テストエンジニアは未経験でも求人ある?やりがいやスキルアップとは

システムの開発には、上流工程から下流工程に至るまで様々な職種が関わっています。その中でも、品質担保の要とされているのがテストエンジニアです。本記事では、テストエンジニアの重要性や必要なスキル、やりがいなどをご紹介します。

テストエンジニアの重要性

システムはテストを経て市場に出る

開発されたシステムには、市場に出る前に必ずテストが行われます。一つのシステムが製品として出来上がったとしても、システムが仕様通り正常に動作するか、不具合はないかなど、テストを通して確認する必要があります。動作の不具合により重大な問題を引き起こさないためにも、システム開発においてシステムテストはなくてはならない作業です。

テスターは品質担保の最後の砦

システムテストは、製品の品質を保証する最後の関門と言えます。開発者ではないテストエンジニアがテストを行うことで、開発者とは異なる視点で動作の検証が可能であり、一定の品質の保持にも繋がります。万一テストを行うテスターがいなければ、システムにバグや動作エラーがある状態でリリースすることになる可能性もあるのです。

テストエンジニアの需要

AI化が進んでも需要はある

システムテストもある程度自動化が可能なのではないか、という声もあります。それでも、テスト全てをAIに任せるのではなく、機械では予測できないようなパターンを想定してテストを行い、人の手と目できちんと検証することも必要です。また、テスト自動化ツールが開発されると、そのツール自体のテストもテストエンジニアとしての仕事となります。

未経験で資格もなくても仕事がある

未経験であっても、テスト業務から仕事を始めることも可能です。開発言語が身についていなくても、テスト項目に沿った動作の確認など、開発知識が必要ない作業から経験を積むことができます。テスト作業の経験を積んだ後に開発言語に触れるテスト工程へ、というように段階を踏むことで、スキルも身につき、システム開発の流れも理解しやすくなります。

テストエンジニアのスキルマップ

Excel,Wordの基本スキル

企業やプロジェクトにもよりますが、システムテストを行った結果の集計や報告書は、大抵ExcelやWordで作成します。テストの内容や結果をわかりやすく残すためにも、ExcelやWordの基本的な操作は必要です。ファイルの基本的な編集や、Excelの四則演算の関数などは使えるようにしておくことが望ましいでしょう。

コミュニケーションスキル

他の職種にも言えることですが、初心者や未経験者でも、コミュニケーションスキルで経験の浅さをカバーすることができます。経験が浅くても、やる気があり、円滑なコミュニケーションができれば仕事も獲得しやすくなります。わからないことやできないことがあっても、自ら調べたり、周囲とコミュニケーションをとったりしながら、スキルや知識を身につけていきましょう。

正確性

システムのテストにおいては、細かい作業が多くあり、また漏れがあると深刻なバグを残してリリースしてしまう可能性があります。不完全な状態でのリリースを避けるためにも、テストエンジニアには正確さが求められるのです。

一度バグが起きた場合には、バグを正確に記録し、どのような条件でどのような操作を行ったら該当のバグが発生するか、というところまで検証する必要があります。バグの内容や発生条件などが正確に割り出されていなければ、バグがきちんと修正されずにそのままシステムが市場に出る、という事態にもなりかねません。

作業の切り分けスキル

テストするシステムの規模が大きければ大きいほど、テスト対象となる機能もテスト作業自体も膨大になります。一つのシステムとしての品質を保証するには、どのテストも漏れなく矛盾なく網羅して行う必要があります。そのために必要とされるのは、膨大な量の作業を論理的に整理して切り分けてテスト項目を作成するスキルです。

根気強さ

システムテストは、単調で地道な作業の繰り返しです。いくら作業をしても終わりが見えない、という状況でも、集中力を切らさず、小さなバグや不具合も見逃さない根気強さがテストエンジニアの強みとされます。どのような操作をしても正常に動作するか、想定外の動作をしていないかなどの問題点を探るため、同じ作業を何度も行う忍耐力が必要です。

テストエンジニアからのキャリアパス

プログラマー

テストエンジニアには、システムテストを通して開発言語に触れ、システムの設計から納品までの工程に関わるチャンスがあります。テストエンジニアとしての仕事を通して言語スキルを磨き、システム開発の知識を身につけてスキルアップすることが可能です。開発に関するスキルを磨いて、プログラマーなどのより上流の職種を目指すことも選択肢の一つです。

品質管理系業務のマネージャー

テストエンジニアとしての経験を活かして、マネージャーとして活躍する道もあります。まず挙げられるのは、より良い製品を作るための要件定義などを行う品質管理業務を担当するマネージャーとしての立ち位置です。製品としてリリースするシステムをより正確に顧客の要求と一致させるための業務を行い、製品の品質を左右する重要なポジションです。

セキュリティ管理系業務のマネージャー

同じマネージャーでも、セキュリティ関連の業務を担当するマネージャーという選択肢もあります。セキュリティ管理では、顧客の要求を分析し、必要なセキュリティの企画や提案などを行います。システムへの攻撃などの脅威が多様化・複雑化し、システムの安全性への関心が高まっている中で、システム開発において重要な役割を果たす職種であると言えます。

テストエンジニアのやりがい

世に出すシステムを保証する責任感

テストエンジニアは、開発チームの一員として他職種のメンバーと渡り合いながら、システムの完成を目指して一つ一つ作業をこなしていきます。テストを重ねて動作を検証し、問題を洗い出して修正し尽くしていれば、自信を持ってリリースすることができます。

テストができていなければ、品質は保証できません。市場に出すシステムの品質を保証するという重大な責任を担うのがテストエンジニアという職種です。

まとめ

テストエンジニアは、システムの品質を保証するために欠かせない存在です。また、未経験でも経験を積み、システム開発に関する様々なスキルを身につけることができる職種でもあります。興味のある方は、身に付けたいスキルやキャリアパスなどを見据えて検討してはいかがでしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る