納」という言葉を使うことによって不快な思いをさせてしまう可能性があると感じた場合は、使わないようにするのが無難です。

冗談が言える間柄の人であっても、タイミングや相手の機嫌が悪いときもありますので、その辺りは様子を伺って「ご笑納」を使うか判断してください。こういった状況を考慮して、贈り物を渡すときは2パターン用意して便利です。失敗してしまうと、今まで築いてきた関係までぎくしゃくさせてしまうこともあるので、使う時は十分に注意しましょう。

「ご笑納」をビジネスで使うときの例文

書く,男性,kuguru,クグル,くぐる

フォーマルな文書では不適切にあたる「ご笑納」という言葉ですが、使えるシーンはたくさんあります。ここからは、ビジネスのいろんなシーンに合わせて「ご笑納」という言葉を使うときの例文をいくつかご紹介していきたいと思います。

仕事で先日お世話になった人への感謝の贈り物を贈るときの例文

「先日お世話になりました感謝の気持ちのです。つまらないものではありますが、ご笑納いただければ幸いです」

取引先の人へお中元を贈るときの例文

「夏のご挨拶にささやかですが、お中元を贈らせていただきました。ご笑納いただければ幸いです」

取引先の人へお歳暮を贈るときの例文

「今年も1年お世話になりました。心ばかりのお歳暮の品をお贈りさせていただきましたので、ご笑納ください」

自分の会社で作ったものを相手に贈るときの例文

「こちらは弊社の自社農園で栽培している野菜です。よろしければご笑納ください」

例文のようなよくあるシーンのは「ご笑納」という言葉を使いやすいので、自分知識として覚えておくと、いざというときに便利です。

「ご笑納」の別の言い方とは

コツ,kuguru,クグル,くぐる

目上の人やビジネスシーンによっては、「ご笑納」という言葉が不適切な場合が多々あります。そんなときに、「ご笑納」の代わりに使える別の言い方をご紹介します。

物を贈ったときに使える別の言い方

「お受け取りください」
「お納めください」

食べ物を贈ったときに使える別の言い方

「お召し上がりください」

その他、合わせて使いたい言い方

「ほんのお礼の気持ちです。どうぞお受け取りください」
「お口に合えばいいのですが、どうぞお召し上がりください」

「ご笑納」という言葉を使うのが不適切なシーンでは、上記のような言い方を活用してみてください。この言い方なら、相手に不快な思いを与えてしまったり、失礼にならないように贈り物を贈ることができます。

上記の言い方以外にも「お好みに合うと幸いです」といった言い方も目上の人やビジネスで使いやすい言い方です。ちなみに「つまらないもですが」という言葉の代わりになる言い方には、「ささやかなものですが」や「形ばかりのものですが」、先ほど例文でもご紹介した「心ばかりのものですが」といった言い方もあります。こういった言い方を使い分ける大切なビジネスマナーです。

 まとめ

いかがでしたか?「ご笑納」という言葉の意味や使い方、目上の人やビジネスで使えるシーンなど、どんな言葉を添えて相手に贈り物を贈ればいいのかわからないという人たくさんいます。社会に出て経験を積む中で、あらゆるシーンに立ち会うことが増えたとき、上手に「ご笑納」という言葉やその他の敬語を使えるように知識の1つとして覚えておきましょう!

ページ上部へ戻る